写真: 片手間で立て掛けて式(ミレニアムタイプ)

 
 廊下での生活を大切にしている人は通行の邪魔にならないように机はこの写真のように設置したいものである。最近はニセ机が出回っており、横にたててしまうと、お年寄りには区別がつかないらしく世間を混乱におとしいれてしまうようであるが、消しゴムの消しカスがはりついてしまうタイプの机はグッドであろう。横にしたとき手のひらでざらざらを楽しみながら払い落とすことができる机に悪人はいない(ひとじゃないってば:1658年英雄ケン・チワワ語録より)。引き出しに指が挟まることは偶発的事象と解釈しなければならないのだが、自分の責任の範囲内で行うなら日に2回までなら許容範囲だろう。以前から生活のにおいがすると言われている机であるが、風邪をひいている時に確認してもよくわからない。(下線部頻出: 要約せよ等の問題。1996年センターン試験、国語)







Home