この景色をいい加減に見過ごしてはいけない、これがオマハのどんよりである。よく街で見かける曇りの写真には厳密にいわれるところのどんより現象を認めることはできない。私がここではっきりさせたいのはオマハならではのどんよりであって、その他の地域たとえば日本の梅雨時のどんよりではないのだ。またどんぶりともちがう。生粋のオマハッ子はこのどんよりが好きだ。交差点で止まる車はこれが好きだからこそ、夕方の忙しい時間に列をなしてまで、景色の一部となろうとしているのである。
「どんより現象ってなんなんでしょうか。?」
「変な質問するなよ。まずはオマハのどんよりを肌で味わってみろ。」







Home