彼らに気をつけろ

 裏社会で暗躍するとんでもないグループがある。存在を忘れているといきなり足をすくい、転ばせて手にしてるとても大事な試薬やサンプルをこぼさせてしまうのだ。恐るべきテーブルタップ団。私の愛機のコードまでもが、こいつの側についてしまうから厄介である。新しいオフィスづくりではコード類は床下を通すらしい。そうなると、こいつらはお役ごめんとなるのであろうが、こいつらはどうやら我が研究室が大改造の予算の工面がつかないことを知っているらしく、我々に迎合するようなそぶりは全く見せないのだ。裏社会を完全に断ち切ることは困難なのだ。







Home