日々大切なのはチャレンジ精神
 
 どでかい事をしたければ、この店に入るといい。どでかいカートとともに滑り込んだその勢いで巨大ポテトチップを2袋ばかり積み込み、そのままバケツに詰まったアイスクリーム1ガロン(3.8リットル)を乗せる。同時に2ガロンばかり牛乳を乗せてみるのもいいだろう。36ロール一袋のトイレットペーパー2袋を積み込んだ頃には、一段落つき、ガムボールマシンへ25セント投じ巨大ボールを噛みあげるのが通例だ。試食品をはしごするのも一興であろう。気が向いたらチャイニーズフード売場で3000年の歴史ある香ばしい匂いをかぎわける時間を過ごしてみるとよい。これは貴重な経験となる。レジでバーコードの真似なんかしてみせ終わる頃にはもう立派などでかい消費者と呼ばれているはずだ。アメリカは可能性をためすことができる国だ。







Home