たんぽぽ
 
 「この花は私です、やっときれいに禿げられます。」といって手に持ったこいつの綿毛を鼻で吸い込み、坊主にしてしまう忘年会芸は笑えるとは思うが、その後引き続いておこるくしゃみを花粉症と表現してしまったら、いきなり白けてしまい辛い出し物となることは充分考慮しておきたい植物である。  ひと吹きでつるつるになってしまうこいつには少し優越感を感じることが出来るため、私の好みの植物だが生意気にもなんとかライオンと称され周囲の芝生を威嚇し折角の均一性を台無しにしてしまうためオマハ人にはとても嫌われている植物である。おろかな奴だよこいつは。鼻であざ笑ってみよう。フッ おっと飛んでいっちまった。







Home