ルネサンスのヨーロッパで作られた椅子を展示します。
というのは真っ赤なウソで我が家で使用されている高級家具です。(希望)
 私くらいになるとフィレンツェで展示されていた椅子と同じような感動を
この椅子のなめらかなラインに見いだすことができます。
 うちの子の涎や偶然に付着した味噌汁などが、
その光沢にプラスアルファの彩りを与えております。
 磨けばさらに光輝くのではないかと、先日乾いたタオルで試しましたが、塗装が剥げるだけで、より古さを強調できた点が評価されそうです。
 そのうちたきぎにでも使用できればと考えております。





Home