Top > Windows高速化設定集(2000・XP編)


WindowsというOSにはマシンの高速性を犠牲にしてしまうような無駄が多々あります。これらの無駄を削り最適化された設定で動作させることによって体感上でも違いがわかるほどの高速化を実現できる場合があります。ここではそんな最適化のための設定方法を紹介します。
ココでの対象OSはWindowsXPです。また、視覚効果以外の項目についてはWindows2000でも応用可能です。


[デスクトップ部分]
デスクトップの何もないところを右クリック→プロパティで出てくるメニューでの設定項目。

不要な視覚効果を止める
「デザイン」タブにある「効果」ボタンを押して出てくるチェックボックスにあるチェックをすべてはずします。これによって無駄なアニメーションなどを省き、メニューウインドウの表示などを高速化することができます。
ちなみに僕はこの中で「スクリーンフォントの縁」は「ClearType」にしています。Wordなどで数式エディタを使うときに縁が粗いと見にくいので・・・。

視覚効果


壁紙を使わない
「背景」タブで壁紙の設定を「(なし)」にしましょう。リソースの消費を減らすことができます。僕はきれいなデスクトップが好きなのでやっていませんが(爆)

視覚スタイルを無効にする
WindowsXPから、デスクトップ画面に「LUNA」という視覚スタイルが導入され、以前と比べてデスクトップが大幅に美しく、わかりやすくなりました。しかし、その反面多くのリソースとCPUパワーを必要とし、非力なマシンでは動作がかなり重くなります。そこで、この視覚スタイルを無効にし、以前のWindowsと同じような画面に戻すことで幾分動作を軽くすることができます。
「デザイン」タブの「ウインドウとボタン」を「Windowsクラシックスタイル」にするか、後述の「システムのプロパティ」の「詳細設定」タブの「パフォーマンス」の「視覚効果」タブにある「ウインドウとボタンに視覚スタイルを使用する」のチェックをはずすことで視覚スタイルを無効にすることができます。

デスクトップアイコンの整理
デスクトップアイコンは、存在するだけでリソースを消費します。いらないものは削除しましょう。
「画面のプロパティ」→「デスクトップ」→「デスクトップのカスタマイズ」→「デスクトップをクリーンアップする」で長い間使われていないアイコンを自動削除してくれます。ただ、うざいので「60日ごとに〜」のチェックははずした方がいいかもしれません。


[システムのプロパティ]
「マイコンピュータ」アイコンを「右クリック→プロパティ」で出てくるメニューでの設定部分。

「パフォーマンスオプション」の設定
「詳細設定」タブにある「パフォーマンス」の設定

「視覚効果」タブ
できることなら「パフォーマンスを優先する」を選択し、問答無用ですべてのチェックをはずしましょう。もちろん見た目は無視ですが・・・。
僕のように見た目を維持しつつできるだけチェックをはずしたいという方は以下の項目を残し、ほかのすべてのチェックをはずしてみるとよい感じです。特に「半透明の選択ツールを表示する」は見た目であんまり変わったことがわからないわりにかなり重いようなのでぜひはずしましょう。

見た目を維持するために残したほうがいい項目
「ウインドウとボタンに視覚スタイルを使用する」
・・・チェックをはずすとかなり軽くなりますが見た目がXPではなくなってしまいます。
「デスクトップのアイコン名に影をつける」
・・・チェックをはずすと影の代わりに文字の背景が壁紙をなしにしたときの背景色になります。
「フォルダでよく使用するタスクを使用する」
・・・チェックをはずすとフォルダの左端に表示されるメニューが消えます。

僕的にはずしたときの変化が大きそうなものを書きましたが、「WindowBlinds」などを使ってスキンを変えている方などではほかの項目も大きく見た目に影響することがありますし、どれを重視するかでいろいろ変わってくると思いますので自分好みの設定はいろいろいじって煮詰めていきましょう。

「詳細設定」タブ
メモリが256MB以上ある方は「メモリ使用量」のチェックを「システムキャッシュ」側にしてみましょう。メモリをWindowsの基本動作部分に多く割り当てるようになるのでフォルダ操作などが快適になります。

「仮想メモリ」の設定
「詳細設定」タブにある「パフォーマンス」の中の「詳細設定」タブ(上のメモリ使用量の設定と同じところです)で設定できます。仮想メモリは高速な物理メモリに入りきれなくなったデータを低速なHDDに一時的においておくものでスワップとも呼ばれ、最適な仮想メモリのサイズは大体搭載メモリ量の1.5倍(物理メモリが256MBなら384MB)だといわれています。そこで仮想メモリのサイズをこのサイズで固定しましょう。「カスタムサイズ」を選択し、「最小」と「最大」に同じ数値を書き込むと仮想メモリのサイズを固定することができます。
また、HDDを二台搭載している場合(ひとつのHDDのパーティションを複数に区切っている場合ではない)仮想メモリの格納場所をシステムが入っているHDD以外のHDDに設定しましょう。

「エラー報告」
「詳細設定」タブにある「エラー報告」をクリック、「エラー報告を無効にする」にチェックを入れましょう。軽くなるだけでなく、エラーが起こった際に「マイクロソフトに送信しますか?」ウインドウが開かないようになるので精神衛生上も有効です。

「システムの復元」「自動更新」「リモート」タブ
こいつらは皆Windowsに負荷を与えるものですので使う予定がなければすべてOFFにしましょう。
「システムの復元」は「すべてのドライブでシステムの復元を無効にする」にチェック
「自動更新」は「自動更新を無効にする」にチェック
「リモート」は「リモートアシスタンス」、「リモートデスクトップ」ともにチェックをはずしましょう。
ただし、自動更新をとめた後はきちんと自分でWindowsUpdateを行う癖をつけること!結構忘れてしまうものです。
リモートアシスタンスやリモートデスクトップはセキュリティ的にも使わないならOFFにしておきたい機能ですね。


[コントロールパネル]
コントロールパネルでもいくつかパフォーマンスに関する設定をすることができます

文字の入力をより快適に
「キーボード」を開き、「表示までの待ち時間」と「表示の間隔」をそれぞれ「短く」「速く」にしましょう。これで文字入力の際にかけられるウェイトがなくなり、快適に文字入力ができるようになります。
なんでデフォルトでキーボードの入力速度にわざわざウエイトをかけてるんでしょうね・・・( ¨ ;)

スタートメニューをクラシック表示に
「タスクバーとスタートメニュー」を開き、「スタートメニュー」タブで、スタートメニューの種類を「クラシックスタートメニュー」にしましょう。スタートメニューがXPスタイルから旧バージョンと同じ形に変更されます。もちろん幾分軽くなります。

スムーズスクロールをとめる
InternetExplorerをお使いの方はお気づきかも知れませんが、ホイールマウスなんかでスクロールすると、画面が滑らかにスクロールしていきますよね。あれをスムーズスクロールというのですが、グラフィックカードの種類によっては相当な負担になっているようで、スクロール時に画面がカクカクする場合があります(特にMatrox製品)。実際問題スムーズであるかないかによっての実用上の問題などはありませんし、とめてしまうことをお勧めします。
「コントロールパネル」の「インターネットオプション」にある「詳細設定」タブの「ブラウザ」という項目の中に「スムーズスクロールを使用する」という項目がありますのでチェックをはずしましょう。

不要なサービスを停止する
コントロールパネルにある「管理ツール」というのを開くと「サービス」というのがあります。サービスというのはWindowsのバックグラウンドで働いているプログラムで、さまざまな機能を提供していますが、中には無駄なものもかなりあります。ドメインに参加しているか、とか、個人ユーザかなどで必要なサービスは変わってくるので個々のサービスの詳しい説明は省きますが(ネットで検索をかけると一つ一つ説明しているサイトが多くあります)、一度設定を見直すのはやってみるのがいいと思います。セキュリティ的に止めたほうがあるサービスもありますので。
サービスをとめたいときは、「サービス」ウィンドウから止めたいサービスをマウスで右クリックして、プロパティを開きスタートアップの種類を変更(自動または手動→無効)します。さらにサービスの状態を「停止」にすると完全に止まります。
↓は私の設定の一部ですが、私は本当にいらない物を除いて大体そのままです。時間がなくて設定を煮詰められていないというのもありますが・・・

ちなみに、不要サービスについてはこちらなど参考にされてはいかがでしょうか
OSARU House   「PC遊び資料」というところに「Windows2000/XPのサービス一覧」というのがあります。ちょっとごちゃごちゃしてて見つかりにくいと思うので直リンク(^^;)

サービス


[レジストリ]

「窓の手」利用でお手軽チューニング
本来、レジストリの操作はシステムの根幹に関わる部分の設定変更となり大変危険ですが、「窓の手」をはじめとしたレジストリ設定を自動でやってくれるソフトの普及で比較的安全にチューニングすることが可能になりました。付属のヘルプの内容が非常に充実しているので詳細は省きますが、私的には、パフォーマンス、自動実行、ネットワークタブでの設定がオススメです。一応注意しておきますが、手軽になったとはいえ、設定を間違うとシステムが起動しなくなるなどの重大なトラブルの発生も有り得ますので、充分に注意しながら作業してください。

窓の手のダウンロードはこちら


[その他]

不要なファイルの削除
ハードディスクを圧迫するゴミ箱の中身はマメに空にしておきましょう。さらに、ハードディスクのプロパティ(ドライブアイコンを右クリック→プロパティ)で「ディスクのクリーンアップ」をひらき、「削除するファイル」のすべてにチェックを入れ(必要なものがあったらチェックをはずしてください)、OKをクリックでゴミ箱以外の不必要なシステムファイルも削除できます。

インデックスをつけない
上と同じ要領で「ハードディスクのプロパティ」を開きましょう。下のほうにある「このディスクにインデックスをつけ、ファイル検索を速くする」のチェックをはずしましょう。ファイルの検索を頻繁にやるなら別として、ごくまれに使うか使わないかという検索のために普段の使い勝手をわざわざ重くする必要はありません。