五月女 智恵(SOTOME Chie ) SOPRANO 



東京芸術大学声楽科卒業、同大学院修士課程オペラ科及び博士課程独唱科修了(博士号取得)。
二期会オペラスタジオ第37期修了。在学中、浅草公会堂にてF・トラヴィス指揮、「台東第九公演」のソリストを務める。24回イタリア声楽コンコルソにてミラノ部門優勝。39回芸大定期オペラ『ウィンザーの陽気な女房たち』のアンナ役でデビュー。
1994
1997年にかけてイタリア(ミラノ)へ留学。M・マンジャ音楽院、ペスカーラ音楽アカデミーのプロフェッショナル・コースにて研鑚を積む。サン・ジョバンニ公会堂、テレビ局テレリベルタ等に出演。
第1回ルイージ・イッリカ国際コンクールにてファイナリスト。アドリア、フィレンツェにおいて「若きオペラ歌手」のためのオーディションに合格し、ポリテアマ劇場、イスティトゥート・フランチェーゼ劇場などに出演。
帰国後、小澤征爾指揮サイトウ・キネン・フェスティバル松本において『ファウストの劫罰』の天の声に抜擢される。東京フィルオペラコンチェルタンテシリーズにおいて大野和士指揮:シュレーカー『はるかなる響き』、沼尻竜典指揮:ツェムリンスキー『王女様の誕生日』、新国立劇場にて『リゴレット』、また、秋山和慶指揮「海の交響曲」、「ドイツレクイエム」のソリストとして、多数出演。
リサイタルでは「日本歌曲の夕べ」、「イタリアの歌に寄せて」、東京文化会館主催「Chie So-tomeソプラノリサイタル」等、好評を博している。
2002
11CDROSA』をリリース。嶺貞子、高丈二、竹内功・照惠、E・ラッティ、M・シーゲレ、V・ルケッティの各氏に師事。
現在、二期会、東京室内歌劇場、日本声楽アカデミー各会員、東京芸術大学声楽科教育研究助手、聖徳大学附属高等学校兼任講師。


      五月女 智恵 オフィシャルサイト