ただひたすらにうどんが食べたい。

麺通団」というのをご存知だろうか?
昨今の讃岐うどんブームの火付け役,というか,もともと香川のローカルタウン誌に載ってたコラムで,好評につき書籍&映画化までされたというもの。
今さらながら図書館で麺通団著「恐るべきさぬきうどん」というのを借りたところ,これがまあ,おもろい!うどんとそれを取り巻く環境に魅了され,あっというまに読んでしまった。
と同時に,ブームに遅れること数年,いつかはこの「香川のうどん」とやらを食べるためだけに,香川に行ってみたい,と思うようになった。

そして,仕事の代休が平日に取れることになった10/19,うどんまみれになる旅を決行すべく,高松に向かったのだった。


旅行費用モロモロ

費 目 金 額 詳 細
交通費 38600円 東京−高松JR乗車券(駅レンタカーで割引10%off)+特急券+サンライズ瀬戸寝台券(シングル)を往復で。
宿泊費 5880円 高松市内・ホテル川六エルステージ
シングル1泊税サ込(楽天トラベルにて予約)
レンタカー 5770円 駅レンタカーKクラス(軽自動車)12時間

●往復とも寝台車。ヒコウキ以外で久々の夜に動く乗り物(笑)
●ホテルは大浴場がある,という点で選択。商店街にも近く,うどん屋も多そう。
●レンタカーは駅レンタカーが一番安かった。JRと一緒に予約することで割引もしてくれるので,迷わず選択。