インド(India) 国境 ネパール、パキスタン、バングラデシュ、ブータン 、中国、ミャンマー
面積:33328.7万km2
人口:10億222702万人
首都:ニューデリー
言語:ヒンディー語、他17言語宗教:ヒンドゥー教、イスラム教、 シーク教、仏教、
ジャイナ 教、キリスト教



         ビールガンジ

         カカルビッタ→

ネパールから>

1.ネパール側ビールガンジ、カトマンドゥからバスで10時間ほど。インド側ラクソウル。
ラクソウルの町からインド側出入国事務所、そこからネパール側の出入国事務所までそれぞれ、リキシャを使う。
2.
ネパール側スノウリ、4Kmほど離れたバイワラの町へは、カトマンドゥ、ポカラからバスで10時間程、インド側スノウリからヴァラナスィーへは、バスで10時間余り。バイラワの町から国境までジープがある
3
.ネパール側カカルビッタ、出国手続きをして橋を渡り、インド側ラーニーガンジで入国手 続きを行う。ラーニーガンジからスイリグリーまではタクシーやオートリキシャで1時間あま り。シリグリーはダージリンやシッキム、ブータンなどへ行く時の起点となる街で、コルカタへの列車や各地へのバスがでている。
4.ネパール側ネパールガンジ
5.ネパール側ダンガリディ
6.ネパール側マヘンドラナガル、ポカラから1日がかりである。インド側バンバサ、デリーへはバスで10時間ほど。

ネパールとインドが接する国境線は長く、ネパール人、インド人は、どのインド国境を簡単に越える事が出来ますが、外国人の通過可能なところは上記の6箇所と定められています。バイラワの町からボーダーまでジープがある
パキスタンから> 1.パキスタン側ワガー、インド側アターリー
 ラホールから国境まで直通バスと、ラホールからアムリットサルまで列車がでている。アターリーで乗り換え。
ラホール駅前より乗合バスで、国境の町ワガまでは1時間ほど。国境ラインまではパキスタン側の出入国事務所から徒歩で5分くらい、そこからインド側の出入国事務所までも歩いて5分くらいかかる。アムリットサルは、国境からタクシーで1時間ほど
2.パキスタン側カシミールの首都であるムザファラバードとインド側スリナガル間のバス運行されています。ただし紛争地域なので何時運行が休止になるかわかりません。

ここの国境ではいろいろな人間模様が見られる。パキスタンとインドが分かれて独立したとき、別々の国を選択した家族が少なくない。そしてやっとこの20数年前から、互いの国を訪れる事が可能になった。この国境もそうした家族の出入りが多い国境です。
バングラデシュから> .バングラデシュ側ベナポル、インド側ハリダスプール
 ジェソールからベナポール国境をバスが約1時間で結んでいる。バス停からイミグレーションまでは2kmほどあります。
2.インド側ハルディバリ、バングラデシュ側チハラティ
 ここは閉じられているという情報がありますので確認してください
3.バングラデシュ側ブリマリ、インド側チャグラバンドラ 
 アカウラという街からリキシャに乗って30分ほど行くと国境。アカウラへは、ダッカからバス(4時間・90タカ)と電車が出ています
陸路でインドに出国する場合は、事前に出入国管理事務所で、Road Permitの取得が必要
ブータンから> .ブータン側プンツォリン(Phuentsholing)←→インド側ジャイガオン(Jigaon)国境が越えられます。ここは門を挟んで西側がジャイガオンで東側がプンツォリンで、自由に出入りできます
.インドとの国境はサムドゥップ・ジョンカ(Samdrup Jongkhar)にあるが、インドのアッサム州は民族分離独立運動が有り情勢が不安定な、地域なので、ここからの入国の場合は、充分事前に情報を入手し、注意と覚悟が必要かと思われます。
中国から> 中印貿易路が2006年6月に再開 チベット←→シッキム州 この地方の国境問題が決着、
しかし、中国の核の1/4はチベットに配備、インドに向けられています。観光客に解放されるのは何時になるのでしょう。
ミャンマーから> ミャンマーは観光客の陸路での出国を認めておらず、またインド側のマニプール州の入境許可をとることは難しい。また、周辺の州も入境を制限されており陸路の通過は困難です。
Homeへ戻る インド系文字