TSNJ HOME > チベット人の処刑を中止を要望する要請

チベット人の処刑を中止を要望する要請を行いました

2008年のチベット暴動に於ける、チベット人のこれ以上の処刑を中止し、
チベット問題の平和的な解決を要望する、要請文

日本国内閣総理大臣 鳩山由紀夫殿
日本国外務大臣 岡田克也殿

昨年、2008年3月のチベット暴動に於いて、死刑判決が出ていた、Lobsang Gyaltsen と Loyakの2名のチベット人が10月21日処刑されました。これに対してイギリスを始め、EU、アメリカなど、世界中の自由と人権を尊重する国々からこの処刑を非難し、国際的な規範に基づく司法制度で、中国の民族・人権問題を解決するよう求める動きが広がっています。日本政府はこの提案を国際社会と連携して、中国政府に対して要請してください。

具体的には、

(1)これ以上のチベット人の処刑を即時停止し、国際基準に基づいた司法制度で裁判をやり直すこと。

(2)2008年3月と4月の抗議行動以降、消息のわからない1,200人のチベット人氏名と居場所を明らかにすること。

(3)2008年11月の国連拷問禁止委員会の勧告にある「国際的な調査を受け入れ、独立した調査を行なわなければならない」に同意すること。

(4)チベット亡命政府との対話を再開し、60年間のチベット支配に対する平和的な解決を協議すること。

(5)中国政府は各地で勃発するチベット、ウイグルなど、民族問題を武力で解決を図らず対話に基づき、各民族の自治と自決権を尊重し、公正で平等な地域社会を実現するために統治政策を見直すこと。

以上を、各国と連携あるいは単独で中国政府に対して要請してください。

以 上

2009年10月31日
チベット・サポート・ネットワーク・ジャパン

以下参考:
今回の処刑に対しては、イギリスの外務大臣 Ivan Lewisが、10月23日に国際的な処刑を非難する声明を発表しました。
イギリスの超党派チベット支援議員連盟セクレタリアットPhilippa Carrickからの報告では、イギリス外務省が、同日金曜日に在英中国大使館に問い合わせた所、処刑の事実を認め、Lobsang Gyaltsen と Loyakの二名を処刑したことを確認したとのことです。これを受けて Ivan Lewis外相の声明で、「昨年の動乱に介入した容疑で、現在死刑を宣告されているものの全ての再調査を緊急に行う要請」をしました。

現在、把握されている政府間の動きとして、イギリス政府が欧州議員と連絡をとり欧州連合共同声明として発表する準備が進んでいます。またイギリスからは、ロンドンの中国大使館と、北京のイギリス大使館を通じて抗議をする予定です。

以下はIvan Lewisイギリス外相の声明内容です。
「先日ラサで行われたLobsang Gyaltsen氏と Loyak氏、両名に対する 処刑について強い遺憾の意を表明する。昨年のチベットで起きた、暴力行為を働いたものを裁く中国の権利は認めるが、イギリスはどのような事情であろうとも死刑に対し反対を唱える。また今回の件については、適当な司法配慮に欠けていることに対し、継続的に懸念を表明してきた。
9月のチベット訪問の際にも、これらの件について強い懸念を表明し、当局に対し死刑執行を取りやめるよう要請した。欧州議会を通しても同様の懸念が中国に対し上げられている。(イギリスは)中国に対し、昨年の動乱に介入した容疑で、現在死刑を宣告されているもの全ての再調査を緊急に行う要請をする。」

TSNJホームページへ

Copyright© 2004-2009 TIBET SUPPORT NETWORK JAPAN. All rights Reserved.