TSNJホームページ >> 緊急行動:チベット人僧侶テンジン・デレク・リンポチェの釈放を求める緊急行動にご協力ください
Tibet Support Network Japan緊急行動:チベット人僧侶テンジン・デレク・リンポチェの釈放を求める緊急行動にご協力ください

テンジン・デレク・リンポチェ
プロフィール

トゥルク・テンジン・デレクは、1950年にリタン(理塘)県に生まれ、7歳の時にリタン僧院に入り、高僧ケンスル・シャクパに師事した。トゥルク・テンジン・デレクは1979年、晩年のパンチェン・ラマの講義を密かに傍聴し、中国政府のチベット人に対する無差別な残虐行為についての彼自身の見解を発表した。また、特にリタン(理塘)県での破壊されたチベット僧院修復の必要性を強調した。1979年の亡命チベット人代表団による第1回目の調査実施中には、トゥルク・テンジン・デレクは代表団の1人に中国政府のチベットでの僧院破壊について詳しく説明した。1982年代初めには、ダライ・ラマの法話に参加するためダラムサラに赴き、さらに南インドのデプン・タシ・ゴマン僧院に6年間滞在した。1983年、ダライ・ラマは彼をゲシェ・アダム・プンチョクの転生者と認め、テンジン・デレクと命名した。

1987年、トゥルク・テンジン・デレクはインドから帰国。政治活動疑惑及びダライ・ラマとの関係について継続的に監視を受けることとなる。厳しい監視は今年の4月7日に逮捕されるまで及んだものの、それまでずっとトゥルク・テンジン・デレクはリタン(理塘)県の福祉活動に大変意欲的に取り組んでいた。

NEW! 2005/3/4テンジン・デレク・リンポチェの釈放を求めるアピール文の簡体中国語版をアップしました。さらなるアピールの送付にご協力ください!

■ 2005/1/26 テンジン・デレク・リンポチェ 終身刑に減刑テンジン・デレク・リンポチェ

2005/1/26に中国の四川省高等人民法廷が爆破テロ事件に関与した罪でテンジン・デレク・リンポチェが受けた2年の執行猶予付きの死刑判決を減刑した、と中国国営新華社通信は伝え、死刑執行の恐れはなくなりました。TSNJは、このニュースに安堵し歓迎します。
しかし、逮捕・裁判そのものが国際基準を満たしてものではなく、裁判の公正なやり直しが必要なことに変わりはありません。
濡れ衣である元々の判決の誤りを正し、テンジン・デレク・リンポチェが釈放されるよう、中国政府に対し要求します。

また、この件に限らずチベットの人権状況は全くよくなっておらず、チベットの完全な主体的自治と人権の確保の実現を目指し、できる限りのことを継続していきたいと思いますので、今後とも皆様のご協力を是非ともお願いいたします。

テンジン・デレク・リンポチェ問題に関して、TSNJはアムネスティ・インターナショナル日本をはじめ、多くの方々に情報提供・アピール作成・署名運動などのご協力を賜りました。皆様には厚く感謝申し上げます。

2005/2/17
チベット・サポート・ネットワークジャパン(TSNJ)

 

■ 事件の概要

「私は不当に告訴された。なぜなら私は常に誠意を尽くし、チベット人の利益と幸福のために身を捧げてきたからだ。私の言うこと為すことを中国人は好まない。逮捕の理由はただそれだけだ」
ー テンジン・デレク・リンポチェ

2002年12月2日、中国政府は、テンジン・デレク・リンポチェ(トゥルク・テンジン・デレク)に、東チベットで起きた爆破事件に関与した容疑で2年の猶予期限付きの死刑判決を下し(関連ニュース)、この執行猶予は2004年12月2日(木)から2005年1月26日(水)の間に期限切れとなり、12月2日以降はいつ死刑が執行となるかわからない状態でしたが、2005/1/27にテンジン・デレク・リンポチェの減刑が確定しました。

テンジン・デレク・リンポチェがこの爆破事件に関与したという証拠は全くなく、裁判は弁護士の立会いも許可されず明らかに不公正なものでした。

テンジン・デレク・リンポチェは、地域のチベット仏教・チベット文化の維持、環境保護に力を注いできたことで知られています。
多くの学校、僧院、孤児院を設立し、ダライ・ラマ法王の非暴力精神の信奉者でもあります。資源開発を進める中国当局は10年以上にわたって、テンジン・デレク・リンポチェに対してさまざまな、嫌がらせ、脅迫(威嚇)、監視を行ってきました。

ダライ・ラマ法王を支持し、チベット語、チベット文化を維持発展させようとするテンジン・デレク・リンポチェの姿勢と取り組みが、中国当局のターゲットとなったことは、広く世間に知られています。

世界の人権団体は、テンジン・デレク・リンポチェが中国政府によるチベット支配への脅威と見なされ、このような罪に陥れられた、と見ています。チベットが中国に占領されて50年以上経ちます。テンジン・デレク・リンポチェに対する死刑判決は、チベット人の言論・表現の自由に対する中国政府の無情な弾圧の一例です。

 2003年1月26日死刑  執行されたロプサン・トントゥプこの事件では他に、ロプサン・ドンドゥプ(トントゥプ)が、2003年1月26日に、同じ爆破事件の関与で非公開裁判後に即処刑となりました(関連ニュース)。さらに、この爆破事件に関して、少なくとも4名が投獄または拘留、あるいは現状が公表されないままになっています。

テンジン・デレク・リンポチェに代わってアピールを送っていただいたすべての方々に心から感謝申しあげます。テンジン・デレク・リンポチェの状況に関して今後も見守り続け、長期的に運動を行う予定です。
テンジン・デレク・リンポチェの死刑執行はなくなりましたが、誤った判決が取り消され、速やかに釈放されるために、皆さんのご協力が是非とも必要です。

【背景情報】

中国の国営通信社である新華社の報道によれば、テンジン・デレク・リンポチェに下された執行猶予付きの死刑判決は終身刑に減刑された。しかしながら、そもそも彼に対する有罪判決は重大な誤審によるものである可能性が高い。

テンジン・デレク・リンポチェは四川省に昔からあるチベット人集居地区の宗教指導者であるが、2002年4月に四川省の省都である成都で起きた爆弾爆発事件に関与していたものとして2002年12月2日に2年間の執行猶予付きで死刑判決を下された。ロプサン・ドンドゥプは同様の罪で同じ裁判で死刑を宣告された。
中国当局の高官が米国とEUの外交官に対して、この事件は「非常に長期にわたる審理」の対象とされるであろうと言明していたにもかかわらず、ロプサン・ドンドゥプは、2003年1月26日に行われた控訴のための審問が不首尾に終わった後、すぐに死刑を執行された。テンジン・デレク・リンポチェに関しては、2年間の執行猶予期限が切れる2004年12月2日(木)から2005年1月26日(水)の間またはそれ以降に、死刑を執行されかねないと非常に懸念されていた。

テンジン・デレク・リンポチェとロプサン・ドンドゥプに対する裁判は公正な裁判に関する国際的基準から大きく逸脱したものであったと思われる。たとえば、両人は2002年11月に自分たちの裁判が行われるまで数ヶ月にわたり拷問を受けていたと伝えられており、また8ヶ月ものあいだ弁護士や家族に会うことを許されていなかった。公式の記録では両人とも自分たちの罪を「自白した」と断言されているが、2002年12月2日に判決が言い渡された際にテンジン・デレク・リンポチェさんは法廷で無罪であると大声で抗議したと伝えられている。


■ TAKE ACTION! テンジン・デレク・リンポチェの釈放を実現するために、あなたにできること!

航空便・航空書簡 (世界共通90円)・電報・ファックス・あるいはE-mailで、 できるだけ早く届くように以下の内容のアピールを送ってください。

  1. 阿安扎西 A An Zha Xi(テンジン・デレク・リンポチェ)の減刑を歓迎する。
  2. 彼が、不当にも政治的、宗教的あるいは地域に根ざした活動ゆえに告発されたのではないか、という点を憂慮する。
  3. 当局に対し、拘留中の彼を不当に取り扱わないよう保証することを要求する。
  4. 当局に対し、直ちにこの事件を再審査することを要求する。そして告発が正当なものなら、公正な裁判に関する国際基準に合うように、被告が反論を準備し、陳述する完全な便宜をはかって、公開の再審を開くよう要求する。

宛先一覧

  1. 中華人民共和国首相 (温家宝首相) 宛
  2. 四川省人民政府 知事代理 宛
  3. 四川省司法局長 宛
  4. 四川省地方検察局検事長 宛
  5. 駐日中国大使 宛
  6. 中国公安部 (中国公安省) 宛
  7. 中国外交部 (中国外務省) 宛

※参考:海外に出す文書の一般的な書き方について writing_letter.pdf
Get Acrobat ReaderPDF File このアイコンの付いているファイルは、書式をPDF形式でダウンロードでき、プリントアウトしてそのまま署名してお使いいただけます。Acrobat Readerをお持ちでない方は、右のアイコンをクリックしてダウンロードして下さい。
阿安扎西(A An Zha Xi)は、テンジン・デレック・リンポチェの中国名です。政府への手紙にはこれらの中国名を使ってください。
※ファックスの場合は送信しにくいので、何度もトライしてみてください。
※中国語サンプルは文字コードを「簡体中国語(GB2312)」に設定してご覧ください。うまく表示できない方は、PDF FilePDF版をダウンロードしてください。
※メールが届かず、戻ってくることがあります。そのときはお手数ですが別の手段を用いてください。

■ 中国語で文書を出す場合の注意
※差出人住所は右上、または年月日の下に記入します。
※通常は差出人住所は書きません。サインは年月日の上にしてください。目上に出す場合、儀礼上罫線をつけないのが慣わしですので、サイン用の線引きはしないようにしましょう。

【要請文の宛て先】

1 中華人民共和国首相 (温家宝首相)
  手紙宛先 WEN Jiabao Zongtong
Guowuyuan 9 Xihuangchenggenbeijie Beijing 100032 PEOPLE'S REPUBLIC OF CHINA
PDF File英語サンプルPDF
FAX宛先 -
E-mail宛先

webmaster@china.org.cn
英語サンプルE-mail用
中国語サンプル(簡体字)E-mail用 NEW
※本文をサンプルからコピーして、メール本文に貼り付けてお使いください。
※中国語サンプルは文字コードを「簡体中国語(GB2312)」に設定してご覧ください。文字化けする場合は英語版をお使い下さい。
※表題は:For the attention of His Excellency Prime Minister Wen Jiabao−(温家宝首相宛て)として下さい。

2 四川省人民政府 知事代理
  手紙宛先 住所

Acting Governor of the Sichuan Provincial People's Government:
ZHANG Zhongwei Daishengzhang Sichuansheng Renmin Zhengfu Duyuanjie, Chengdushi
Sichuansheng PEOPLE'S REPUBLIC OF CHINA

PDF File英語サンプルPDF

FAX宛先 Fax: 001 010 86 28 8435 6784 / 8435 6789
(c/o Foreign Affairs office of Sichuan Provincial People's Government)

PDF File英語サンプルPDF

E-mail宛先 sichuan@mail.sc.gov.cn
英語サンプルE-mail用
中国語サンプル(簡体字)E-mail用 NEW
※本文をサンプルからコピーして、メール本文に貼り付けてお使いください。
※中国語サンプルは文字コードを「簡体中国語(GB2312)」に設定してご覧ください。文字化けする場合は英語版をお使い下さい。
※メールが届かず、戻ってくることがあります。そのときはお手数ですが別の手段(手紙・FAX)を用いてください。
3 四川省司法局長
  手紙宛先 住所

Director of the Sichuan Provincial Department of Justice:
ZENG Xianzhang Tingzhang Sifating
24 Shangxianglu Chengdushi 610015, Sichuansheng PEOPLE'S REPUBLIC OF CHINA

PDF File英語サンプルPDF
中国語サンプル文面(簡体字)NEW
※本文をサンプルからコピーしてお使いください。
※中国語サンプルは文字コードを「簡体中国語(GB2312)」に設定してご覧ください。文字化けする場合は英語版をお使い下さい。

FAX宛先 Fax: 001 010 86 28 8435 6784 / 8435 6789
(c/o Foreign affairs office of Sichuan Provincial People's Government)

PDF File英語サンプルPDF

E-mail宛先 -
4 四川省地方検察局検事長
  手紙宛先 住所

CHEN Wenqing Jianchazhang Sichuansheng Renmin Jianchayuan 51 Renminzhonglu Erduan, Qingyangqu Chengdushi Sichuansheng 61001 PEOPLE'S REPUBLIC OF CHINA

PDF File英語サンプルPDF
中国語サンプル文面(簡体字)NEW
※本文をサンプルからコピーしてお使いください。
※中国語サンプルは文字コードを「簡体中国語(GB2312)」に設定してご覧ください。文字化けする場合は英語版をお使い下さい。

  FAX宛先 -
  E-mail宛先 -
5 駐日中国大使
  手紙宛先 〒106−0046
東京都港区元麻布3丁目 4−33
中華人民共和国大使館
特命全権大使 王 毅 閣下
(His Excellency Mr. WANG Yi )
FAX宛先 -
E-mail宛先 info@china-embassy.or.jp
英語サンプルE-mail用
※本文をサンプルからコピーして、メール本文に貼り付けてお使いください。
6 中国公安部 (中国公安省)
  E-mail宛先 110@mps.gov.cn
英語サンプルE-mail用
中国語サンプル(簡体字)E-mail用 NEW
※本文をサンプルからコピーして、メール本文に貼り付けてお使いください。
※中国語サンプルは文字コードを「簡体中国語(GB2312)」に設定してご覧ください。文字化けする場合は英語版をお使い下さい。
※メールが届かず、戻ってくることがあります。そのときはお手数ですが別の手段を用いてください。
7 中国外交部 (中国外務省)
  E-mail宛先 webmaster@fmprc.gov.cn
英語サンプルE-mail用
中国語サンプル(簡体字)E-mail用 NEW
※本文をサンプルからコピーして、メール本文に貼り付けてお使いください。
※中国語サンプルは文字コードを「簡体中国語(GB2312)」に設定してご覧ください。文字化けする場合は英語版をお使い下さい。
※メールが届かず、戻ってくることがあります。そのときはお手数ですが別の手段を用いてください。

TSNJホームページへ

Copyright © 2004 TIBET SUPPORT NETWORK JAPAN. All rights Reserved.

Counter

海外支援団体へのリンク

チベットハウスHP内テンジン・デレク・リンポチェ関連ニュース