チベット・サポート・ネットワーク・ジャパン(TSNJ)ホームページ >> 2005年チベット民族蜂起記念ピースマーチ

★チベット民族蜂起記念ピースマーチ開催
Counter

恒例となった1959年のチベット民族蜂起(ラサ蜂起)の日を記念したチベット支援ピースマーチを、今年も行います。このピースマーチは2002年から始まり、2003年2004年と続いて今年で4回目となります。 今年はマーチ終了後の懇親会を復活し、青山『こどもの城』のレストラン「アンファン」で集まることになりました。 懇親会のタイトルは≪チベタンと日本人の懇親会≫。マーチでチベット支援の意思を表明した後で、楽しいひと時を過ごしましょう。

ピースマーチ開催概要

日時:3/12(土)午後1:30〜
場所:渋谷 宮下公園(渋谷駅から5分、山手線沿い新宿寄り東側)

[スケジュールの概略]

1:00〜 会場(宮下公園)で準備開始
1:30〜2:00 ラサ蜂起記念集会
ダライ・ラマ法王の今年のメッセージ発表など
2:10〜2:50 ピースマーチ(宮下公園〜代々木方面〜渋谷駅前〜宮下公園)
3:00〜3:30 TSNJ各グループから、アピール・活動紹介など
3:30 集会終了
お茶会会場へ移動。
4:00〜5:30 お茶会 チベタンと日本人の懇親会
@青山『こどもの城』のレストラン「アンファン
*渋谷駅から青山通りを表参道方面に歩いて10分。「こどもの城」内。宮下公園からだと5分。
会費:¥1000(成人以上) 成人以下は無料。
ビュッフェ形式でお茶(コーヒ、紅茶)とお菓子(洋菓子、サンドウィッチ)をご用意しています。
参加は当日先着順です。マーチに参加出来ない方も、お子さんも是非来て下さい。
6:30〜 終了後、新宿の角筈区民ホールで「モゥモ・チェンガ」上映会(自由工房主催)もあります。こちらも奮ってご参加下さい!


ページのトップへ

チベット民族蜂起46周年記念 TSNJによる3月10日声明文

1959年3月10日、中国当局のダライ・ラマ法王に対する罠を察知した数万の民衆が、法王を中国政府から守り、自らのアイデンティティと文化、宗教を守るためにノルブリンカ宮殿を取り囲み、武力で圧倒する人民解放軍と対峙してから46年が経ちました。
この間世界は、第二次世界大戦の痛烈な反省は残しながらも、一時的平和と争いを繰り返してきました。その経験から、多くの人々が暴力による解決は永続しないことを学びつつあります。

近年、中国政府のチベット問題に対する対応は、一見改善しつつあるようにも見えます。世界中から釈放の要求が集まっていた有名な良心の囚人数名が釈放され、昨年チベット亡命政府の特使と中国政府との3回目の対話が実施されました。
これらは一定の評価はできるものの、一方で中国の国内外への締め付けは弱まる気配を見せておらず、表面的な改善も外交的なポーズに過ぎないとの見方が有力です。
世界中からの要請により減刑したとは言え、テンジン・デレク・リンポチェへの濡れ衣による逮捕・死刑判決は、チベット人のための自由で建設的な行動に対しては抑圧すると言う姿勢が明らかです。
今年1月ネパール政府が出したカトマンズのダライ・ラマ代表事務所と難民事務所の閉鎖命令は、衝撃的です。チベットでの抑圧に苦しみ自由を求める人々にとって、亡命さえ不可能となるのです。ネパール政府の理解に苦しむ行動に中国政府の圧力を世界の人々は感じ取っています。

今中国は経済発展に沸いていますが、格差も広がりつつあります。チベットなど少数民族を始め一部を犠牲にした矛盾を抱えたままの発展は問題も大きくなるのが自然の成り行きです。経済が発展するならば社会も政治も変化せざるを得ないのです。
チベットの人々の本当の幸福のためには、チベット地域を支配する中国政府が、ダライ・ラマ法王が主張する「非暴力」の問題解決方法に耳を傾け、誠意ある対話を行い、チベットを真に理解することが是非とも必要です。それが中国全体の幸福にも繋がって行くはずです。
私達にできることは、このような誠意ある対話が実現するように支援すること、中国や日本政府にチベット問題に関心があると示し続けること、そして中国が未来に向かって良い方向に変化するようわずかな力を合わせて後押しすることです。

すべてのチベット人とすべての中国人の自由と幸福、そして世界中の真の平和を願い、この3月12日私たちは世界各国のチベット支援者と同様、平和のために日本でも歩きます。

 

ページのトップへ

TSNJホームページ

Copyright ? 2005 TIBET SUPPORT NETWORK JAPAN. All rights Reserved.