アベ・カエサル

○デザイナー

○メーカー

○プレイヤー

○対象年齢

○プレイ時間

○日本販売価格
W.Riedesser

ラベンスバーガー

3〜6人用

12歳以上

約75分

絶版

アベ・カエサルは古代ローマのコロシアムで行われた騎馬戦車(チャリオッツ)のレースをテーマにしたボードゲームです。 プレイヤーは手札を使用して自分の騎馬戦車を進めて行きます。レースは3周で1番早くゴールしたプレイヤーが勝利します。
しかし気を付けて下さい。 1周目か2周目で迎賓席に座っている皇帝カエサルに謁見してコインを渡さなければなりません。 もしそれを怠ってしまえば不敬罪で首をチョキンと切られてしまいますよ(^^;。

■チャリオッツレースの準備☆
各プレイヤーは自分の駒をスタートラインにセットして、1〜6の数字が描かれた自分用のカードセットを受け取ります。 このカードの数字の構成は、全プレイヤーが同じものです。カードをよくシャッフルして手札に3枚を持ちます☆。

■レース☆スタート
プレイヤーは手番に3枚の手札の中から任意の1枚を使用して、その数字だけ自分の駒を前進させます。 駒は斜めに進む事も出来ますが、横に移動したり、他のプレイヤーの駒が止まっているマスに移動したり通過したり、 コースに描かれている壁を飛び越したりすることは出来ません。

駒はプレイしたカードの数だけ移動しなければなりません。もし手札のどのカードをプレイしても進むことが出来ない状況になったら、 パスをしなければならなくなります!。

■コースに潜む罠!
コースはスタートゴール地点を除いて2レーンがあります。しかし所々で大きな1マスに合流している所があります。 これがこのゲームの罠で1マスには1つの駒しか入れませんから、もしそこに先に他のプレイヤーの駒が移動を終了したら、 自分の駒が後ろにあった時に飛び越すことが出来ず、次の番にその駒が移動するまで自分の駒は移動出来なくなってしまうのです!。

もう1つの罠は外周の存在です。コースは2レーンで構成されていますがコーナーではレーンの間に壁があります。 その壁は駒の斜め移動を封じているのですが、その理由は何とイン側とアウト側でマスの数が違うからです。 イン側では2マスで回れるコーナーも、アウト側では4マス掛かるなど、アウトを走ると損をする訳です。

しかし駒が移動出来るならば移動しなければならないのが、このゲームのポイントです!。インコースに他の駒が居る場合、 泣く泣くアウトコースに移動しなければならない時があるからのです。そしてむしろ他の駒がアウトコースへ行くように、 わざと自分の駒をインコースの入り口で止めるのが重要です!(爆)

この2つの罠を利用して他プレイヤーを妨害するのがこのゲームの醍醐味です!(^o^)

■アベ・カエサル!
そしてゲームを面白くしている要素のもう1つがカエサルへの謁見です。 カエサルに謁見する為にはスタート位置の1番アウトコースの壁で別れたレーンに入らなければなりません!。 もし入らずにレースを終えてしまった場合は失格となってしまいます。

■ゲーム終了。
自分のカードの山が無くなったら手札だけでレースを続けます。もしアウトコースを何度も走る事で手札が尽きてもゴール出来なければ落馬した事になります(^^;。 落馬せず、皇帝に謁見を済ませてゴールした順に得点を付けていきます。4レースを行って総合得点の最も多いプレイヤーがゲームに勝利します☆。

■アベ・カエサルは手札を使用して駒を進めていくレースゲームです。 手札のバランスとコースの構成が素晴らしく、ゲーム展開も非常にスピーディーで楽しめます。 またルールも簡単でインスト時間も掛からず誰とでも遊べる所が素敵ですね☆。

欠点は・・カードの引き運がやや強い所でしょうか?(^^;

駆け引きもあり、運もアリのお手軽レースゲームですね。(^o^)/Good☆☆☆☆
国内ボードゲーム販売店







メビウス・ゲームズ


ゲームストア・バネスト


プレイスペース広島