塩情報は橋本壽夫の
ホームページで
 
Salt World of Toshio HASHIMOTO

          塩に関する情報の宝庫                                            
       
            いろいろな塩

いろいろな塩

ホームページ開設の目的

 昭和38年に日本専売公社へ入社以来、製塩技術たばこ製造関係技術製塩技術行政の道を歩み、退職後、塩類の研究に関する研究助成財団の(財)ソルト・サイエンス研究財団で工学、農学、医学、食品・調理学分野の研究資金助成に携わってきました。

 明治38年以来92年間続いた塩専売制度が廃止になり、様々な塩が販売されるようになりました。しかし、塩の製造法塩の品質塩と健康問題を科学的に判断する情報が普及していません。また、塩の用途、塩の性質、塩の作用、塩に関する学術文献、塩に関する海外文献の翻訳、塩にまつわる歴史上の意外な事実など、それらの情報伝達の場として、このホームページが役立つことを期待して開設しました。      2005年5月5日


  以上の趣旨から、ホームページを持っておられる方で、このホームページの内容が役立つと思われる方はリンクを張って頂いて結構です。
  また、塩に関するご質問や塩の品質・製造などについてお困りの方はお知らせ下さい。相談に乗ります。


ホームページの内容を見てご質問のある方は下記のMailを利用してお尋ねください。

            

                       お知らせ

2016年3月をもって「たばこ塩産業」新聞の塩版が休刊となりました。そのため転載していた「塩・話・解・題」の記事も休載となりました。

「塩・話・解・題」の記事の流れで塩雑記帳を立上げました。さらに日本では報道されない塩と健康問題に関して海外で報道されている生の記事・論文を紹介する場として海外メディアが報道する減塩政策を新設しました。ご愛読下さい。

万人に減塩を勧める保健政策に対して海外のマスメディアは、その根拠がないことを巡っての論争記事を掲載しております。その様子を「塩論争・塩戦争」で紹介しております。

更 新 日 更    新    項   目
2018年3月1日 塩雑記張 DASH食の勧め

追加翻訳記事:SI塩と健康科学がガイドラインを決めるとき
          
SI 塩と高速道路融氷雪:塩貯蔵ハンドブック

2018年4月1日     塩雑記帳: 書籍「長生きできて、料理もおいしい!すごい塩」のフェイクな記載 1
              塩の歴史:  塩の歴史


● 海外新聞記事

Boston Globe 健常人の減塩価値に疑問

Chikago Tribune  環境栄養素:塩で分裂

Daily Mail 塩について聞いてきたことは全て間違い、トップ科学者は言う:塩で心臓発作は起こらず、減塩のし過ぎで太り、性生活を損ねる

Economist 結局、塩がそんなに悪くない理由

Glove and Mail 減塩食は健康のためにならない?塩を巡る激しい論争を詳しく見る
食卓に塩振出器を取り戻す時かもしれない

Guardian: 公衆保健に対する危険?科学者はもっと塩を食べるように促す騒動

Los Angeles Times 過剰の塩摂取量は年間165万人の死亡と関係していた

Medical News Today 塩:どれくらい多いと多すぎるの?  減塩は心臓発作、脳卒中、死亡の危険率を上げるかもしれない

Montreal Gazette 塩論争の意味  多くの保健研究があるにもかかわらず、塩を振り掛けることは難しい

National Post 塩について考えていることを整理しよう:新しい研究は減塩のし過ぎは有害であることを示唆

New York Post 塩が悪いと言う本当の証拠はない
塩に関するニューヨーク市の戦争−と科学

New York Times: 塩についての混乱を整理

Reuters 非常に低い塩摂取量は健康を増進させないかもしれない:アメリカの委員会

Sydney Morning Herald: 食品産業界は塩含有量を巡る長期間の論争でたばこと酒造業界を比較

Telegraph  バターと塩は心疾患の問題にはならない、とトップ外科医は主張

Washingotn Post:  アメリカが勧める塩摂取量ガイドラインの根拠に疑義         アメリカ人の食事は塩辛すぎるか?科学者達は長年にわたる政府の警告に挑戦
                   

● 海外の医学・科学雑誌記事

Adv Nutr 血圧を超えて:減塩と健康結果における新しいパラダイム
ナトリウム

Am J Clin Nutrition  塩についての食事ガイドライン:ガイドラインを 混乱させるべきか?そうだ!

Am J Hypertens 過激な減塩政策はランダム化比較試験または観察研究で支持されない:エビデンスの格付け

Am J Med 塩戦争の歴史  
  
Am J Physiol 塩を振り掛ける、振りかけない?

BMJ 調味料王の退位

Blood Purification 塩論争−無益なこ

Circulation 
心不全で塩摂取量がどれくらい低ければ低過ぎるのか?ランダム化された研究が懸念を解決するために必要

Circ Res 塩摂取量と心血管の健康

Clin J Am Soc Nephr 社会政策によって塩摂取量が変えられるか?

Int Nation Beh Nutr Phys Act  減塩に対する行動変化介入のレビュー

Int J Epidemiol 論評:塩とエビデンスに関する意見の攻撃

J Am Coll Cardiol  全人口に非常に低い塩摂取量を勧めることについてのエビデンスは何と雑な事か?

J Hum Hypertens 塩、科学そして政策  塩と子供の血圧

Hypertension  血圧の塩感受性

Kidney Blood Press Res 毛細血管血液で測定される塩感受性

Kidn Intern suppll  塩と高血圧:どうしてまだ論争しているのか?

Lancet 尿中ナトリウム排泄量と正常血圧者および高血圧者の心血管疾患発症との関係

Mayo Clin Proc 心血管の保健と疾患における塩摂取量とカリウム摂取量の役割:エビデンスのレビュー

Nephr Dialys Transpl 塩−友人か敵か?
血圧−塩感受性パラダイム:病態生理学的にはまだ実用的ではない

N Engl J Med 減塩 ? 心血管疾患の保健に有益か危険か?
尿中ナトリウム排泄量とカリウム排泄量、死亡率、そして心血管疾患発症

Reader's Digest  塩の用途60件

Science
  塩について大騒ぎ

Scientific American 減塩は血圧を下げる  塩は自己免疫疾患と関係していた
新しい研究は塩と心疾患との関係はないことを示す

TheScientist ナトリウム・サイクル  塩のせいではない?

Atlantic
 塩戦争   生後早くに始まる塩嗜好行為               

Health Affairs
 塩と公衆衛生:論争中の科学と証拠に基づいた意思決定の挑戦

Men'sHealth  塩が心臓に良い理由  塩は心臓の健康を改善できるか?

Pacific Standard  塩論争の両側の反響室  塩をよこさないで

Today's Dietitian  塩大論争:専門家達は減塩の心臓保護効果の後ろに立つ
塩にスポットライトをあてる:どれくらいが多過ぎて、どれくらいが少な過ぎる?         多過ぎても、少な過ぎても塩は有害であるらしい

 
● 
学術論文紹介「集団のナトリウム摂取量 エビデンスの調査」 医学研究所の報告書

塩の常識を揺るがす 塩摂取量と高血圧について科学が本当に語っていること

● ニュースレター・ウェブサイト

American Heart Association News
 専門家 塩摂取量についての新しい研究を批判

Business Insider  科学者達は塩が悪いか、悪くないかについて一致していない

Chris Kresserのホームページ  
塩の神話を揺り動かす
塩の神話を揺り動かす:塩の歴史  
塩の神話を揺り動かす:ヒトの塩の必要性
塩の神話を揺り動かす:減塩の危険性

Clinical Advisor 細気管支炎における高張塩水の効果
呼吸器疾患と乾癬に有効な塩治療法

Conversation 大いなる塩論争:減塩が本当に命を救うか?

Endocrinol Adv 高血圧予防における塩摂取量の役割  塩摂取量、死亡との関係を研究は示唆

Healthline どうして塩を欲しがるの?

Live Science 塩大論争:食事でどれくらいのナトリウムが多過ぎるのか?  どれくらいの塩摂取量が多過ぎるのか?

Medscape  塩のDASH食は我々全てに必要か

Medical News Today  塩は血圧を上昇させるが、消化管細菌はそれを止める

MEDPAGE TODAY
  フライデイ・フィードバック:FDA 大塩論争に参加

MedicalXpress 台所の塩の化学

NEJM Journal Watch
 NEJM論文 進行中の塩論争に参加

Nutrition Facts   塩論争で誰が正しいのか?

NHLBI(国立心肺血液研究所) DASH食生活計画  DASH食で血圧を下げるガイド

Science Daily  血液中のナトリウム濃度は老人の認識力に影響を及ぼすらしい

ScienceNews ナトリウムと健康に関する論文を巡る塩辛い戦争

● 海外の週刊誌

Forbes   フェイクな塩問題

National Review “塩戦争”は悪い科学に基づいた悪い政策

Newsweek  
FDAと塩のジレンマ

TIME 
 塩は高血圧の原因にならない?これは新しい研究が言っていることである
重大な塩の混乱:どのくらい多くの塩を食べるべきかに関する新しい研究
食品医薬品局は減塩を望む。これは良いことだろうか?
塩を振り掛ける、振りかけない?研究は減塩を疑問視
減塩は心臓の健康を本当に改善するか?
低塩食は心疾患危険率を下げる、本当か?研究は否定


   追加:雑誌記事:食品加工に不可欠な塩がはたして悪者か?

   追加翻訳記事:
SI 塩と健康
          :
SI 塩と高速道路融氷雪高速道路用塩と環境

   
追加サイト:橘友会講演資料 塩あれこれ

          身近な“?”の科学 { 塩 }  どうしてくつられる?「減塩しお」は体によい?
                      (科学雑誌 [Newton] からの取材を受け、編集部担当者がまとめた記事の転載許可を得ています)

               
   書籍:: 塩の科学 朝倉書店   2003 ¥4,500:
        塩の事典 東京堂出版 2009 ¥2,500

        食塩摂取量の変遷グラフ


塩関連ウェッブサイトとのリンク

(財)塩事業センター
    ソルト・サイエンス研究財団      日本塩工業会  
  
たばこと塩の博物館

Salt Institute    European Salt Producer's Association

多少不透明な岩塩

球状塩

食塩

青色岩塩

緑色岩塩

平釜塩

黒色岩塩

天日塩

ポーランドの岩塩彫刻

透明な岩塩

 

粉砕天日塩

赤色岩塩

岩塩ボーリングコア

wo