塩情報は橋本壽夫の
ホームページで
 
Salt World of Toshio HASHIMOTO

          塩に関する情報の宝庫                                            
       
            いろいろな塩

いろいろな塩

ホームページ開設の目的

 昭和38年に日本専売公社へ入社以来、製塩技術たばこ製造関係技術製塩技術行政の道を歩み、退職後、塩類の研究に関する研究助成財団の(財)ソルト・サイエンス研究財団で工学、農学、医学、食品・調理学分野の研究資金助成に携わってきました。

 明治38年以来92年間続いた塩専売制度が廃止になり、様々な塩が販売されるようになりました。しかし、塩の製造法塩の品質塩と健康問題を科学的に判断する情報が普及していません。また、塩の用途、塩の性質、塩の作用、塩に関する学術文献、塩に関する海外文献の翻訳、塩にまつわる歴史上の意外な事実など、それらの情報伝達の場として、このホームページが役立つことを期待して開設しました。      2005年5月5日


  以上の趣旨から、ホームページを持っておられる方で、このホームページの内容が役立つと思われる方はリンクを張って頂いて結構です。
  また、塩に関するご質問や塩の品質・製造などについてお困りの方はお知らせ下さい。相談に乗ります。


ホームページの内容を見てご質問のある方は下記のMailを利用してお尋ねください。

            

                       お知らせ

2016年3月をもって「たばこ塩産業」新聞の塩版が休刊となりました。そのため転載していた「塩・話・解・題」の記事も休載となりました。

「塩・話・解・題」の記事の流れで塩雑記帳を立上げました。さらに日本では報道されない塩と健康問題に関して海外で報道されている生の記事・論文を紹介する場として海外メディアが報道する減塩政策を新設しました。ご愛読下さい。

更 新 日 更    新    項   目
2017年2月1日 塩雑記張:減塩政策に疑問を呈したマスメディア

追加翻訳記事:SI塩と健康科学がガイドラインを決めるとき
          
SI 塩と高速道路融氷雪:塩貯蔵ハンドブック

2017年3月1日     塩雑記帳:塩の味利きは可能か


講演実績
と予定:塩と健康 2017年3月6日13:00-13:30 於:ロイヤルパークホテル四階 東京日本橋東ロータリークラブ主催

海外メディアが報道する減塩論争の最新動向 2017年4月6日11:00-11:50 於:飯田橋レインボービル二階 潟Tイエンスフォーラム主催


● 海外新聞記事

Chikago Tribune 常識を求めて:塩摂取量、心臓の健康と死亡
         
Daily Mail 減塩は健康に悪いか  減塩は有益よりも有害ではないか?

Guardian: FDA加工食品の減塩ガイドラインを発表

Los Angeles Times 過剰の塩摂取量は年間165万人の死亡と関係していた

New York Times: 塩の問題に取組む時、正しいか、間違っているかはまだ分からない  塩戦争

Reuters 塩摂取量に反対意見の研究者達はお互いに無視

Sydney Morning Herald: 食品産業界は塩含有量を巡る長期間の論争でたばこと酒造業界を比較

Washingotn Post:  アメリカが勧める塩摂取量ガイドラインの根拠に疑義         アメリカ人の食事は塩辛すぎるか?科学者達は長年にわたる政府の警告に挑戦
                   

● 海外の医学・科学雑誌記事

Am J Clin Nutrition  塩についての食事ガイドライン:ガイドラインを 混乱させるべきか?そうだ!

Am J Hypertens 塩摂取量:科学と政策が分かれるところ

Am J Med 塩と高血圧:減塩は努力する価値があるか?

Am J Physiol 塩を振り掛ける、振りかけない?

BMJ 調味料王の退位

Clin J Am Soc Nephr 社会政策によって塩摂取量が変えられるか?

Int J Epidemiol 論評:知らないことを認めることは進歩につながる

J Am Coll Cardiol  全人口に非常に低い塩摂取量を勧めることについてのエビデンスは何と雑な事か?

J Hum Hypertens 塩、科学そして政策  塩と子供の血圧

Lancet 塩を巡る科学的論争の偽オーラ?  親愛なる食品業界へ:塩を使わないで下さい
Reader's Digest 減塩すべきですか?

Science  高塩食は感染症を阻止するか?  塩論争におけるデータのDASH食

Scientific American 塩戦争を終える時  激しく論争が続いている塩戦争:マリオン・ネッスル栄養学教授との雑談

Atlantic 大いなる塩論争 : そんなに悪い?  塩を摂るな:塩摂取量を抑制する試みは間違い
                  
Health Affairs 塩と公衆衛生:論争中の科学と証拠に基づいた意思決定の挑戦

                 
● 学術論文紹介「集団のナトリウム摂取量 エビデンスの調査」 医学研究所の報告書


● ニュースレター・ウェブサイト

Clinical Advisor
 減塩は慢性心不全に有害かもしれない

Endocrinol Adv 高血圧予防における塩摂取量の役割  塩摂取量、死亡との関係を研究は示唆

Live Science 塩大論争:食事でどれくらいのナトリウムが多過ぎるのか?  どれくらいの塩摂取量が多過ぎるのか?

Medscape 老人では非常に低いナトリウム摂取量には死亡や心臓血管疾患予防の利益はない:健康ABC

Medical News Today 疾患防食管理センター:アメリカの90%は塩の摂り過ぎ
  減塩は心血管疾患による死亡低下と関係しているか?

MEDPAGE TODAY 減塩は高血圧症だけに有益か?  科学に反するアメリカ心臓協会のスタンス

MedicalXpress 毎日もう少し塩を食べても老人には害がないかもしれない

NEJM Journal Watch 低塩食の利益はまだ不確定  研究は高血圧症でない成人の減塩に反対  老人の最適塩摂取量はまだ不明


● 海外の週刊誌

Forbes  老人はどれくらいの塩を摂取すべきか?  減塩論争白熱:現在の勧告値に研究は疑問を投げかけ  医学研究所の塩報告 活発な論争を起こし、わずかな光を発する

National Review “塩戦争”は悪い科学に基づいた悪い政策

TIME 
 老人はこれまで考えていたよりも多くの塩を食べても良いかもしれない

   追加:雑誌記事:食品加工に不可欠な塩がはたして悪者か?

   追加翻訳記事:
SI 塩と健康
          :
SI 塩と高速道路融氷雪高速道路用塩と環境

   
追加サイト:橘友会講演資料 塩あれこれ

          身近な“?”の科学 { 塩 }  どうしてくつられる?「減塩しお」は体によい?
                      (科学雑誌 [Newton] からの取材を受け、編集部担当者がまとめた記事の転載許可を得ています)

               
   書籍:: 塩の科学 朝倉書店   2003 ¥4,500:
        塩の事典 東京堂出版 2009 ¥2,500

        食塩摂取量の変遷グラフ


塩関連ウェッブサイトとのリンク

(財)塩事業センター
    ソルト・サイエンス研究財団      日本塩工業会  
  
たばこと塩の博物館

Salt Institute    European Salt Producer's Association

2016年12月までの累積閲覧数 ベスト100
記    事    題    名 閲覧回数
ナトリウムとカリウム 働きと血圧に及ぼす影響 104,566
渇きに苦しむときなぜ海水を飲んではいけないのか 74,967
塩の対比効果と抑制効果 35,711
塩の浸透圧が果たす役割 31,261
 腎臓のナトリウム排泄 29,758
塩が融氷雪剤に利用される理由は?! 29,201
塩と人 生命維持のメカニズム 29,339
特定用途食品について −塩化カリウム添加食塩の問題点− 24,110
 「麺の腰を強くする」塩の役割 23,880
塩の性質と作用 23,025
塩と食中毒菌 22,266
なぜ塩は水に溶けるの 22,058
様々な形に変化する塩の結晶 18,674
塩は高血圧に関係しているか? 17,789
 耐塩・好塩微生物の性質と応用 −食生活を豊にする微生物たち− 16,595
動物飼育と塩の役割 16,461
見直されつつある「味噌汁」の効能 15,374
特有の作用を及ぼす塩とタンパク質生体機能でも重要な関係 15,166
塩の用途 14,368
味付け以外の塩の役割は?! 13,925
総説:製塩法と食塩の品質 13,492
旨味を引き出す塩の役割 13,370
日本と世界各国の食塩摂取量を比較 13,222
食塩摂取目標量30年ぶりに低減 12,572
身体の中の塩の働き (1) 12,336
焼塩 その特徴と利用法 12,326
塩水の不思議 (1) 特徴を実験で確認 11,430
イオン交換膜製塩法でつくられた塩は化学塩でしょうか? 11,422
海水からの製塩とにがり成分 11,129
逆浸透法による海水の淡水化 10,989
塩とフィットネス 10,396
海外の食塩摂取量と保健政策 10,280
岩塩の多様な色とその理由 9,836
減塩に降圧効果はあるのか?また減塩は可能であり、危険性はないか? 9,465
神経伝達におけるナトリウムの働き 9,080
《塩の添加物と成分》あれこれ 9,013
鬱血性心不全 8,856
リンゲル液に塩が使われている理由 8,679
 塩水の不思議 (2) 8,378
塩の固結について 8,125
減塩の効果と危険性 7,802
日本は世界一の“塩輸入大国” 7,596
スケール問題の改善策を考察する 7,332
塩のうま味とは? 7,037
食塩感受性 6,730
塩が多方面で利用される原理の説明 6,711
スポーツ栄養と塩 6,474
脱水作用 6,282
食塩摂取量と高血圧の因果関係をめぐって 6,214
自然塩とミネラルについて 6,119
そもそも「イオン交換膜」とは?! 6,092
塩と健康 6,056
食塩の薬利効果 5,919
塩専売制度廃止後の塩市場の動向 5,762
土壌塩性化で求められる耐塩性植物開発 −塩性土壌を利用するには 5,748
各種製塩法 5,655
氷点降下作用  5,491
ヨーロッパの塩事情 5,456
汗と塩分補給 5,384
体内塩分を保つアルドステロンの重要性 5,129
塩と健康の科学 5,030
様々な塩の規格 4,815
ナトリウムが悪けりゃカリウムがあるさ?  4,662
科学的事実からみた「自然塩」 4,623
 塩分50%をカットした塩? 4,435
食用塩の品質規格 4,119
身体の中の塩の働き (3) 4,109
身体の中の塩の働き (2) 4,043
粒度は効き目や用途の重要な要因に 3,997
日本人の栄養所用量と国民栄養調査から見た食塩摂取量 3,925
塩にまつわる格言・ことわざ  3,918
 にがりの組成について 3,874
スポーツ時の熱中症・低ナトリウム血症予防心得 3,847
塩と高血圧について 3,834
塩の品質 3,781
地中海食 3,721
醗酵調整作用 3,563
食塩と高血圧:インターソルト・スタディとその結果を巡る論議 3,460
減塩の効果と危険性 3,361
塩は肥満に関係しているか? 3,347
海水溶存資源の正体は? 3,359
食塩の種類と品質 3,355
塩の生理作用 3,316
減塩食品用調味料について 3,282
体内のナトリウム分布と収支 3,184
欧米で普及するハロセラピー 塩の粒子で治療効果を発揮 3,154
スポーツによる発汗量と塩損失量 3,022
なぜ塩・砂糖作りに塩が要るのか 3,005
海水氷と海洋深層水 2,964
高血圧の遺伝性 (1) アメリカの黒人が高血圧になりやすい理由 2,960
天日塩の中に好塩性微生物? 2,924
「海水資源」の持つ可能性 2,810
イオン交換樹脂の再生にも「塩」 2,810
いろいろな用途で使用されるイオン交換法・交換樹脂 2,766
能登に伝わる揚げ浜式塩田製塩 第一回 「歴史と概要」 2,751
食品中のナトリウムと健康 2,733
モデル動物と動物実験 2,720
減塩するとなぜ危険なの? 2,695
塩は苦味を快く感じさせる 2,669
食塩の機能と役割および保健上の問題 2,665
インターソルト・スタディの結果から (1) 文明社会では食塩摂取量と高血圧発症と関係なし 2,624
市販塩のキャッチフレーズと成分組成との相関関係は?! −東京都消費生活総合センターの調査結果から− 2,564
ナトリウムと他の陽イオンとの相互作用 2,469
耐久レースと低ナトリウム血症 2,391
 サイト総数530件以上の総累積閲覧回数 1,371,368

赤色岩塩

青色岩塩

透明な岩塩

岩塩ボーリングコア

ポーランドの岩塩彫刻

 

粉砕天日塩

黒色岩塩

天日塩

緑色岩塩

球状塩

食塩

平釜塩

多少不透明な岩塩

wo