アニメ&映画レビュー TSUTAYA組FUJI






緊急告知 サイトの移転を行います。移転先は、
アニメ&映画レビュー TSUTAYA組FUJIフジ部(旧、今日の出来事)です。しばらくは、当サイトからの記事の移転作業がメインになると思います。日記をブログに変えてみたところ、ブログの楽さに魅了されました。今後とも、よろしくお願いします。このサイトは、当分残すつもりです。


3/06 N64版エヴァ プレイ日記
3/03 エヴァ劇場版 まごころを、君に
2/27 エヴァ劇場版 Air
    (日記を除く)


【CONTENTS】

映画レビュー
冷静に映画を眺めてみると、つっこみ所がいっぱい。ネタバレを含みます。

アニメレビュー
エヴァンゲリオンのレビューです。劇場版もこっち。ネタバレを含みます。

リンク
映画などに関するオススメリンク集です。

特別企画 N64エヴァンゲリオンプレイ日記
ロクヨンのゲーム、エヴァンゲリオンのレビューです。ネタバレを含みます。

Counter


※TSUTAYA組とは、TSUTAYAに一緒に行こうという趣旨の元に結成したグループで、実際のTSUTAYAとは一切関係ありません。
※このサイトはリンクフリーです。どのページでも自由にリンクしてください。


【最新記事】 (日記を除く)

N64版エヴァンゲリオンプレイ日記 NERVへようこそ・ミッション1(3月6日)

※ゲーム内容のネタバレ、エヴァンゲリオンのアニメ自体に関するネタバレが含まれますのでご注意ください。


さて、いよいよ始まりました。エヴァンゲリオン鑑賞記 外伝。ゲームのレビューに入る前に、とりあえず説明書でお勉強してみることにいたしましょう。

ぺらっとページをめくると、基本操作説明という項目があります。で、そのバックには薄い文字で、動け!動け!動け!動け!動いてよ!と書いてあるんですが、そんなに操作大変なんですか、このゲーム。

それで、その後のページもさらりと目を通したんですが、説明書を読んでこれ、面白いのか?と不安になったゲームは初めてです。大丈夫なんでしょうか。

ま、何はともあれやってみることですね。今回はこのゲームの特徴を簡単にまとめておきましょう。

・このゲームは、アニメを忠実に再現した、ミッションクリア型のアクションゲームである。

・使徒との対戦では、シンクロ率システムを再現。攻撃を食らわすとアップ。食らうとダウン。シンジ君の気分がそのまま反映されます。

・EASYモードをクリアするとNOMALモードが。NOMALモードをクリアするとHARDモードが出現。

だいたいこんな感じですね。このコーナーではEASYモード攻略までをレビューしようと思います。希望があれば続編レビューもやろうと思いますが、不評なら打ち切ります。

ちなみに、私はこのゲームを中古で買ったので、最初にセーブデータの全消去を行ったのですが、データの消去はオプションのサードインパクトというボタンで行います。どんだけマニアックやねん。


さて、ミッション1は、いわゆる使徒来襲の話の再現ですね。エヴァ鑑で言うと第壱話です。

このミッションでは、横スクロールでの格闘ゲームさながらの対決を行います。そう、いきなり使徒との直接対決が始まるのです。う〜ん、シンジ君の追い詰められた心境が少し分かる気がします。

どーん、と地上に現れた初号機。使徒とご対面と相成るわけですが、そんなもん戦えるわけがありません。とりあえずバックオーライ、逃亡をはかります。

通信でミサトさんが、「逃げないで」と言っていますが、知ったこっちゃありません。ちょっと離れて、技の練習をしてみることにしましょう。と思ったのですが、使徒も一緒についてくるので、全然距離が広がりません。

おまけに、バックはシンジ君の弱気の表れである。と判断されてしまうらしく、シンクロ率が下がっていきます。ううむ、これはいかん。やはり逃げちゃだめだ。よし、Aボタンでパンチだったな。それいけー!!

ぬおっ、なんじゃこれは。パンチが全然届かないではありませんか。敵のリーチと初号機のリーチがあまりにも違いすぎるのです。敵の懐に飛び込む前に、遠距離から攻撃をくらってしまいます。しかも運良くパンチを当てたとしても、所詮はパンチですからたいしたダメージを与えられません。

このままでは負けてしまう。と焦った私は、説明書をめくってみることに。さらなるダイナミック技を覚えることにしたのです。その間に初号機はボコボコにされているのですが、地球の平和を守る戦いに一時停止機能はありません。(あるけど使ってないだけ。)

ふむふむ、Aボタン+Bボタンで掴み技か。よし、行っくぞー。あれ、初号機沈黙。

わちゃ〜。やられてしまった。これでいよいよ万事休すだな。と思っていると、なんと初号機暴走。どっしぇ〜、そんなところまで再現しているんですね。でも、暴走しても操作するのは自分。

ですが、暴走した結果、シンクロ率は余裕で100%を超え、新たに会得した掴み技も駆使したので、なんとか使徒を殲滅しました。

ちなみに、ミッションをクリアすると、あの、綾波が逆さでクルクル回ってるエンディングが出てきます。本当にマニアックですね。


歌詞からJ-POP