TOYA '06.03.31
模型の疲れは模型で・・・??
TOYAさんの「板さんのまかない!」〜番外編〜
息抜き企画?原子力潜水艦「やまと」をスクラッチの巻
                                   

      
     [ 今回もお題は攻撃型原潜「やまと」...一年ぶりの更新ですが... m( _ _ )m ...]


1.いい加減、続きしなくちゃね...

  前回、なんとかボディの形状出しが終わり、...っと言っても本当に昔の話です...

  スジ彫りの事を考えたら、思った通り手が止まってしまいました。(汗;)

  とはいえ、なんとかせねば完成しませんので、長期休暇を使って作業再開!!



2.まずは、ディテールを考えてみるっと...

  どんなディテールをどの位彫るかと、コミック片手に、しばし熟考...

  結果は?っと、一度たりとも同じディテールで描かれてません!ってな有様...グッスン。

  船体の基本形状すらいい加減だったんだから、あたり前と言えばあたり前か〜?

  う〜む、しょっぱなから難問だな〜!!

  劇中のカットから最大公約数的なディテールにデザインし直すって事〜???

  (まぁ、最初から分かってましたけどね...結構、難しいよ〜...これって!!)


  いろいろと考えた結果、それなりにカットも多く、各々が近いイメージだった物語後半のをベースにしました。

    
    [ スジ彫りの太さを考慮しながら図面にしてみて、違和感がなければOKって感じ。]


3.さぁ、いよいよ彫りますか〜!!

  それらしい図面みたいのが出来上がったんで、いよいよ彫り出しますか〜!!

  っと、当然なんですが、ボディはプラとパテの混成で硬さがバラバラ...

  「まっすぐなスジ彫りなんて引けねぇよな〜!」

  「本当は、一回、リキャストしたい所なんだけど、ウレタン代も馬鹿にならんしな〜?」

  っという訳で、貧乏モデラーは仕方なく気合一発でスジ彫りを始めるのでありました...チャンチャンっと。



4.いい加減、本当に彫り出します。

  まずは船体全体にわたる縦線から...

  ここは厚紙を円筒上にしたモノをゲージにスジ彫りすると、比較的上手にできます。

  魚雷発射口はスケールをあてながら、えぃや〜!っとアートナイフで気合のスジ彫り!!

  案の定、表面のパテ層が剥離したりして、瞬着で抑えては彫るの無限ループ...あぁ〜。

    
          [ 縦のスジ彫りはこうやって彫ると、意外と簡単!! ]

    
           [ 剥がれてくるパテとの長い戦いの結果!! ]


5.スジ彫りもいよいよ佳境!!

  甲板上面は基本的に全面プラ板なんで、今回の中では最も楽な作業です。

  甲板側面は逆にほぼポリパテなんで、削り過ぎに注意が必要ですって程度...

  一番問題なのが艦橋基部で、プラ板だったりパテだったり...なんで、

  スジ彫りが急に太くなったり細くなったりで、そりゃ!もう大騒ぎ〜!!

  何度も何度もプラパテで太さを調整しなんとか、船体のモールドを完成させました。

  
       [ 1/700なんで多すぎず、少なすぎずを狙ってみたんですが... ]

      
       [ 図面とはちょっと違うけど、コレが限界...これは疲れた... ]


  船体の次は艦橋...艦橋はそれらしいスジ彫りを追加してやり、

  窓部を1/700艦船模型用のエッチングパーツを瞬着で貼り付けて再現、

  ついでに前後の計6枚の舵板にもスジ彫りを追加しておきました。

    
     [ ここまで来れば、そんなに苦労はありません。...っていうか、麻痺? ]


6.あとはお遊びで...

  これで完成!!でもいいんですが、ベースキットのスクリューはお花みたい。

  折角、ここまで苦労して作ってきた「やまと」ですから、ちゃんと作り直してやりましょう。

  0.3mmのプラ板を丸刀で切り出して、合計7枚のスクリューを製作、

  中心に0.5mmの穴を開けて、等角度に円形状に広げてスピナーに接着!!

  お〜っ!、思ってたより全然立派なスクリューになったじゃ〜ん!!

     
        [ 左のを7枚作って合体!!...割とかっこいいっしょ?? ]


  これで本当に完成!!?...でもいいんですが...

  最近の食玩を見てたらやりたくなっちゃった事が...

  っという訳で、スクリューよりちょっと大きな円盤をプラ板から切り出し、

  ポリパテを盛ってから、丸刀で7等配にモールドを追加、

  裏側に練ったエポパテを盛り付けて、ぎゅ〜んっと回しながら引っ張ってやれば...

  じゃ〜ん!!「最強装備のやまとドリル」の完成!!っじゃなくって...

  水中で回転中のスクリューと水渦です。

  割といい感じじゃないかと思うんですが...あとは塗装で勝負って感じですね。

  なんと、走行状態と停止状態のコンパチキットになっちゃいました。

      
      [ やまとドリルじゃないんだってば!!...後は塗装勝負か?? ]


7.もう一声、お遊びで...

  これでホントの本当に完成!!?でもいいんだけど、...もう一声欲しいな〜。

  って事で、1/144の戦闘機のキットから不要なスパローミサイルを拝借して...

  後部のフィンの所を前に移植して、適当な長さに切ったら、先端部に凸をつけたら...

  なんという事でしょう!!あっという間に魚雷の出来上りぃ〜!!

  これで魚雷発射状態の再現も可能になりました。

  う〜む、なかなかのプレイバリューじゃないっすか??

       
       [ お手軽に作った割りには、意外と出来がよかったり... ]


8.っう訳で原型完成!!

   いやいや、思ったより時間が掛かっちゃいましたが、なんとか原型が完成でっす!!

  思ったよりかっこいい「やまと」が出来たんじゃないかと思いますが、如何でしょうか??

  
            [ 結構、いい感じぃ〜...だと思うんですが... ]

  
    [ 全部で12部品の原型が完成!!...なかなか遊べそうなキットになりました。 ]

  まぁ、原型って言っても最近はめっきりイベントに参加しなくなっちゃったし、

  販売予定も無いんですけどね...

  次回のメモリアルプレゼントにでもしようかな〜とか思ってますんで、

  欲しい人(ホントにいるの??)は期待しないで待っててくださいね!!って事で...


  それでは、次回「やまと完成品を作るの巻」(未定)っでお会いしましょう!!...ホントか??