'04.11.07  
        
    
           
  今や、大食hp名物「板さんのまかない!」シリーズの第一弾として
  1999年の冬頃に製作してたのが、このフジミ製のランチア・ストラトス!!
  TOYAは、このストラトスでJAF−CON9の審査員特別賞「一戸寛賞」を頂き、
  その年のホビージャパン誌に顔写真と共に掲載されたりしました。(うすら笑いがキモ〜!)
  素材がフジミのエンスーキットだったり、初のhp連載だったりと、
  何かと手が掛かった思い出ばっかりですが、
  言わずと知れたTOYAの代表作のひとつです。
  超絶の始まり?を感じさせるエンスーキットへのこだわりをじっくりとご覧ください。


  そういえば、製作記事を見てな〜い!!って人は↓から、
  ・TOYAの「板さんのまかない!」 エンスー・ストラトス編 vol.1へ!
  ・TOYAの「板さんのまかない!」 エンスー・ストラトス編 vol.2へ!
  ・TOYAの「板さんのまかない!」 エンスー・ストラトス編 vol.3へ!


   【完成品光画 その壱】
   
   ・ガラス面の研ぎ出しと黄土色のスミ入れで全体的にまとまった印象になってるんじゃないかと??。


   【完成品光画 その弐】
   

    ・リアコンビ等の小物とかリアのスリット等も手抜り無く仕上げています。


   【完成品光画 その参】
   
    ・これぞ、この作品の真骨頂!前後カウルの開閉!!内部もがんばって再現してます。


   【完成品光画 その四】
   

    ・ワイパーモーター等の補機類を自作、ジャンクデカールが良いアクセントになってます。


   【完成品光画 その伍】
   

   ・エンジン部は金属製ファンネルと赤プラグコードでディテールアップ!!


   【完成品光画 その六】
   

   ・ウォッシング&スミ入れにより使い込み感を再現!ボディとの艶差がいい感じですぅ〜!


   【完成品光画 その七】
   

   ・前後カウルオープン!!これが作りたかったんですよ〜。やっぱカッコいいな〜!!


  ・あとがき
  フジミのエンスーに相応しく!と、がんばってディテールアップしたのが昨日の様です。
  今なら、迷わずハセガワ製のをベースにするんでしょうね。(汗;)

  何年も前の作品ですが、今見ても「がんばってたな〜」って思える所が多いですね〜。
  この作品をきっかけに色々な方と知り合いになれた事もあり、思い出深い作品です。
  未だにTOYAといえばストラトスって人も多いですからね〜。