'05.01.22
      
   〜R33スカイラインはやっぱ後期型でしょ!編〜
           
  R32とR34に挟まれてイマイチ的な扱いが多いR33 TypeMですが、
  実はマイナーチェンジでかなりのハンサムさんになってます。
  まさに大人のクーペと言った感じで、個人的にはかなり気に入ってる車です。

  なのに...1/24のキットは前期ばっかり...(T_T)
  まぁ、無い物を嘆いていても仕方が無いので、作っちまえ!!って
  軽いノリでセミスクラッチしたのが、このR33後期型です。
  かなり昔の事で、若気の至りというか恐れ知らずというか...

  何度か大食キットとしてイベント販売を行いましたが、(残念ながら現在は絶版)
  当時はあんまり売れた記憶が無いという悲しいキットでした。
  

  昔の写真で見にくくて申し訳ありませんが、製作記事はこちらから!
  ・TOYAの「R33スカイラインは後期型!」編へ!


   【完成品光画 その壱】
   
   ・フェンダー以外は全て形状変更しているフロントセクション。


   【完成品光画 その弐】
   

    ・サイドとリヤサイドのエアロパーツはキットの物をそのまま流用しています。


   【完成品光画 その参】
   
    ・リアはスポイラーのみ自作し、マフラーは金属のモノに交換しています。


   【完成品光画 その四】
   

    グレーシルバーマイカの缶塗装がなかなか良い感じに仕上がっていると思いますが...


   【完成品光画 その五】
   

    ・リアガラスはスモークを塗装で再現しました。4連丸テールはスカGの証??


  ・あとがき

  まだこの頃はキャストとプラスチックの収縮性の違いなんか気にしてなかったので、
  適当な所で繋げたら、後でヒビが入ってガッカリ。
  一度、研ぎ出しが終わったボディを1個ボツにしてますので、
  今のは2個目のボディなんです。
  さすがにすぐには立ち直れず、しばらく手が止まってましたね。(+_+)