'05.01.22
      
  
           
  多分1998年位の、もうかなり昔の作品です。
  有りそうで無かった日産パルサーGTi−Rをフルスクラッチ!?
  「出来るかな〜?」「出来るんじゃない?」っと割と気楽に始めてしまったのですが、
  そこから完成までは長かったです。(←当然ですね!)
  前半分はプリメーラ、後ろ半分はゴルフを芯にして、ポリパテを盛っては削りの繰り返し、
  先の見えない辛い作業でしたが、何とか形になってくれました。

  ちなみに完成品の仕様はTOYAの自家用仕様です。
  やっぱ、自分の乗ってる車の模型作りって最高です!!
  是非、皆様も試してみてください。(フルスクラッチじゃ無っくてね。)


  フルスクラッチの涙の製作記事を見てみたい方は、こちらから...
  ・TOYAの「GTi−Rはフルスクラッチだ!」編へ!
  ・TOYAの「GTi−Rの原型を修正!」編へ!


   【完成品光画 その壱】
   
   ・これがフルスクラッチの1/24日産パルサーGTi−R!TOYAの自家用仕様です。


   【完成品光画 その弐】
   

    ・リアウイングの原型はプラ板の積層をゲージにポリパテで形状を出しました。


   【完成品光画 その参】
   
    ・いや〜!やっぱ昔の作品ってのはテクがイマイチで、今見ると恥ずかしいな〜。


   【完成品光画 その四】
   

    ・内装もきっちりスクラッチしてます。ナビとかハンドルとかは自家用仕様だけど...


   【完成品光画 その五】
   

    ・まぁ、なんとかGTi−Rに見える様になったと思うんですが...


  ・あとがき

  今、考えると随分と無謀なフルスクラッチに挑戦したものだと思います。(笑)
  でも、この作品を製作しながら身に付いたテクニックっていうのも、
  本当にたくさんありました。

  皆さんもたまには、ちょっと変わった模型へのアプローチをしてみては如何でしょうか??
  (フルスクラッチはお奨めしませんが...)

  ちなみにモデルとなった自家用のGTi−Rは今も大切に乗ってま〜す。