東京都北区王子の

『狐の行列』



除夜の鐘を合図に、元旦午前零時、装束稲荷神社(王子2丁目)をスタート、王子稲荷神社(岸町1丁目)に向けてお参りの行列をします。北本通り→北とぴあ・権現坂ガード→森下通り商店街へ、約500mの距離を50分ほどかけて行進します。途中、神社の引き継ぎ式があります。沿道には見物の人垣ができ、たくさんの区民が狐のお面をつけて行列に参加し、初詣でに向かいます。
「狐の行列」は、江戸時代からの言い伝えーー毎年、大晦日になると関八州から狐の使いが王子の装束稲荷に集まり、はかま姿で行列したというーーを今に復活させた町おこしの行事です。1993年(平成5年)から徐々に始まり、2001年から今のような行列がスタートしました。

撮影2007年元旦

>

撮影2005年元旦


撮影2004年元旦

   

ホームページのトップに戻る

ゲストブックにログイン

  北区の「王子・狐の行列」公式ホームページはこちら