本文へスキップ

観光地・温泉・アウトドアの紹介サイト

旅行や登山に便利なホテル・温泉情報も満載 お得な宿泊プラン

ホテル・旅館予約

人気店をめぐるさぬきうどんツアー2008.3

四国の名物のひとつ、それは「讃岐うどんツアー」
1日のうちに同じ食べ物を何店舗も食べ歩くということは、なかなかない。
しかしここ香川県では、それを大勢の人が同じ事をこぞって競うように行っている。
映画「UDON」が公開さた頃は、多くのガイドブックやテレビで讃岐うどんが紹介されていた。
映画では、うどんブームはいつかは去ると示唆されていた。
実際、最近讃岐うどんが紹介されることは少なくなったように感じる。
もうブームは過ぎたのか?そう思いながらも有名店をめぐるうどんツアーを敢行した。
しかしその思惑は一発で覆される。人気店では今も朝一番から行列ができている。まだまだうどんブームは健在だった。

今回は、土曜日の朝8時半、高松自動車道・坂出インターを出発するツアーだ。
有名店は昼過ぎにはうどんが売り切れる。
有名店めぐりの勝負は朝一番から始まっているのだ。

◆1軒目◆ 宮川製麺所

宮川製麺所

宮川製麺所のうどん
住宅街の中にあるのに、朝早くからひっきりなしにお客さんが訪れている。
柔らかい麺は朝食には持ってこい。オーソドックスに「あつあつ」で頂く。(熱いうどんと熱いダシ)
ネギと天かすを入れたかけうどん。天かすと薬味は無料だ。もちろんセルフなのでお好みの量で。
暖かいうどんはとてもやわらかく、朝いちばんの胃袋にはとても優しい。
そして何より、だしがとてもおいしくて、ずるずるっと一気にいただけた。
イリコがたっぷりと入っているそうで、この味の深さは何とも言えないくらい絶品。
これでなんと120円。とても安い。

■宮川製麺所の詳細や地図

◆2軒目◆ 長田in香の香

長田in香の香

長田in香の香の釜あげうどん
幹線道路沿いにあり、見た目はチェーン店のようにも見える。
しかし、昼時には大きな駐車場は満車で入れなくなる人気店。
朝早かったので行列に並ばず入店できた。
ここの名物は釜あげうどん。
釜あげうどんは釜でゆで上げたうどんをそのまま器に入れるのが特徴。
表面のぬめりが残っているため柔らかい食感が楽しめる。
ゆでていた湯に浸かったまま出てきたうどんは真っ白で輝くようなツヤ。
光沢が印象的な、とても美しいその姿。
大きなとっくりに入れた特製のダシにこの店のこだわりが感じられる。

ダシを別の皿に注ぎ、ざるうどんのようにダシにくぐらせて頂く。
つるつるの舌触りにしっかりとしたコシの歯ごたえ。
それになんといってもダシの味が深くとてもおいしい。
うどんを吸うと、なんの抵抗もなくするすると口の中に流れ込んでいく。
まさにうどんを飲み込む感じ・・・
あっという間に頂いた。おいしかった。
これは2玉いっても良かった、かなりおいしかったと一同絶賛。
もう1玉頼みたくなる衝動を抑え、次のお店に向かう。

■長田in香の香の詳細や地図

◆3軒目◆ なかむら

なかむら

なかむらの釜玉うどん
土器川の土手を走ると突然大行列。行列の先はここだ。この店の名物は「釜たまうどん」
釜あげうどんにとき卵を絡め、少し醤油で味を整えていただくうどんだ。

ここは客にネギを裏からとってこさせて自分で刻ませることで有名な店だ。
しかし僕が行った時には、残念ながら(?)ネギはちゃんと準備されていた。
さて、ネギや釜ゆではセルフではなかったか、卵はセルフ。
たくさん積み上げられた卵を1つ自分で割り、しっかりと溶いたらうどんを入れてもらいに行く。

うどんはやや細めなのが特徴で、絡めた卵も手伝ってするすると口の中に吸い込まれていく。
しっかり噛むというより飲み込むような感じ。不思議なことにつるつると喉の奥に落ちていく。
とても食べやすい麺だ。
気づくと、あっという間に食べてしまった。
とてもなめらかな舌触りで、その独特の細さもありとても食べやすかった。

■なかむらの詳細や地図

◆4軒目◆ がもううどん

がもううどん

がもうのきつねうどん
山を背にした田園風景の中にあるうどん店。
のどかなロケーションの中、屋外で立ちながら、あるいは座り込みうどんを食べることで有名な店。
ここも行列がすごい。
あまりもの人気のため、周辺の土地を急きょ駐車場にせざるを得なかったそうだ。

この店の名物は「あげ」
きつねうどんにして、コシを楽しむために「ひやあつ」(冷たい麺に熱いダシ)で頂く。
アゲは味がしみ込んでいて濃厚。しっかりしたコシも手伝って食べごたえ満点だった。
どんぶりの半分以上を埋めるとても大きなアゲはたったの80円。
うどんは1玉130円。合計210円なり。安い!

アゲをひと噛みするごとに、じわっと甘辛い味が口の中とうどんの上に広がっていく。
しっかりしたうどんのコシも手伝って、食べごたえある濃厚な味が口の中でプチプチと踊るように広がる。
ダシをすするたびに、そのしみ出たアゲの甘辛いツユが複雑に絡みあい、脂っぽさが深い味わいを生み出している。
田園風景をゆっくりできるような店の周りの場所は少なくなったが、店の前の川の流れを見下ろしながら食するうどんもなかなか風流だ。
普通、こんなロケーションで食べることができない。
もちろん、外のベンチの数は少ないので、ほとんどの人は立ち食いか地べたで座り食い。
このロケーションも、胃袋と舌を刺激する、最高のスパイスかもしれない。
その刺激的なスパイスに、多くの人が今もこの店に並び続けるのだと感じた。

■がもううどんの詳細や地図

◆5軒目◆ 日の出製麺所

日の出製麺所

日の出製麺所のうどん
1日1時間しか営業しないという、幻のうどん店。
時間が合いそうなので、やや距離を走るが無理してこの店に向かう。
すでに行列ができている。待っている間にお店の人がオーダーを聞き、テーブルへ振り分けていく。
回転率命、1時間の間に多くの客をさばく。
このお店は嬉しいことに「1.5」玉がある。1玉では物足りないが2玉では多すぎる。
うどんツアーのかゆい所に手が届くようなありがたいうどんの量。しかも150円と値段も安い。

店の中に入ると開いている席を案内されるのでそこに着席する。しばらくすると、注文したうどんが運ばれ来る。
テーブルに置いている薬味やダシ、醤油をかけて好きなように頂く。
ここは生醤油うどん(醤油をかけていただくうどん)にする。
そしてこの店の特徴はネギを自分で刻むこと。
テーブルに1本、ラップに包まれたネギが置いてあるので、好みの量をハサミで自分で刻む。
この作業が、讃岐うどんを食べていると実感できて、なんだか嬉しい。
麺の本来の味を楽しむために、生醤油うどんにしていただく。
うどんはとてもコシがあり、ツルツルとした舌触り。とってもおいしい。
さすがに人気の製麺所でできたての麺。そのおいしさは抜群だ。

精算時、レジに大量に麺が置いているので、お土産にするのもよい。
ここの製麺所は本業の製麺に力を入れているので、こんな短い営業時間になるのだろう。

■日の出製麺所の詳細や地図

◆6軒目◆ たむらうどん

たむらうどん

たむらうどんの生醤油
県道沿い、民家にも思える小さな製麺所に人の行列ができている。ここも人気店だ。
四国のお土産屋にも、よくそのうどんが並んでいる人気店。
大きな製麺所かと思いきや、どうみても普通の民家の一角にある。
知らなければ見逃しそうになる場所だが、大行列が出来ているので見逃しようがない。
一応、「たむらうどん」と小さな看板は出ている。

このたむらうどんはとにかく麺のコシが強い。
これぞ讃岐うどんと思わせる麺で、案内してくれた同僚のイオチシでもある。
それならば、うどんそのものの味を楽しめる「生醤油」うどんにして1玉をいただく。
そして、なんといっても1玉150円という驚きの安さ。
これでも最近の小麦の高騰で値上げしたばかりだ。
見ただけでもこの麺は角がしっかりと整っていて、歯ごたえがありそうな感じが伝わってくる。
噛みついた歯がはじき返されるくらいの弾力。
噛みごたえがとてもあり、毎日食べたらアゴが鍛えられそうなくらいだ。
それでいてなめらかな舌触り。噛んで噛んで、どんどん胃袋の中に落とし込みたくなる。
お腹がいっぱいでなければ、2玉頼んでガツガツ食べたいくらいだ。
シンプルながら、その麺の力強さを感じられるうどん。まさに讃岐うどんの王道を行く一品だった。

■たむらうどんの詳細や地図

◆腹ごなし◆ 金刀比羅宮

こんぴらさん

金刀比羅宮からの讃岐富士
さてお腹もいっぱいになったので、善通寺インターに戻る前に少し腹ごなしに運動を。
「こんぴらさん」で有名な金刀比羅宮へ。
ちょうど桜が咲き始めたころ。桜に覆われた参道はとても美しかった。
桜に導かれるように登った785段の階段の上の本宮から見下ろす、うどんを求めてさまよった讃岐平野と瀬戸大橋が架かる瀬戸内海の絶景も最高だった。

■金刀比羅宮の詳細や地図
イメージ

information管理人情報

週末の旅人

管理人 KUMA.
普段は平凡な会社員
アウトドアと旅行が趣味
訪れた場所をレポートとして紹介中
国内旅行業務取扱管理者
【お問い合わせ】




現在の閲覧者数: