修武館だより

No.422 平成28(2016)年6月号 Web版 5月30日(月)発行6月25日

あなたは 人目の訪問者です。お立ち寄りいただきありがとうございます。

 早くも梅雨時を迎えます。都会では季節の移ろいを感じにくいのですが、東京でも「躑躅や皐月」の花が咲き誇り、頭上に燕が飛び交うのが道場界隈でも見受けられます。親雀も賑やかに子育て中の下には白い「ほたる袋」が咲いています。ほのぼのとした梅雨入り近い今日午前の情景です。
 さて、修武館道場も幼稚園児や小学1年生が増え目を輝かして剣道の稽古を励んでいます。先生から教わることを、先輩の動作を見本にして所作や技を身に着けて行き、生涯剣道の根本になるようにと思っています。湿度が高く蒸し暑い時期を迎えますが、熱中症に十分気を付けて稽古に励んで頂きたいと思います。区民大会や全国大会を控えて、皆の心を一つにして稽古をがんばりましょう!


白いほたる袋の花

剣道の部の稽古風景を紹介します

高段者稽古会互角稽古

中山範士の教えに注目

指導の先生方、伊藤先生、中山範士、荻野館長、小笠原範士

青年部の稽古

日曜の小年成年合同の稽古風景

女性剣士の試合稽古

元気いっぱいの少年部の稽古風景

剣道基本技稽古法の指導

すり足の練習をする幼小剣士

試合の練習風景

居合道の稽古風景です

館長と夢想神殿流を

制定居合を抜く

館長と揃い抜きを行う

修武館の歩み

指導者・有段会員の紹介

修武館の定例行事

入門のご案内
For English

過去の修武館だより

No.254

No.255

No.256

No.257

No.258

No.259

No.260

No.261

No.262

No.263

No.264

No.265

No.266

No.267

No.268

No.269

No.270

No.271

No.272

No.273

No.274

No.275

No.276

No.277

No.278

No.279

No.280

No.281

No.282

No.283

No.284

No.285

No.286

No.287

No.288

No.289

No.290

No.291

No.292

No.293

No.294

No.295

No.296

No.297

No.298

No.299

No.300

No.301

No.302

No.303

No.304

No.305

No.306

No.307

No.308

No.309

No.310

No.311

No.312

No.313

No.314

No.315

No.316

No.317

No.318

No.319

No.320

No.321

No.322

No.323

No.324

No.325

No.326

No.327

No.328

No.329

No.330

No.331

No.332

No.333

No.334

No.335

No.336

No.337

No.338

No.339

No.340

No.341

No.342

No.343

No.344

No.345

No.346

No.347

No.348

No.349

No.350

No.351

No.352

No.353

No.354

No.355

No.356

No.357

No.358

No.359

No.360

No.361

No.362

No.363

No.364

No.365

No.366

No.367

No.368

No.369

No.370

No.371

No.372

No.373

No.374

No.375

No.376

No.377

No.378

No.379

No.380

No.381

No.382

No.383

No.384

No.385

No.386

No.387

No.388

No.389

No.390

No.391

No.392

No.393

No.394

No.395

No.396

No.397

No.398

No.399

No.400

No.401

No.402

No.403

No.404

No.405

No.406

No.407

No.408

No.409

No.410

No.411

No.412

No.413

No.414

No.415

No.416

No.417

No.418

No.419

No.420

No.421

No.422

少年剣士大募集!!!
修武館の子供達は剣道も勉強も頑張っています。
剣道は心と身体を鍛えます
剣道は右脳左脳の働きを良くします
剣道は 集中力 忍耐力 責任感を養成します
剣道は礼節を身につけ人間の生きる力を育てます

母さん剣士の基本打ち指導

一拍子でメーンデスヨ!

高校剣士も小学生の指導に協力

面に飛び込む2年生剣士

先輩に打ち込む新入の幼児

6年生の剣道体験を聞く後輩達

杖道部発足 練習生募集

修武館門生の森井美津男先生が、毎土曜日午後2時〜4時に修武館道場で指導しています
森井美津男先生の剣歴 杖道 教士8段、居合道 錬士6段 剣道4段

ご気分宜しければ大子山荘にご案内いたしたくぞんじ候

櫻の修武館大子山荘剣道場

桜の下を玄関へ

二階の窓からの景色

菜の花、桜に包まれた道場

久慈川の流れにも山桜

桜満開の国道118号を大子へ

昼飯も満開の桜の店で

最近の活動状況

修武館大子山剣道場稽古会16/6/18-19

江戸川区民剣道大会16/6/5

東京都道場少年剣道大会16/5/8

私の京都大会記16/5/3〜5

チェコ剣道連盟会長インドラ16/4/27〜

高段者稽古会16/4/20

関東小学生剣道練成大会16/4/10

高段者稽古会16/3/23

居合道の活動

元旦初稽古16/1/1

修武館剣道大会15/11/22

居合道審査会15/09/22

チェコの研修生15/7-8

杖道の活動

元旦初稽古16/1/1

修武館剣道大会15/11/22

修武館館長 荻野泰亨 TEL 3672-5775 道場 3658-4238

入門希望、お問い合わせのメールはこちらまで。

このホームページは父母会の川名が作成しました。ホームページに関してはこちらまでご意見をお願いします。
当サイトの掲載内容、画像等についての無断複製および転載はご遠慮願います。

6月以降の予定

5月25日(水)

高段者稽古会 午後7時より 師師範 小笠原範士、中山範士、伊藤教士
剣道専門家の先生の指導稽古を頂き心法.技法を磨きましょう

6月5日(日

江戸川区民剣道大会 9時集合 9時30分開始 江戸川区総合体育館 *修武館の剣道は休みです

6月11日(土

青年部稽古会 午後7時〜9時 指導責任者 錬士六段 小宮英和
*小学高学年、中学生、一般男女

6月18日(土)〜19日(日)

修武館大子山荘剣道場稽古会
大人の門下生の参加を奨励致します。食料準備上5日(水)迄に館長にお知らせ下さい。日曜日参加も歓迎します。
*小岩の修武館剣道場は剣道休みです

6月26日(日

少年剣道父母参観日 父母会総会 合宿説明会 カレーパーティ

*墨東5区剣道大会 墨田区総合体育館

6月27日(月

館長は東京都剣道道場連盟総会の為 5時から代稽古お願いします

7月17日(日)

剣道1級審査会 瑞江中学校体育館 申し込みは、6月8日(水)館長へ

7月18日(祝)

城東5区居合道大会 江東区スポーツ会館

7月26日(火)

全国道場少年剣道大会 小学生大会 監督 藤井4段 小学生選手5名

7月27日(水)

全国道場少年剣道大会 中学生大会 監督 佐瀬5段 中学生選手5名
*日本武道館の第一試合場運営を担当します 係員、佐藤晶、田村、佐藤友、森井

8月5, 6, 7日

少年部合宿を予定しています。協力できる方館長にお知らせ下さい。



剣道は人生の誠の道

母校の校歌に“誠の道を歩みて新たなる明日を築かん”と社会科の吉川慎平先生は、作詞した別れの日に「苦しい時こそ、悲しい時こそ、どんどん燃やせ希望の火!」と黒板に書いた。小学時代から剣道は私の誇りだったが、それを否定した中学教師の苛めにも耐えた。剣道は誠の道を歩むことと私は思う。剣道や日本の文化が世界に評価されている昨今、日々若い命と向き合い誠の道を行き交うは楽しい事だ。人生は至る所に悲しい事も苦しい事の連続だが、忍耐後の達成の喜びを夢見よう。希望の火をどんどん燃やしてみよう!


剣道関連のリンク、当ホームページをご訪問いただいた方々のホームページのリンクです

成蹊大学剣道部:5年前より「多くの剣道人との交流」を目的に開設・運営しているとのこと。剣道サイトを検索して当ホームページを訪問してくださいました。

全日本剣道連盟ホームページです。剣道に関する情報、資料等が載っています。

全日本剣道道場連盟のホームページです。修武館も会員として登録されています。今度修武館ホームページを登録することになりました。

東京都剣道連盟のホームページです。

江戸川区剣道連盟のホームページです。

江戸川防具のホームページです。修武館の会員もお世話になっています。

チェコのプラハにある「プラハ剣友館」のホームページです。以前に来日し、修武館にて居合道を学ばれたヴラジミール・ホトヴェッツ氏からのメッセージです。