ようこそ Crepe Curtain へ!
あなたは当サイト番目のお客様です。
初めてお越しの方は「アバウト」をざっと読んで貰えれば。

web拍手
「←ポチッとおすダケデ 管理人がよろこブ まほうのボタンだヨォ」
「メッセージが送られたら日記で返信なのね」

イベント情報


閉幕。7Fesと合わせて10度目となった多鍵祭でしたが、
今回も見所沢山のイベントだったと感じました(・ω・)
イベントに携わった皆さん、お疲れ様でした!

更新履歴

日記(ログは倉庫へ)

8月15日

という訳で多鍵祭'16が閉幕しました。
久しぶりのイベントである事からか5key譜面の提出も認められたり、
得点報告については従来のBBS型からtwitter型にシフトしたりと、
近年のダンおに界事情を鑑みた運営方針でしたねー。
まあ、なるようになるって事でしょうか!(投げやり

投下作品の中で特にお気に入りだったのは以下の7作品。

ほのぼのハイテンションピアノコンテンポラリー神社.mp4 (nyg27htさん)
P (長月さん)
夏色娘と夜の華 2014Ver (eXisTrace)
オトゲラヴ! (goeさん)
Pioneer (蒼宮あいすさん)
Imprinting (Nandeさん)
失われし超文明の神社.dnb (音ノコギリさん)

ちなみにこれとは別に"制作者単位で"MVPを選ぶなら音ノコギリさんです。
6作品を提出しながらもその全てにEasyを含む複数譜面を搭載と、
色んな方々に幅広く楽しんで貰う努力が素晴らしいと思いました(`・ω・´)

イベント3日目の8月14日にはizkdicさん進行の下でスピードツイスターも開催。
僕は第2回のみの参加となり、結果は2位で銀メダルでした。
決勝戦で惜しくも名捨てさんに敗れてしまいましたが、
敗者復活戦にてチャンスカードで大逆転を果たすなど見せ場は作れたかなと(?)
他の試合を見ていても真剣勝負あり笑いありで、今回も存分に楽しめました!(・∀・)

さて、ここから先はいつも通り(?)自作品のこぼれ話をつらつらと書き綴りましょうー。


星の夢 第三形態 (第3部・投下番号25)

自作品中ではこの作品が最後まで残るかなーと予想していましたが
第三形態だけに第3部にて投下されました(何

譜面だけでなく作品冒頭の演出も概ね好評だったようで何よりです。
演出にて表示される文章は原作ゲームの星の夢戦におけるポーズ画面でのもの。
Susie譜面は第一形態、Haltmann譜面は第二・第三形態ですねー。
提出コメント元ネタも原作ゲームから、星の夢が繰り出す技「デッド・エンド・コード」。
[GO!!]が出るまでに撃破出来ないと、ほぼミスにされる大技「Fatal Error」が飛んできます。
htmlタイトル元ネタは北海道米の「ほしのゆめ」。
カービィとは無関係ですが、我が家では昔よく食べていた馴染みのあるお米です(^o^)

なおロボボプラネット関連楽曲のダンおには他にも2作ほど提出予定でしたが、
楽曲使用を立て続けに断られてしまいこの1作だけとなってしまいました(´・ω・`)
それでもこの作品を通じてロボプラの魅力が十分に伝わってくれたら幸いです。


アスレチック - テクノアレンジ (最終部・投下番号55)

実は前述の楽曲使用不許可の件により急遽制作が決まった作品だったのですが、
まさかの最終部入りを果たしました。怪我の功名と言って良いのやら。

オオドラさんを知るきっかけとなったのは、「アスレチック」同様にニコ動で視聴できる
激突!グルメレース - テクノアレンジ」です。結局はカービィが絡んでいると
電子音のイカした演奏とサビにおける大胆なBPM変化が特徴的なアレンジ。
「アスレチック」とこの曲の2つを聴くだけでも、ニコ動のタグ等で見られる
"オオドラ節"が如何なるものなのかが十分に感じられる事でしょう!

htmlタイトル元ネタは勁文社(ケイブンシャ)より発行のヨッシーアイランド攻略本。
マップが雑な手書きだったりフラワーや赤コインの情報が殆ど載っていなかったり
攻略本としては正直物足りない内容かもしれませんが、
マップの合間合間に描かれている挿絵には笑えるネタが沢山あり遊び心を感じます。
htmlタイトルに採用したのは1-5のもの。アスレチックBGMが流れる最初のステージですね。
他の挿絵ネタについてはこちらのテキストに纏めてみました。
ワタボーとかキューちゃんとかのは当時小学生の僕には分からなかった、うむ(


なついろ アーチ (第2部・投下番号13)

今回の提出作の中では合作も含めて1番最後に作った作品。
締切1週間前と言う事もあり、制作期間だけで見れば比較的さくっと作った感じです。
短い曲長の中で聴こえる音を素直に追うシンプルな構成が似合う事もあり、
ある意味短期間で制作するのに適した選曲だったのかなと。

今回の提出作の中では合作も含めて1番最初に投下されましたが、
イベントのお蔭で普段より色んな人に遊んで貰えるこの喜び、久しぶりに感じましたね(*・ω・*)
また、izkdicさんが1日目の私的MVP(MVW?)に本作を選出してくれました。こちらも感謝です!

ちなみに、Y.Wさんによる季節物楽曲「○○いろ」シリーズは
「はるいろ こみち」「なついろ アーチ」「あきいろ アルバム」「ふゆいろ ドリーマー」
の全4曲。残りの秋と冬も頃合いを見計らってダンおに化と行きたい所存であるっ。


Rainbow Note (第3部・投下番号30)

「虹色アイスティー」名義の合作作品。
あいすさん不参加等の理由で、7chat合作シリーズとしては番外編に。

合作名義は"虹色"の方は言わずもがな楽曲名にちなんだもの、
"アイスティー"の方はメンバー4人の頭文字を繋げて読んだものとなっています。
apoiさんの「a」、izkdicさんの「i」、ショウタの「s」、ティックルさんの「t」、ですね。
没案の中には「虹色乃あいすてぃ4人衆」とか言う覆面的な名義もありました(←
また譜面名の「ツバサ」「ココロ」は楽曲の歌詞中から引用されています。
七茶合作史上初のカタカナ譜面名、歴史に新たな1ページが刻まれましたね!(大袈裟

そして実はですが、Rainbow Noteの他に制作候補として挙がっていた楽曲の中に、
eXisTraceが提出した「夏色娘と夜の華 2014Ver」もありました。
こっちの曲も中々にお気に入りだっただけに制作の機会を逃して結構後悔してますね(