<詰将棋パラダイス>

「海老原辰夫詰将棋手筋集II」を刊行


 この度、「将棋を孫に伝える会」では「海老原辰夫詰将棋手筋集」を「解けてうれしい増刊号」として発行いたしました。
5手詰〜9手詰、合計100問。B7版ポケットサイズ64頁。今回、海老原氏の新題を懸賞出題いたします。正解者の中から抽選で10名様に本書をプレゼントいたします。 

懸賞新題 海老原辰夫氏作 9手詰

懸賞締切日…
平成27年11月末日。 当選者発表はこのHPにて

懸賞応募先…
「将棋を孫に伝える会」 三宅英治 まで
520-0025 大津市皇子が丘2-4-10-505
携帯:090-6678-3012 メール:kaitou6678@yahoo.co.jp

解答・問い合わせは☆こちら☆まで!


海老原辰夫氏について
 詰将棋作家海老原辰夫氏は難解派のイメージが強く、中短編の力作を詰パラ、将棋世界、近代将棋等々に数多くの力作を発表されています。平成24年11月大学院発表の57手詰は同氏としては異色かもしれません。長編作と言うより、構想型の中編力作のように感じます。氏の詰将棋はアマ強豪としての棋力を存分に発揮しての創作と見受けられます。
 あぶり出し曲詰にも力量を発揮されました。平成22年7月号に同人作家記念作としてあぶり出し曲詰「リ」「エ」「コ」の3作を発表して大好評を得ました。同氏が人気女流棋士矢内理絵子さんの少女時代の師匠であることからの趣向でした。

 「将棋を孫に伝える会」では「盤と駒による世代間コミュニケーション」を広く呼びかけ、「将棋ファン」「詰将棋ファン」の底辺拡大のための活動を続けております。「解けてうれしい詰将棋」の発行はその一環です。
 今回の増刊号は子供達への普及に最適な小冊子に仕上がりました。将棋を普及指導されている皆様から多くの子供達に配布頂ければと思います。 

サンプル進呈1冊〒ともに300円。(9冊までは単価200円+送料200円)
10冊以上単価200円(送料込)。50冊以上単価100円(送料込)。


/ 将棋を孫に伝える会 / SINCE 2011 /