●モビリオ図鑑 本館●


by syokubutuzukan



みんなカラ別館  『モビリオ図鑑別館』 最新DIY情報はこちらから

 




●HONDA純正バイキセノン化(バイキセノンプロジェクター化第2弾)<2007年3月編>     日産ムラーノのバイキセノンプロジェクターから、HONDA純正のバイキセノンプロジェクター に換えました。純正の4000k程度のバーナーを使用した場合、、ムラーノのプロジェクターは光がやや黄色いですが、HONDA純正のプロ ジェクターはやや青白くて、明るいです。HIDプロジェクターでも、種類が違うとかなり 色合いが異なり、随分と印象が違います。






















●HIDヘッドライトの移植<2007年2月編>      エルグランドのHIDプロジェクターは、光が比較的黄色いので雨の日に重宝したのですが、明るさに不満を感じましたので取り外しました。代わりに オデッセイのAFS仕様のHIDプロジェクターを移植しました。 同じHIDプロジェクターですが、かなり明るさが違います。このプロジェクターは、黄色の光が出ない構造になっています。従って4100k のバルブでも結構白くなります。またインナー(遮光板)が青く塗装してありますので、 消灯時にはレンズがブルーに見えます。







●HIDフォグの切替  下のフォグも日産エルグランドのヘッドライト内のHIDプロジェクターを移植。他の2セットのフォグもHID化してあります。 上方の光は遮光してありますから、対向車からは眩しくありません。  バンパー両側は65W、その他は60Wにハイワッテージ化してあります。  保安基準では、補助灯は同時に2灯までの点灯。スイッチで切り替えます。 天候が悪い時、イエローHIDはその威力を発揮します。でも降雨時、路面が見やすいのは、Lowアングルの エルグランドプロジェクター(4000K)です。晴れた日のように路面が見え、 雨粒が跳ねる様子も分かります。降雪時に前が見やすいのは、中央のHIDフォグ(4000K)です。   

 









●バイキセノン プロジェクター化 <2007年1月編>HIDはプロジェクターの方が明るいでのDIYしてみました。 Hi/Low切替でないと保安基準に適合しないため、日産ムラーノのバイキセノンプロジェクターを移植。 同時にバラストを65Wにハイワッテージ化してあります。また、光軸調整できるようにDIYしてあります。 4連補助灯の外側のPIAAフォグはH3をHIDに、内側のCIBIEフォグはH4をHIDにそれぞれ改造してあります。   










●ライト改造左右あえて人柱をかねて、車体の右側がハロゲン、左側はHIDのライトを改造致しました。HID用 の方が反射板の改造が簡単でした。プロジェクターの背後に、アルミメッシュを取り付け。配線はモビリオは−(マイナス)コントロールですから、ハロゲン車でも容易に出来ます。HID車では繋ぐだけです。   

 









●DIY改造部品のユーザー車検結果 <2005年11月編> モビリオの最初のユーザー車検を受けました。平成7年の保安基準改正により、DIYの幅がかなり広がりました。 また平成17年の保安基準一部改正により、ドアミラーウインカーが「なるべく左右対称」になったため問題なく合格。3セットの 増設フォグですが、当日、テストセンターや業者の方から「とおらないんじゃないかな」と言われ 多少心配していましたが、 検査官から切り替えスイッチの作動を指示され、切り替えが巧くいった段階で合格でした。 フォグ同様、フォグランプステーも車体からはみ出ておりますが、固定的な取り付けのために問題ありませんでした。 ヘッドライトのクリアウインカーも問題なく通りました。 オーバーフェンダーだけは少し質問されましたが、「両面テープ」での固定を伝えると合格しました。 以下に結果をまとめておきますが、結果的にはすべて合格しました。 蛇足ですが、ホンダ車は多少光軸が甘いためか、テストセンターで光軸あわせをしていたにも関わらす本番では、 右のライトが1回目 不合格でした。少し焦りました。













 
 DIY部品(改造箇所) 車検結果  備考
ヘッドライトのクリアウインカー 化  
ヘッドライトのHID化 純正のHID
HIDハイワッテージ60W化  
CIBIEフォグを増設 4,5,6のフォグの切り換えスイッチ
を増設
PIAA ハロゲン65w増設
ICHIKOのプロジェクターフォグ増設
CIBIEフォグHID化55W 上方の光を遮光
ICHIKOフォグをHID化50W 上方光のを遮光
ウレタンのオーバーフェンダー 固定的な取り付け
10 フォグライトステー 固定的な取り付け
11 ストリームの幅広アームレスト  
12 ドアミラーウインカー  




●DIYのHIDフォグランプ 上段の内側、CIBIEフォグと下段のICHIKOフォグの2組です。上段の外側のPIAAはハロゲンのイエローです。保安基準適合(同時点灯2灯まで)のため切り替えスイッチが増設してあります。下方のフォグはプロジェクターです。 どちらのHIDも55W、50Wにハイワッテージ化してあります。そのために色温度が黄色側に下がっていますので、雨の日はさらに運転しやすいです。 ベロフのSpec LE MANS(約45W)より明るいと思います。











●バラストの改造 モビリオはHIDヘッドライトに三菱のバラストを使用しています。 そのためフォグも同じバラストを利用しました。この裏蓋をはずしますとプリント基板等が見えてきます(下の写真)。 この基板の一部を改造してハイワッテージ化します。純正は35Wですが、今回は50W相当にしました。そ れ以上にも出来ますが、発生する熱のためにバラストが壊れる可能性があります。バラストは2万V以上の高 電圧がかかります。そのために改造には大変に危険をともないます。 また、壊してしまうこともあります。 ちなみにこの改造で数個のバラストを壊しました。






●対向車への幻惑防止上方への光はFDD(フロッピー)のステンレス板を加工して装着し、遮光してあります。 




●オーバーフェンダー ウレタン(ホームセンターで約2000円) を装着。保安基準適合のため両面テープを使用して「固定的な取り付け」にしています






●ドアミラーの自動開閉 リモコンキーのアンロック、ロックで自動で開閉します。遠くからでもドアミラーを見れば、ロックの閉め忘れがすぐ分かります。






●車幅灯とウインカーの増設 ドアミラーウインカーとヘッドライトの上をウインカーにしてあります。同時にドアミラーウインカーは、ヘッドライトの 両端と共に車幅灯にもなります。 保安基準適合のため色はすべてアンバー(オレンジ)です。






●ヘッドライトユニットのHID化 ハロゲンライトをライトユニットごとHID化しました。ハロゲンの配線を、リレーを使わずにHID用にDIYするのがポイントです。 同時にハイワッテージ化しました。ハロゲンライトは光が弱いため焦点が1カ所ですが、HIDは光が強いために焦点を2カ所にして広範囲が 明るくなるようになっています。従って 後付HIDの場合光が1カ所に集まってしまい、配光が悪く、全体が明るくなりません。ですからHID化する場合ライトごと交換した方 がよいと思います。






ストリームの幅広アームレスト
ボルトオンで付きます。幅がぴったしですから、助手席のアームレストにも使えます。畳めるので、ウオークスルーも可かな。










●ストリームの幅広アームレスト とモビリオ純正アームレスト の部品図です。
29番の取り付けボルトは2個必要です。参考にして下さい。
13番 本体アームレスト 8500円  部品番号81180S7AZ41ZB
35番 ワッシャープレイン35円     9410310800
16番15番
    カバーA 250円        81187S2XJ01ZF
    カバーB 250円        81186S2XJ01ZF
17番 ブッシュ 2個 240円     81189S70013
14番 ピンCOMP  1000円    81182S7A003
26番 ナット   110円       90124S2X003
25番 ワッシャーウェーブ 70円    90123S2X003
29番 取り付けボルト 2個 200円  90143S70J21




●純正アームレスト無い場合。
ウレタンの四角形の位置がその内側の四角の金具から微妙にずれています。 注意して下さい。



by syokubutuzukan on Gpz1000RX


モビリオのクリアヘッドライト作製手順


     

















































右側ヘッドランプの作製