第52回東北六県将棋大会特集
今年で52年目をむかえる東北六県将棋大会。
各県のトップ3人が団体戦を組み、競技しあう東北最大の歴史あるイベントです!
今年、平成20年は7月5日(土)6日(日)に山形県山形市「山形メディアタワー」で開催されました
審判長 鈴木大介八段
副審判長 松尾香織女流初段、安食総子女流初段


大会結果

大会中の写真 将棋ファンの二重丸予想 第52回東北六県将棋大会掲示板
(連絡、応援メッセージなどお気軽にどうぞ)

大会後の反省会

大会の模様のビデオ 優勝県予想投票! 東北六県将棋大会全国版掲示板
(将棋パイナップル様より)

県名
(北から)
出場箇所 選手名 選手の写真 段位 職業 年齢 出場回数 東北六県大会の通算勝敗、(勝率)、個人戦優勝 選手紹介 選手ご本人の決意表明 監督
青森県 大将 三浦 行
(みうらこう)
五段 会社員 35歳 4 6勝9敗
(0.400)
今年度青森県名人
アマ竜王宮城県代表1回

赤旗名人戦宮城代表4回
元東北学生名人2期
大事なところで勝ってチームの優勝に貢献します! 奈良岡実
(ならおかみのる)
副将 田村純也
(たむらじゅんや)
四段 会社員 29歳 5 11勝9敗
(0.550)
副将戦優勝1回
今年度青森県王将 -
先鋒 中川慧梧
(なかがわけいご)
五段 岩手高1年 16歳 3 7勝3敗
(0.700)
先鋒戦優勝1回
今年度青森県有段者選手権者
昨年度東北大会先鋒戦全勝優勝
-
秋田県 大将 堀井邦明
(ほりいくにあき)
四段 自営業 54歳 10 27勝18敗
(0.600)
大将戦優勝2回
今年の全県将棋大会で連覇、6回目の優勝を飾る(アマ名人戦県代表)。昨年の全日本アマ名人戦ベスト8。趣味はと金づくり 昨年の大会を上回る成績を残したい。 山崎将明
(やまざきまさはる)
副将 佐藤弘康
(さとうひろやす)
四段 公務員 31歳 初出場 今年の全県選抜将棋大会で初優勝。昨年の朝日アマ秋田県代表で今年の支部名人戦でも県代表。実力者がようやく本大会初出場。 全敗しないように頑張ります。
先鋒 小松 亨
(こまつとおる)
- 四段 会社役員 47歳 2 2勝3敗
(0.400)
今年の全県選抜将棋大会で準優勝。過去、朝日アマ名人戦、支部名人戦、赤旗名人戦など全国大会出場多数。青森の田村氏と対戦できなくて残念がっている 強いて言えばチームに迷惑をかけないように。
岩手県 大将 岩泉 毅
(いわいずみつよし)
五段 岩手高3年 17歳 3 5勝5敗
(0.500)
副将戦優勝1回
昨年の副将戦優勝者。GWのR選手権全国大会では強豪を連破して勝ち越し。ここ1年の主要県大会で優勝4回、成績32勝3敗という、岩手の看板選手 自分の力を出し切り、悔いのない将棋を指したい 土橋吉孝
(どばしよしたか)
副将 米沢佑太
(よねざわゆうた)
五段 会社員 25歳 3 6勝4敗
(0.600)
大将戦優勝1回
昨年の大将戦優勝者。数少ない出場大会でしっかり結果を出す。持ち前の手厚さに加え、最近は積極性が増してきた 団体戦優勝に貢献できるよう頑張りたい。
先鋒 小山怜央
(こやまれお)
三段 釜石東中3年 15歳 初出場 昨年の朝日アマで初の県代表、以後上位入賞の常連に。相手を圧倒する、決断の早い攻め将棋が特徴 初めての6県大会ですが、全力で頑張ります。
山形県
大将 伊藤靖浩
(いとうやすひろ)
四段 会社員 40歳 初出場 千葉大OB。今年度山形県名人、県最強位。過去県赤旗名人、支部名人、北海道竜王、銀行名人獲得。王様を固めてからのするどい攻めの棋風は、その安定感と合わせて県内でも脅威となっている 久々の団体戦なため、迷惑をかけないように頑張ります。 花輪正明
(はなわまさあき)
副将 佐藤 智
(さとうあきら)
三段 会社員 40歳 初出場 ここ数年、県内でも最も力をつけた人。今年度山形県選手権者、準最強位。攻めの強烈さにしぶとさと安定感が加わった今年の東北六県大会でも大暴れするか どちらの人が負けている時に勝つよう頑張ります。
先鋒 鈴木光明
(すずきみつあき)
五段 自営業 47歳 6 12勝13敗
(0.480)
出場回数6回目の山形県棋界の兄貴分的存在。オールラウンドプレイヤーの実戦派。前回地元開催時、及び第50回5人制時の優勝メンバー とにかく一生懸命指します。
宮城県 大将 菊田公毅
(きくたこうき)
五段 会社員 25歳 初出場 現宮城将棋界最強! オールラウンドプレイヤー。平成20年度R大会、県竜王戦優勝、平成19年朝日アマ全国大会準優勝 全勝を目指して個人優勝とチームの優勝を目指したい。 加部康晴
(かべやすはる)
副将 浅野翔平
(あさのしょうへい)
四段 仙台市立富沢中3年 14歳 初出場 準優勝はもう卒業だ!振り飛車党。平成19年中学王将戦準優勝、平成18年アマ王将戦南東北大会準優勝 まずは1勝を目指し、チームの優勝に貢献したい。
先鋒 平泉丈志
(ひらいずみたけし)
五段 会社員 34歳 4 8勝7敗
(0.533)
将棋の陰陽師! 居飛車正統派。大将戦、先鋒戦3位各1回、県アマ名人戦、アマ王将戦代表各1回 初日の連敗はさけて、チーム優勝を目指す。
福島県 大将 佐野尚史
(さのたかし)
五段 会社員 24歳 3 5勝5敗
(0.500)
岩手県出身で新潟大OB
今年の県王将戦で優勝
元全国高校竜王(平成14年)
県代表として恥ずかしくない将棋を指したいと思います。 吉田俊哉
(よしだとしや)
副将 村越孝一
(むらこしこういち)
五段 自営業 46歳 9 17勝23敗
(0.425)
山形大OB
今年の県代表者決定戦で優勝
福島県HPの管理人
六県大会を楽しみたい。
先鋒 目黒 丈
(めぐろじょう)
三段 会津学鳳中1年 13歳 初出場 今年の県王将戦・県竜王戦で準優勝
県代表者決定戦でも準優勝
県下若手ナンバーワンの成長
本県代表に恥じないよう、不得意な部分を克服して東北大会に臨みたい