資料438 中根東里の経歴(『下田の栞』による)
  
 

 

中根東里の経歴を、大正3年に発行された『下田の栞』(下田己酉倶楽部発行)
よって紹介します。

 
お断り: 表記は、常用漢字を用いる、送り仮名をふやす、など、一部変えたところがあります。
     また、振り仮名も多くは省略し、振り仮名の仮名遣いも現代仮名遣いにしました。

 


 

 

中根東里  
名は若思
(じゃくし)、字(あざな)は敬夫、東里は其の号、通称 貞右衛門。元禄七年を以て生まる。父、名は重勝、字は子義、武濱と号す。三河の人。延宝中、伊豆に遊び、遂に当地に移住し、浅野氏を娶り、五男一女を生む。東里弟 孔昭(こうしょう)(字は叔徳、号は鴨居)及び一女 克の外、夭折す。重勝、農桑(のうそう)を業とし、兼ねて医を善くす。東里 十三、父を喪(うしな)(正徳三年十一月二十九日、六十七歳。本覚寺に葬る)、母に事(つか)へて孝謹なり。母、父の冥福を修めしめんと欲し、東里に命じて僧とならしめ、土地の一禅寺に入(い)り、薙髪(ちはつ)して證圓(証円)と曰ふ。後、宇治の黄檗山(おうばくさん)に登り、悦山禅師に師事す。東里、書を好む。されども、禅宗の課業、もと博く群書を読むを許さざるを以て、竊(ひそか)に寺を出でて東都に往(ゆ)き、下谷蓮光寺に寓し浄宗の学を究め、遍(あまね)く経典を読む。寺主・雄誉、徂徠と交りあり。東里の明敏、衆に異なるを愛し、就いて儒学を学ばしむ。徂徠、亦之(これ)を奇賞す。名声漸く都下に聞こゆ。東里、寺にあること数年、一日疾(やまい)に嬰(かか)り、仏殿の後房(こうぼう)に偃臥(えんが)し、偶(たまたま)几上(きじょう)の書を取りて之(これ)を翻閲(ほんえつ)するに、孟子浩然の気の章なり。東里、反覆之(これ)を読み、慨然として僧の道にあらざるを知り、始めて還俗(げんぞく)の志あり。遂に郷里に帰り、之(これ)を母氏(元文三年四月十八日、浦賀に卒す。年七十一。顕正寺に葬る)に請ふ。母、許さず。伯父某、頗(すこぶ)る学識あり。切に之が為に説く。即ち許さる。東里、大いに喜び、又江戸に出でて之を雄誉に謀(はか)る。上人亦鑒識あり。その意に任せて髪を寺中の別舎に蓄へしむ。東里、之より刻苦書を読み、復た事によりて徂徠と隙(げき)あり。且つ其の学説に疑いを生じ、論を著はして之を駁す。後、鳩巣の学を慕ひ、贄(し)を執つて之に師事す。時に享保元年正月、年二十三、東里、鳩巣に従ひ加賀にあること二年、享保三年、還りて江戸八丁堀に居ること一年、又去りて鎌倉に之(ゆ)き、鶴岡廟前に居る二年、其の間、弟叔徳と共に木履(ぼくり)を鬻(ひさ)ぎて以て衣食す。適(たまたま)同居の者病む。貧にして薬餌(やくじ)を供するなし。東里、盡(ことごと)く経籍(けいせき)衣服を典売(てんばい)して之に資す。幾(いくばく)もなく又東都に遊び、弁慶橋の畔(ほとり)に僑居(きょうきょ)して、諸生を教授し、常に退落を甘んじ、当時の名家と頡頏(きっこう)するを欲せず。資用乏しければ糸針(ししん)の類を市に鬻(ひさ)ぎ、又竹皮履を造りて之を售(う)り、僅かに数日の費銭(ひせん)を得れば、乃(すなわ)ち戸を閉ぢて書を読み沈黙自重、従游(しょうゆう)の士の外、妄(みだり)に人に接見せず。時人呼んで皮履(ひり)先生といふ。一日、某あり。王陽明全書を進む。東里、もと之を慢(あなど)り偃臥(えんが)して読む。其の致知格物知行合一(ちにいたしてものをただせばちぎょうごういつす)の説に至り、肅然、容を改めて曰く、孔門伝受の心法、一(いつ)に此(ここ)にあり、何ぞ之(これ)を読むことの晩(おそ)きや、と。之より王学に帰す。享保年間、下毛植野(しもつけ・うえの)に遊び、伝習録を金信甫(こんしんぽ)が家に講ず。延享年中、上毛仁田(こうづけ・にんだ)に遊び、高克明(こうこくめい)が家に客(かく)たり。東里、頗る曠野の淸閑を愛し、都会の煩喧(はんけん)を厭ふ。遂に居を下毛(しもつけ)天明郷(てんめいごう)に移し、茅屋(ぼうおく)を作り、知承庵と名づけ、専ら王学を唱へて子弟を教ふ。闔境(こうきょう)、之(これ)が為に化し、婦人小児と雖も皆其の名を知る。晩年多病なるを以て親戚によつて老を養はんと欲し、宝暦十二年浦賀に往(ゆ)いてここに居り、大人歌(だいじんうた)及び人説(ひとのせつ)を作り、天地万物一体の義を明らかにす。東里、死期の迫れるを知り、十二年冬、自(みずか)ら東岸の地を擇んで墓石を建て、天命を待てり。明和二年二月七日、浦賀に卒す。年七十二。顕正寺先妣(せんぴ)の墓側に葬る。東里、妻子なし。門人藤梓(とうし)を以て嗣とす。著はす所、新瓦(しんが)一編の外遺編なし。門人須藤温、其の詩文を輯(あつ)めて東里遺稿一巻とし、後又下毛の服部政世、其の書牘(しょとく)及び雑文を纂(あつ)めて東里外集一巻を作る。東里、学深く詩文に巧みなりしも、晩年道学に志してより、往時作る所多くは之を焼棄せるを以て、今遺るもの甚だ稀なるは惜しむべし。其の新瓦(しんが)及び天明郷菅神廟碑(かんしんびょうひ)、相州鶴岡祠堂記の如き、実に千歳得易からざるの名文にして、栗山(りつざん)、精里、錦城の徒、皆口を極めて之を激賞し、慶元以来稀有絶無の文と称せり。東里、資性狷介(しせい・けんかい)、寡黙、高潔、自ら持して苟(いや)しくも世に容れらるを求めざりしを以て、頗(すこぶ)る人に憚(はばか)られ、其の名大いに聞ゆるに至らざりしも、人格高遠、道義の念深く、真摯懇惻(しんし・こんそく)の情甚だ厚かりき。其の天明郷にあるや、弟叔徳、幼女芳子を携へて相模より来(きた)り、之を東里に託す。芳子、時に年僅かに四歳、未だ教ふべからず。是を以て東里、一篇教訓の書を作り、新瓦(しんが)と題し、鳥獣を其の端に畫(えが)き、飾るに朱線を以てし、之を芳子に与へて弄(もてあそ)ばしめ、其の遂に之を読むの期あらんを庶幾(しょき)せり。其の幼女を教へんとする情の切なる、殆ど予想の外(ほか)に出づ。東里、又幼より親に仕へて至孝なり。父重勝、善く飲む。出づる毎に家に帰ること晩(おそ)し。東里、常に燭を挑(かか)げて之を迎ふ。一日、父泥酔す。東里往(ゆ)いて之を迎ふれども、父其の東里なるや否やを知らず。大いに之を罵り、樹下に倒れて睡る。因りて之を扶持すれども起きず。時に盛夏、蚊軍(ぶんぐん)群り襲ふ。東里、乃(すなわ)ち馳せ反りて幮(かや)を家に取る。しかも、母の安んぜざるを恐れ、父某の家に宿(しゅく)するも今夜偶(たまたま)酔客(すいかく)多くして余幮(よちゅう)なきが為、之を取りて児と一宿して帰ると称し、父の睡れる処に到り、幮(かや)を樹間に結び、徹宵(てっしょう)看護し、睡(ねむり)の覚むるを竢(ま)つて、扶けて家に帰る。郷人(きょうじん)皆其の孝を賞す。(井上哲次郎著『日本陽明派の哲学及日本倫理彙編』)

 

 

 

中根東里系図
            

 

 


 
   (注) 1. 上記の「中根東里の経歴」は『国立国会図書館デジタルコレクション』所収の『下田の栞』(下
         田己酉倶楽部、大正3年8月31日発行)によりました。
              
『国立国会図書館デジタルコレクション』 → 『下田の栞』(41~42/110)
        2. 『下田の栞』が依拠したという井上哲次郎著の『日本陽明派の哲学』は、正しくは『日本陽明学
         派之哲学』(冨山房、明治33年10月13日発行)で、これは『国立国会図書館デジタルコレクション』
         
の中に入っていて、画像で見ることができます。(『
日本倫理彙編』は未見。
            『国立国会図書館デジタルコレクション』
 → 日本陽明学派之哲学』(170~184/338)
        3. 本文の後半に「其の遂に之を読むの期あらんを庶幾(しょき)せり」とありますが、原文は「庶幾」
         が「庶期」となっています。誤植とみて改めてあります。
        4. 本文中に、「東都に往
(ゆ)き、下谷蓮光寺に寓し浄宗の学を究め、遍(あまね)く経典を読む。
         寺主・雄誉、徂徠と交りあり。東里の明敏、衆に異なるを愛し、就いて儒学を学ばしむ。徂徠、
         亦之
(これ)を奇賞す」とある、蓮光寺の寺主・雄誉について、磯田道史氏は『無私の日本人』
         の中で、「明治以後、東里についてふれた諸書はこの僧の名を「雄誉上人」としているが、こ
         の年、雄誉はすでに世を去っている。慧岩
(えがん)のことを誤り伝えたものと思われる」として
         おられます(同書、177頁)。
        5. 中根東里の字について
          上の本文に、中根東里の字(あざな)が「敬夫」とありますが、これはこの本文が拠った井上
         哲次郎の本が「敬夫」としてあることに依るものと思われます。
          ところで、郷土史散歩・石井昭著『ふるさと横須賀』というサイトに、
「中根東里『清貧で学問に
         
はげむ』」というページがあり、そこに、顕正寺にある東里の墓石には、正面に「東里居士墓」、
         裏面に東里自身の筆で「居士姓中根、諱若思、字敬父、亦孫平、伊豆人也」とある、とあります。
          これによれば、「敬父」が正しいことになりますが、あるいは東里自身が「敬夫」という文字を
         使ったこともあるのでしょうか。(このことについて、ご存知の方がおられましたら、ぜひ教えて
         いただきたいものです。
2012年12月27日) 
        6. 佐野市のホームページに、佐野市指定文化財「中根東里学則版木」のページがあります。
            
佐野市ホームページ → くらしの情報 → 文化・伝統 → 佐野市指定文化財「中根東里学則版木」
        7. 磯田道史著『無私の日本人』(文藝春秋、2012年10月25日初版第1刷発行)に、穀田屋十
         三郎、大田垣蓮月とともに、中根東里が取り上げられています。
          この「中根東里」は、『文藝春秋』2010年(平成22年)2月号から4月号まで、3回にわたって
         連載された、磯田道史氏による「新代表的日本人」の連載第1回の「中根東里」を再録したもの
         です。単行本に再録するに当たって、部分的な修正と末尾に書き加えた文があります。 
        8. 磯田道史氏が触れておられる、
粂川信也・編著『東里遺稿解』は、栃木県立図書館に収蔵さ
         れています。
             
栃木県立図書館 → 資料検索」欄に「東里遺稿解」と入力して検索
                                
→ 粂川信也・編著『東里遺稿解』(1974年)
        9. 『黒船写真館』というブログに「浦賀に眠る陽明学者 中根東里」というページがあって参考に
         なります。
       10. 『豆の育種のマメな話』
(北海道と南米大陸に夢を描いた育種家の落ち穂拾い)というブログに、「伊豆下
         田生まれの儒者、清貧に生きた天才詩文家「中根東里」」というページがあり、中根東里の経歴
         が簡潔にまとめてあって参考になります。
(2013年2月10日)       
       11. 資料437に「中根東里「学則」」があります。

       12. 資料439に「中根東里の「壁書」」があります。
       13. 資料440に
「中根東里(『尋常小学修身口授書』巻の三より)」があります。
       14. 資料441に「〔中根東里〕竹皮履先生と壁書(『通俗教育 逸話文庫』巻の三より)」があります。
       15. 資料442に「中根東里(『先哲叢談 後篇』より)」があります。

       16. 資料443に「中根東里(『近古伊豆人物志』より)」があります。
        17. 資料445に「中根東里(『日本陽明学派之哲学』より)」があります。 
       18. 資料446に「中根東里(『日本陽明学派之哲学』より・傍点部分を表記)」があります。 
         れています。
 




                                   
トップページ(目次) 前の資料へ 次の資料へ