資料42 夏目漱石 『吾輩は猫である』 冒頭
 


            
吾輩は猫である (冒頭)          夏   目 漱 石
 

 

  吾輩は猫である。名前はまだ無い。
 
どこで生れたか頓(とん)と見當がつかぬ。何でも薄暗いじめじめした所でニヤーニヤー泣いて居た事丈は記憶して居る。吾輩はこゝで始めて人間といふものを見た。然(しか)もあとで聞くとそれは書生といふ人間中で一番獰悪(だうあく)な種族であつたさうだ。此書生といふのは時々我々を捕(つかま)へて煮て食ふといふ話である。然し其當時は何といふ考(かんがへ)もなかつたから別段恐しいとも思はなかつた。但(たゞ)彼の掌(てのひら)に載せられてスーと持ち上げられた時何だかフハフハした感じが有つた許(ばか)りである。掌の上で少し落ち付いて書生の顔を見たのが所謂(いはゆる)人間といふものゝ見始(みはじめ)であらう。此時妙なものだと思つた感じが今でも殘つて居る。第一毛を以て装飾されべき筈の顔がつるつるして丸で薬罐(やくわん)だ。其後猫にも大分逢つたがこんな片輪には一度も出會(でく)はした事がない。加之(のみならず)顔の眞中が餘りに突起して居る。そうして其穴の中から時々ぷうぷうと烟(けむり)を吹く。どうも咽(む)せぽくて實に弱つた。是が人間の飲む烟草(たばこ)といふものである事は漸く此頃(このごろ)知つた。
 
此書生の掌の裏(うち)でしばらくはよい心持に坐つて居つたが、暫くすると非常な速力で運轉し始めた。書生が動くのか自分丈(だけ)が動くのか分らないが無暗に眼が廻る。胸が惡くなる。到底助からないと思つて居ると、どさりと音がして眼から火が出た。夫迄(それまで)は記憶して居るがあとは何の事やらいくら考へ出さうとしても分らない。
 
ふと氣が付いて見ると書生は居ない。澤山居つた兄弟が一疋(ぴき)も見えぬ。肝心の母親さへ姿を隱して仕舞つた。其上今迄の所とは違つて無暗に明るい。眼を明いて居(ゐ)られぬ位だ。果てな何でも容子(ようす)が可笑(をかし)いと、のそのそ這ひ出して見ると非常に痛い。吾輩は藁(わら)の上から急に笹原の中へ棄てられたのである。
 漸くの思ひで笹原を這ひ出すと向ふに大きな池がある。吾輩は池の前に坐つてどうしたらよからうと考へて見た。別に是
(これ)といふ分別も出ない。暫くして泣いたら書生が又迎(むかひ)に來てくれるかと考へ付いた。ニヤー、ニヤーと試みにやつて見たが誰も來ない。其内池の上をさらさらと風が渡つて日が暮れかゝる。腹が非常に減つて來た。泣き度(た)くても聲が出ない。仕方がない、何でもよいから食物(くひもの)のある所迄あるかうと決心をしてそろりそろりと池を左りに廻り始めた。どうも非常に苦しい。そこを我慢して無理やりに這つて行くと漸くの事で何となく人間臭い所へ出た。此所(こゝ)へ這入つたら、どうにかなると思つて竹垣の崩れた穴から、とある邸内にもぐり込んだ。縁は不思議なもので、もし此竹垣が破れて居なかつたなら、吾輩は遂に路傍に餓死したかも知れんのである。一樹の蔭(かげ)とはよく云つたものだ。此垣根の穴は今日(こんにち)に至る迄吾輩が隣家(となり)の三毛(みけ)を訪問する時の通路になつて居る。偖(さて)(やしき)へは忍び込んだものゝ是から先どうして善(い)いか分らない。其内に暗くなる、腹は減る、寒さは寒し、雨が降つて來るといふ始末でもう一刻も猶豫が出來なくなつた。仕方がないから兎に角明るくて暖かさうな方へ方へとあるいて行(ゆ)く。今から考へると其時は既に家(いへ)の内に這入つて居(を)つたのだ。こゝで吾輩は彼(か)の書生以外の人間を再び見るべき機會に遭遇したのである。第一に逢つたのがおさんである。是は前の書生より一層亂暴な方で吾輩を見るや否やいきなり頸筋(くびすじ)をつかんで表へ抛(はふ)り出した。いや是は駄目だと思つたから眼をねぶつて運を天に任せて居た。然しひもじいのと寒いのにはどうしても我慢が出來ん。吾輩は再びおさんの隙(すき)を見て臺所へ這ひ上(あが)つた。すると間もなく又投げ出された。吾輩は投げ出されては這ひ上り、這ひ上つては投げ出され、何でも同じ事を四五遍繰り返したのを記憶して居る。其時におさんと云ふ者はつくづくいやになつた。此間おさんの三馬(さんま)を偸(ぬす)んで此返報をしてやつてから、やつと胸の痞(つかへ)が下(お)りた。吾輩が最後につまみ出され樣としたときに、此家(このうち)の主人が騷々しい何だといひながら出て來た。下女は吾輩をぶら下げて主人の方へ向けて此宿なしの小猫がいくら出しても出しても御臺所へ上つて來て困りますといふ。主人は鼻の下の遒ぬ咾鯒(ひね)りながら吾輩の顔を暫く眺めて居つたが、やがてそんなら内へ置いてやれといつたまゝ奥へ這入つて仕舞つた。主人は餘り口を聞かぬ人と見えた。下女は口惜しさうに吾輩を臺所へ抛り出した。かくして吾輩は遂に此家(うち)を自分の住家(すみか)と極(き)める事にしたのである。
 

 

 

 

 

 

 (注) 1. 本文は、岩波書店版『漱石全集』第1巻(昭和40年12月9日発行)によりました。
      原文はもちろん縦書きです。
     2. 原文の「じめじめ」「ニヤーニヤー」「フハフハ」「つるつる」「ぷうぷう」「のそのそ」
      「さらさら」「そろりそろり」「つくづく」の繰り返し部分は、それぞれ「く」を縦に長く
      伸ばした形の繰 り返し符号(「つくづく」は濁点付き)が用いられています。
         3. 「煮て食ふ」の「煮」は、「者」の下に「火」という漢字が用いられています。
         4. 全集原文は総ルビですが、ここでは主なものだけに( )を付けて読みを示し、他
      はルビを省略しました。
      5.  なお、『吾輩は猫である』を電子図書館「青空文庫」で読むことができます。
          → 新字・新かな『吾輩は猫である』
          → 旧字・旧仮名『吾輩ハ猫デアル』
     6.
 国立国会図書館の『近代デジタルライブラリー』に、大正7年に発行された『漱石
      全集 第1巻』(吾輩は猫である)があり、それを映像で見る(読む)ことができます。
       
 (『漱石全集 第1巻』(吾輩は猫である)、漱石全集刊行会・大正7年1月1日発行)
     7. 資料322に「夏目漱石の「猫の死亡通知」(はがき)」があります。
     8. 東北大学附属図書館のホームページに、「夏目漱石ライブラリ」があります。
     9. 上記の 「夏目漱石ライブラリー」には、「漱石文庫データベース」があります。
    10. 同じ東北大学附属図書館のホームページには、夏目漱石旧蔵書(東北大学
         「漱石文庫」を含む)について言及している文献を収集したもので、該当部分の
        記事を抜粋して収録した「漱石文庫関係文献目録」もあります。      
     11. 「ウェブ上の夏目漱石」という、漱石関連の情報を集めたページがあります。
     12.
『倫敦<ロンドン>漱石記念館』というホームページもあります。
    13. 『ぶらり重兵衛の歴史探訪2』というサイトの「会ってみたいな、この人に」(銅
       像巡り・銅像との出会い)に、新宿区早稲田南町の漱石公園(漱石山房跡)に
       ある「夏目漱石の胸像」の写真や、漱石誕生の地の紹介などがあります。
    14.資料322に「夏目漱石の「猫の死亡通知」」があります。
    15.
資料384に「ホフマンの「牡猫ムルの死亡通知」」があります。
    16.資料392に「藤代素人「夏目君の片鱗」」があります。


                 



    
                                              

 

              トップページ(目次)  前の資料へ  次の資料へ