資料355 詰将棋の規則(詰将棋のルール)

 


     
詰将棋の規則(詰将棋のルール)   

 

 

  

詰将棋を解いてみて、気づいた詰将棋の規則(詰将棋のルール)について書いてみました。
専門的な事項は、別のサイトを参照していただくとして、ここにはごく普通の規則を記載して
あります。 (お気づきの点をお知らせください。)

 

 

 


1.攻め方から指し始め、王手の連続で詰めること。 
2.攻め方は、最短手数で詰めること。
3.玉方は、手数が最も長くなる最善の指し手で逃げること。
4.盤面及び持ち駒以外の余り駒は、王の駒を除いてすべて玉方の持ち駒であり、合駒
 として使用することができる。
5.攻め方の最終手が複数のどの駒で取っても詰む場合は、位の高い方の駒で取るの
 が、玉に対する礼儀である。
(飛角金銀桂香歩の順。例えば、「▲2一金」でも「▲2一龍」でも、どちらでも詰む場合は、「▲2一龍」で詰める、ということ。)
  なお、このことは大山15世名人の本(『実戦に強くなる詰将棋100』
(日本文芸社、平成7年12月
  20日発行)
にあったものですが、同書10頁の「◎詰将棋の規則」の8番目に、「一、攻め方
 最後どの駒で取っても詰みのときは、位の高い方の駒で詰めること。(飛角金銀桂香歩の
 順)」とあります。
  (なお、大山名人のこの規則には、「玉方最後どの駒で取っても詰みのときは、位の高い
  方の駒で取ること。(玉飛角金銀桂香歩の順)」ともあります。これは、例えば、玉方△2二
 同玉、△2二同馬のどちらでも次の一手で詰みという場合、どちらも正解だが、位の高いほ
 うの駒で取るということで、△2二同玉のほうを取る、ということです。私には、この場合はむ
 しろ逆に、位の低いほうの駒で取ったほうがよいようにも思われますが、如何なものでしょう
 か。)
(2013年5月23日、一部書き直しました。)
     ※ 上に、「なお、大山名人のこの規則には、「玉方最後どの駒で取っても詰みのときは、位の高い方の駒で
     取ること。(玉飛角金銀桂香歩の順)」ともあります」と書きましたが、今までこの「(玉飛角金銀桂香歩の順)」
     を「(飛角金銀桂香歩の順)」と、「玉」を書き落としていました。どうも済みませんでした。(2013年11月6日)

6.その他、指し将棋の規則がすべて適用される。(例えば、二歩・打ち歩詰め・行き場所
 のない駒の禁じ手など。)

7.千日手は、正解とはならない。
8.正解手順は一つしかないのが原則であるが、
  a.正解手順が二つ以上ある場合は、持ち駒の余らない方を正解とする。
  b.正解手順が二つ以上あって、どちらも持ち駒が余らない場合は、いずれも正解と
  する。
9.合駒をする場合、無駄な合駒はしないこと。
  無駄な合駒とは、その合駒がすぐ取られて、合駒をしなかったのと同じ結果になる場
 合や、単に2手延びるだけの合駒をいう。

        
*  *  *  *  *  *  *  *

 ☆ 指し手の表記の仕方について
  
(これは詰将棋に限ったことではありませんが、参考までにいくつか記しておきます。詳しくは、『日本
  棋院』のホームページにある「棋譜の表記方法」(注6)等を参照してください。)

  〇 同じ駒の左右について 
  駒の左右の表記は、それぞれ玉方、攻め方から見ての左右です。
  例えば、玉方の駒に△4一金、△6一金と二つの金があって、△6一金を△5二金と
 動かす場合、「△5二金右」とする。(玉方から見て「右の金」の意。)
  同様に、攻め方の駒に▲2四金、▲4四金と二つの金があって、▲4四金を▲3三金
 と動かす場合、「▲3三金左」とする。(攻め方から見て「左の金」の意。)

  〇 到達地点(指そうとする場所)に複数の同じ駒が動ける場合、どの駒が動いたのか
 を明示するために、次のように表記します。(
到達地点(指そうとする場所)に動ける同じ駒が
  ない場合は、必要ありません。)

  A. 同じ駒がそれぞれ到達地点の上下に分かれている場合
    上の段に上がる時は、「上」と書く。
(例、「▲3五飛上」。この「上」を「行」と書く人もある。)
    下の段に下がる時は、「引」と書く。
(例、「▲3五飛引」)
     (例えば、攻め駒に▲3二馬と▲3四馬とがあって、▲3四馬を▲2三馬と動かす場合は「▲2三
     馬上」、▲3二馬を動かす場合は「▲2三馬引」とする。)

  B. 同じ駒がどちらも到達地点の上方か下方の一方に偏っている場合、
    
a.それぞれの駒が違う段にある場合は、「左」「右」と書く。(「上」「下」は不要。
      例、「▲3四銀右」)

    
b.同じ段に2枚の同じ駒がある場合は、上がる時も下がる時も、横に動く時
     も、「左」「右」と書くが、金、銀、及び龍・馬を除く成り駒が横に2枚以上並ん
     でいる場合で、1段まっすぐ上に上がる時は、「直」と書く。
(直=すぐ。例、「▲5二
      金直」)
  C. 同じ段に横に動く駒が1枚だけしかない場合は、「寄」と書く。(例、「▲4二飛寄成」
    「▲3三金寄」)
     (例えば、攻め駒に▲2二飛と▲4五飛とがあって、▲2二飛を▲4二飛成とする場合は、「▲4二
     飛寄成」とする。攻め駒に▲2三金と▲3二金とがあって、▲2三金を▲3三金と横に動かす場合
     も、同じように「▲3三金寄」とする。)
  D. 同じ段に2枚の同じ駒がある場合は、上がる時も下がる時も、横に動く時も、
   すべて「左」「右」と書き、「上」「下」「寄」は省略する。
     ただし、金、銀、及び龍・馬を除く成り駒が横に2枚並んでいる場合で、1段まっ
   すぐ上に上がる時は、「直」と書く。
(直=すぐ) (例、「▲5五金直」)
  〇 合駒について
   例えば、金を合駒にする場合は「△〇〇金合」と書く。どの駒を合駒にしても同じ
  場合は「△〇〇合」と書き、駒の種類を明示する必要はない。
  〇 「成」「不成」の表記について
  攻め方の駒が玉方の陣地に入って駒が成る場合は、「▲〇〇飛成」などと書き、
 成らない場合は「▲〇〇飛不成」などと明示する。
 
 (例えば、もし攻め方の駒が「▲3二角」「▲3四角」であって、▲3二角を▲2三角成と動かす場合は、
   「▲2三角引成」と書く。角が▲2三角不成と成らない場合は、「▲2三角引不成」と書く。)

  〇 「打」の表記について
  例えば、金を打とうとする場所に、そこへ動かすことのできる盤面の自分の金が他
 にある場合は、「▲〇〇金打」と、「打」を書く必要がある。そうしないと、盤面の金を
 動かしたともとれるので、正解とはならない。

 ☆  作者の意図
  詰めの手順が複数ある場合、問題の作者の意図を汲んで、作者の意図した解答
 をすることが望ましい、あるいはそれが正しい態度だ、という意見があるようです。
  
例えば、大山15世名人の『実戦に強くなる詰将棋100』にも、「△3二玉のところ△3四
 同歩は▲4四金以下同手数で詰むが、詰め方に妙味がない」
(196頁)として、△3二玉を
 取っておられます。これは、△3二玉が作者の意図する詰め手順だ、ということでしょう。

                                          
(2011年1月12日記)  

 

  (注)  1. 上記の「詰将棋の規則(詰将棋のルール)」を書くにあたって、次の参考書や『日本
        将棋連盟』のホームページの「棋譜の表記方法」等を参考にさせていただきました。
          村山隆治著『詰将棋手筋教室─基本テクニックオールガイド─
                            (毎日コミュニケーションズ、2000年6月30日第1刷行)
  
      
    大山康晴著『実戦に強くなる詰将棋100』(日本文芸社、平成7年12月20日発行) 
       2. 「2手手数が長くなっても持ち駒が余る場合は、2手手数が短くなっても攻め方に
         駒が余らないように玉が逃げるのを正解とする」というルールもあるようですが、こ
         れは詰将棋の本筋から見た場合、如何なものでしょうか。
       3. ネット上に、詰将棋のルールを解説したページがいろいろ見られます。そのうち
        のいくつかを次に紹介しておきます。
          フリー百科事典『ウィキペディア』の
「詰将棋」の項
          
『詰将棋パラダイス』の中の「詰将棋のルール」
          
『将棋タウン』「詰将棋専門学校」の中の「詰将棋のルール」
       4. 俗に
「綿貫既規約」と呼ばれる、全日本将棋連盟が1963年に発表した「詰将棋規
         約 草案」が、
『温故知新』というサイトに掲載されています。興味のある方はご覧
         ください。
       5.
『詰将棋メモ』というサイトがあって、参考になります。
       6.
『日本将棋連盟』のサイトの「よくあるご質問」に、「棋譜の表記方法」の「基本事項」
       
があります。
       7.
『将棋タウン』「棋譜の読み方、基礎編」があります。
       8. NHK教育テレビでは、毎週日曜日の午前10時から10時20分まで、「将棋講座」
        を放送していて、講座の最後に詰将棋の出題があります。
         正解者には抽選で毎週10名に、NHK杯将棋選手権者揮毫の扇子が贈られてい
        ます。 (参考 →
「将棋講座」テキスト
        
お断り: 残念ながら、2011年4月から詰将棋の出題がなくなってしまいました。

 


                                     トップページ(目次)   
前の資料へ  の資料へ