資料307  山本常朝『葉隠』(冒頭) 

                        

 

 

甲:(底本)国立国会図書館蔵餅木鍋島家本



  
  葉 隠      聞書 一  教訓

武士たる者は、武道を心懸(こころがく)べき事、不(めずらしからず)といへども、皆人(みなひと)油斷と見へたり。其子細(しさい)は、「武道の大意は何と御心得候哉(や)」と問懸(といかけ)たる時、言下に答る人稀(まれ)也。兼々(かねがね)胸に落着(おちつき)なき故也。偖(さて)は、武道不心懸(ふこころがけ)のこと知られ申候。油斷千萬の事也。

武士道と云
(いう)は、死ぬ事と見付(みつけ)たり。二つ二つの場にて、早く死方(しぬかた)に片付(かたづく)ばかり也。別に子細なし。胸すわつて進む也。圖(ず)に當らず、犬死などいふ事は、上方風(かみがたふう)の打上(うちあがり)たる武道なるべし。二つ二つの場にて、圖に當るやうにする事は不(およばざる)事也。我人(われひと)、生(いく)る方がすき也。多分すきの方(かた)に理が付(つく)べし。若(もし)圖に迦(はず)れて生(いき)たらば、腰ぬけ也。此境(このさかい)(あやう)き也。圖に迦れて死(しに)たらば、氣違にて恥には不(ならず)。是が武道の丈夫也。毎朝毎夕、改めては死々(しにしに)、常住死身に成(なり)て居る時は、武道に自由を得、一生落度(おちど)なく家職を仕課(しおお)すべき也。



           * * * * * * * *


乙:(底本)国立国会図書館蔵『葉隠』(山本常朝述・田代陳基記・中村郁一編、東京:丁酉社、
        明治39年3月発行)

 


  
  葉 隠 

武士たるものは、武道を心掛くべきこと、珍らしからずといへども、皆、人、油斷と見えたり。其の仔細は、武道の大意は、何と御心得候か、と問ひかけられたるとき、言下に答へ得る人稀なり。そは平素、胸におちつきなき故なり。さては、武道不心がけのこと、知られ申し候。油斷千萬のことなり。

武士道と云ふことは、即ち死ぬことと見付けたり。凡そ二
の場合に、早く死ぬかたに片付くばかりなり。別に仔細なし。胸すわりて進むなり。若し圖にあたらぬとき、犬死などと云ふは、上方風の打上りたる武道なるべし。二の場合に、圖にあたることのわかることは、到底出來ざることなり。我れ人共に、等しく生きる方が、萬々望むかたなれば、其の好むかたに理がつくべし。若し圖にはづれて生きたらば、腰ぬけなりとて、世の笑ひの種となるなり。此のさかひ、まことに危し。圖にはづれて死にたらば、犬死氣違ひとよばるれども、腰けにくらぶれば、耻辱にはならず。是れが武道に於てまづ丈夫なり。毎朝、毎夕、改めては死ぬ死ぬと、常住死身に成つてゐるときは、武道に自由を得、一生落度なく、家職を仕果すべきなり。

 

 



 

   (注)  1. 『葉隠』の文章を理解するためには、その全文を読む必要があると思われますが、ここにはか
         の有名な「武士道と云ふことは、即ち死ぬことと見付けたり」の前後の部分だけを取り上げまし
         た。
       2. 上に引いた『葉隠』本文についての注。
         甲について。
          (1)甲の本文は、岩波書店の日本思想大系26『三河物語 葉隠』(1974年6月25日第1刷
            発行)によりました。『葉隠』の校注者は、佐藤正英・相良亨の両氏です。
          (2)凡例によれば、底本は、国立国会図書館蔵餅木鍋島家本だそうです。
          (3)上記の引用部分の原文には、振り仮名はついていません。現代仮名遣いによる振り
            仮名は、校注者によるものです。
             なお、「多分すきの方
(かた)に理が付(つく)べし」の「方」には、「かた」と読み仮名がつ
            いていますが、「我人
(われひと)、生(いく)る方がすき也」の「方」には読み仮名がついて
            いません。これは、こちらの「方」は「ほう」と読んだからでしょうか。 因みに三島由紀
            夫著・笠原伸夫訳『葉隠入門』には、「早く死ぬほうに片付
(かたづ)くばかりなり」となっ
             ています。(光文社カッパブックス『葉隠入門』178頁)
          (4)平仮名の「く」を縦に伸ばした形の繰り返し符号は、普通の仮名に直してあります。(二
            つ二つ)
          (5)常用漢字を、引用者が旧漢字に直しました。                    
          (6)日本思想大系本の原文には、「武士たる者は、」「武士道と云
(いう)は」の前に、それぞ
            れ「一、」がついていますが、ここではそれを省略しました。
          (7)巻頭の口絵として、写本のこの
部分が出ていますので、ご覧ください。 ただし、「……此境危
             き也。圖に」までしか出ていません。
              
       
         乙について。         
          (1)乙の本文は、
『国立国会図書館デジタルコレクション』所収の『葉隠』(山本常朝述・田代
            陳基記・中村郁一編、東京:丁酉社、明治39年3月発行)によりました。
          (2)本文は
『国立国会図書館デジタルコレクション』所収の『葉隠』13~14 /104 に出て
            います。
       3. 日本思想大系26『三河物語 葉隠』巻末の解説「『葉隠』の世界」(筆者・相良亨氏)によると、
         「『葉隠』は、山本常朝(万治2年-享保6年、1659-1721)がかたった言葉を7年間にわたって
         田代陣基(延宝6年-延享5年、1678-1748)が筆録したものといわれる。常朝は少年時代から
         鍋嶋家第二代の藩主光茂の側近に仕え、42歳の時、光茂の死にあい、その機会に剃髪した。
         常朝が陣基にかたりはじめた宝永7年(1710)は剃髪してから10年後のことである。常朝は書物
         役などを以て光茂に仕えたのであるが、主君光茂からうけた懇情に対しては殉死をねがう思い
         であった。しかし殉死が当時すでに禁止されていたので、やむなく出家の道をsらんだのである。
         筆録者の陣基も御祐筆役として三代綱茂に仕えた武士であるが、当時故あって謹慎中であっ
         た。」とあります。
          なお、この成立事情についても、「どこまで正確なものであるかについては、なお疑問をいれる
         余地がないわけではない」として、詳しい考察がなされていますので、詳しくは同書657頁以下
         を参照してください。
          ※ 日本思想大系26『三河物語 葉隠』巻末の解説「『葉隠』の世界」に、「山本常朝(万治2
           年-享保6年、1659-1721)」とあるのは、どういうことでしょうか。普通は、山本常朝の没年
           は享保4年(1719)となっています。 
       4.  また、上記の解説の中で相良亨氏は、『葉隠』の中の「武士道と云は、死ぬ事と見付たり」とい
         う言葉について、「(この)言葉は、『葉隠』の言葉として余りにも有名であるが、その意味内容あ
         るいは『葉隠』全体において占める位置は中々複雑であり、必ずしも容易に理解しうるものでは
         ない」として、考察をしておられます。(661頁以下)
       5.  『葉隠』の諸本については、佐藤正英氏が、日本思想大系26『三河物語 葉隠』の巻末に
         「『葉隠』の諸本について」という文章を書いておられます。それによれば、ここに掲げてある国
         立国会図書館蔵本の餅木鍋島家本は、(1)小山本系 (2)鹿島本系 (3)孝白本系 のうち
         の孝白本系に属するものの由です。
       6.  葉隠(はがくれ)=武士道を論じた書。佐賀藩士山本常朝
つねとも(1659-1719)の談話の筆
               録。11巻。1716年(享保1)頃成る。藩内外の武士の言行の批評を通じて武士の心
               構えを説く。 葉隠聞書。葉隠集。葉隠論語。鍋島論語。   
(『広辞苑』第6版による)
       7. フリー百科事典『ウィキペディア』に、「山本常朝」の項があります。
       8.  『佐賀大学電子図書館』の貴重書コレクションで、小城鍋島文庫(おぎなべしまぶんこ)「葉隠」
         (写本)を画像で見ることができます。(この写本は、注4の諸本の分類によれば、(2)鹿島本
         系に属するものの由です。)
       9. 光文社から昭和42年(1967)9月にカッパブックスの1冊として発行された三島由紀夫著
         『葉隠入門』が、現在は新潮文庫(1983年4月27日初版発行)として出ています。
          カッパブックスの『葉隠入門』の内扉裏には、「この本に引用した原文は、岩波版『葉隠』(和
         辻哲郎・古川哲史校訂)と、『校註葉隠』(栗原荒野編著、内外書房刊)、『いてふ本・葉隠』(三
         教書院刊)の3冊を参考にさせていただいた。なお、訳者・笠原伸夫氏は、三島由紀夫氏ととも
         に、「批評」の同人。」と記してあります。
          この中に、「岩波版『葉隠』(和辻哲郎・古川哲史校訂)」とあるのは、岩波文庫の『葉隠』(上:
         昭和15年(1940)4月1日発行、中:昭和16年(1941)4月15日発行、下:昭和16年(1941)9月
         20日発行)を指しています。
       10. 『松岡正剛の千夜千冊』に、第八百二十三夜「山本常朝『葉隠』上中下」があり、参考になり
         ます。 (
「松岡正剛 千夜千冊・全読譜」があります。)

 

      


                    
トップページ(目次)  前の資料へ 次の資料へ