資料296 吉丸一昌・作詞「早春賦」





                     
早 春 賦

                    
       吉 丸 一 昌

 


 一 春は名のみの風の寒さや。
    谷の鶯 歌は思へど
   時にあらずと 声も立てず。
    時にあらずと 声も立てず。

 二 氷解け去り葦は角ぐむ。
    さては時ぞと 思ふあやにく
   今日もきのふも 雪の空。
    今日もきのふも 雪の空。

 三 春と聞かねば知らでありしを。
    聞けば急かるる 胸の思ひを
   いかにせよとの この頃か。
    いかにせよとの この頃か。



 

 


       (注) 1. 上記の「吉丸一昌・作詞「早春賦」」の歌詞は、講談社文庫『日本の唱歌[上]』明治
        篇(金田一春彦・安西愛子編、講談社・昭和52年10月15日第1刷発行・昭和57年7月
        30日第3刷発行)によりました。ただし、引用者が現代仮名遣いを歴史的仮名遣いに
        改めてあります。        
       2. 「早春賦」の出典は、ワイド版岩波文庫『日本唱歌集』(堀内敬三・井上武士編、岩波
        書店・1991年6月26日第1刷発行、2001年4月5日第10刷発行)巻末の「参考文献」に
        よれば、吉丸一昌(編)『新作唱歌(三)』(大正2年2月・敬文館発行)の由です。『新作
        唱歌(三)』の歌詞は、すべて吉丸一昌の作だそうです。
       3. この「早春賦」は、中田章の曲でよく知られています。この曲の、女声合唱団「湘南コ
         ール・グリューン」による合唱を、You Tube の「早春賦」で聞くことができます。
                    
(お断り) 現在は著作権の関係で削除されていて、残念ながら聞くことができません。
                                                     (2012年6月26日)

                     注9 に、NHK東京放送児童合唱団、ダークダックス、日本合唱協会による合唱の案内があります。
                 

       4. 「早春賦」の歌碑が、安曇野市の穂高川右岸に建っているそうです。『InfoAtlas』という
        サイトに「早春賦歌碑
公園というページがあり、そこで写真を見ることができます。
         「早春賦」は、吉丸が訪れた安曇野の早春を歌った歌だそうです。
         なお、「早春賦」の碑の前の広場で、毎年4月29日(昭和の日)に「早春賦まつり」が
        開かれているそうです。
         『信州とっておき情報』というサイトに、「早春賦まつり」の紹介が出ていますのでご覧
        ください。
       5. 吉丸一昌(よしまる・かずまさ)=国文学者・作詞家。明治6年(1873)、大分県に生ま
            れる。旧制五高を経て、東京帝国大学国文科を卒業。府立三中に勤めたが、明
            治41年(1908)、東京音楽学校の教授となり、国語と作歌を教えた。また、生徒
            監をつとめて、こわい先生だったという。明治44年(1911)から大正3年(1914)
            にかけて発行された文部省著作『尋常小学唱歌』の編纂委員会の作詞委員長
            となって以降、本格的に作詞に取り組んだ。明治45年(1912)から『新作唱歌』
            全10集
(一・二は、初め『幼年唱歌』として発行され、後に『新作唱歌』と改題)を編著。その中
            には「早春賦」(作曲・中田章)、「故郷を離るる歌」(ドイツ民謡)、などが含まれ
            ている。性磊落、酒を好み、「おもしろやおぼろおぼろと酔いぬればわが天地は
            春めきにけり」と、自作の短歌を放吟した
(引用者注:「天地」は「あめつち」と読むと思わ
           
れます。)。そうして酔えば忽ち、蹌々踉々として シューラシューラという、わけの
            わからぬ歌を歌いながら、独特の踊りを演じたという。大正5年(1916)、43歳
            の若さで亡くなった。(1873~1916)
            
(以上は、主としてフリー百科事典『ウイキペディア』「吉丸一昌」の項によりました。一部、
             講談社文庫『日本の唱歌[上]』・ワイド版岩波文庫『日本唱歌集』から引用させていただいた
             ところがあります。) 
      
         6. 『臼杵市観光情報協会』のホームページの「先哲」のページに、吉丸一昌について
         の紹介があります。
        7. 『d-score』というサイトで、吉丸一昌の肖像写真を見ることができます。
          8. 『朋盟のホームページ』というサイトに「愛唱歌歌詞解説」のページがあり、そこに「早
         春賦」の歌詞解説があって参考になります。
          9. YouTube で、NHK東京放送児童合唱団、ダークダックス、日本合唱協会による、そ
         れぞれの「早春賦」の合唱を聞くことができます。
              →  NHK東京放送児童合唱団による「早春賦」の合唱
              →  ダークダックスによる「早春賦」の合唱
              →  日本合唱協会による「早春賦」の合唱
(2番の歌詞まで)
         10. 『世界の民謡・童謡』というサイトで、「早春賦」のオルゴール風のメロディーを聞くこと
         ができます。  →  「早春賦」のオルゴール風のメロディー






                        
トップページ(目次) 前の資料へ 次の資料へ