本文へスキップ

 朗読×音楽公演「みち」




◇企画・運営 bookcafe kuju×鈴音工房
◇日 時 2014年7月5日・6日
◇会 場 bookcafe kuju
(和歌山県新宮市熊野川町九重315 旧九重小学校)

◇作・演出・朗読 鈴音彩子(鈴音工房)
◇作曲・演奏   寿島宅弥(TiptopStudio)
◇飲み物  矢部明日美(bookcafe kuju)
◇画  Yumiko



梅雨空の下。
かつて小学校だった場所。
かつて台風で水に浸かり、取り壊しの話があった場所。
カフェと本屋に生まれ変わったその場所で、
「シアワセな土地へ辿り着けるように飛ぶ ボクタチのお話」をお届けしました。
お話は言葉に、想いは音にのって、あの時、あの場所にいたお客様の元へとび、着地しました。




詩のような物語のような。
10役と6曲(リプライ含め10曲)から成る作品。
50分弱の濃厚な時間。

下の写真のカフェラテアートは、
作品との小さなコラボ。






〜アンケートより抜粋〜

・久しぶりに想像力をかき立てられました!
・いろいろ考え、想像したひとときでした。
・おもしろかったです、イメージがすごくふくらんで。
・途中、自分が何者なのかどこにいるのかわからなくなりました!?
・世界観にどっぷりハマってしまいました。



公演後、お客様とスタッフから「みち」をテーマにひとこと詩を頂戴しUtaをつくりました。
こちらからどうぞ。 >> ひとこと詩*みち



楽曲はこちらからお楽しみいただけます。 >> つれづれ日記


このページの先頭へ