種子餌 購入について



誤認保護防止ポスター配信中
詳しくはこちらへ




あなたが見かけたヒナは巣立ちのヒナではないですか?


このようなひなは巣立ちのヒナです。
巣立ちのヒナはほとんど飛ぶことができません。

保護しようと思ったとき、羽ばたいたり走ったりして、人から逃げようとしたヒナは巣立ちのヒナです。
巣立ちのヒナは必ずそばに親鳥がいて、ヒナを見守っています。
あなたがヒナを見つけたとき、親鳥がいないと思っても、それはヒナに与える餌を探しに行っていたり、人がいるためヒナに近寄れないからです。
巣立ちのヒナは追いかけ回して捕まえてはいけません。
安全な場所へ置いて、親鳥が来るのを陰からそっと見守ってあげてください。

もし動けないくらいヒナが弱っていたり、猫やカラスに襲われそうになっている、車道にいるなど危険な場合は一時的に保護してあげてください。

あなたが保護した子が巣立ちヒナだった場合、あせってむやみに返さないようにしましょう。
巣立ちヒナは親が迎えに来てくれないと生きていけません。
あせらなくても親鳥はヒナの声を4〜5日覚えていてヒナを探しています。
きちんとヒナの状態を見て、保護した場所付近の安全な場所で、親が来てくれるのを待ってあげて下さい。


巣立ちヒナとは?→「巣立ちヒナについて

すでに保護した場合は?→「保護の方法チャート」「巣立ちヒナについて」「親へ返す方法

巣立ちヒナではないようだ→「保護の方法チャート

弱っている子を保護した→「弱っている時

怪我をしている子・溝に落ちたり雨にぬれていた子を保護した→「怪我をしている子の応急処置

お世話していて困ったら→「メールフォームへ必須項目に必ずお答え下さい。できるだけ詳しくヒナの状態をお知らせ下さい。





小さなお子様でも分かりやすいように、巣立ちヒナについてかかれているマンガがあります。
お父様お母様と一緒にお読み下さい。

TOPへ戻る





野鳥を保護したら連絡しましょう
各都道府県 野生鳥獣保護連絡先