戦神神話

小説一覧 ヤオシリーズ TOP

 第一部 神々の世代交代編

(戦神を目指す神名者、八百刃(ヤオバ)と世代交代に迫られた神々の戦い編)

一戦目:戦いの神様 (2004/07/26)

 その者は、正しき戦いを守るもの神に等しきもの

二戦目:砂漠の道 (2004/07/26)

 砂漠の争い、恩人と仁義どちらも取る力技

三戦目:山賊に狙われる村 (2004/07/27)

 山賊に狙われた村、そしてそこに救う為に現れた冒険者

四戦目:炎翼鳥が護る国 (2004/07/28)

 炎の翼を持つ巨大な鳥に護られた国、そこを襲う邪神の業、そして

五戦目:ダンジョンに潜む者 (2004/07/29)

 ダンジョンの眠るマジックアイテムそれを管理する者は?

六戦目:偽りだが真実なる者 (2004/08/01)

 再び八百刃の偽者が現れるしかしその人間は?

七戦目:真摯な信仰 (2004/08/01)

 大いなる慈悲が満ちる町しかし異教徒にとってその町は?

八戦目:宗教戦争と王子 (2004/08/05)

 天包布を信仰する国の王子と八百刃の出会いは?

九戦目:我が名は白牙全てを切り裂く者 (2004/08/07)

 白牙の設定説明名様な独り言とテレパシー少女との出会い

十戦目:海と戦いの僕 (2004/08/13)

 海賊船の下働きをするヤオそして、世界の闇がその影を表す

十一戦目:海女神と古き神 (2004/08/14)

 海の女神との遭遇、そして神と神名者の密談が始まる

十二戦目:広き海に生きる一族 (2004/08/17)

 ムーツ王国での若者の暴走、そして戦いを司る者の力

十三戦目:新たな世界を背負う宿命を持つ者 (2004/08/17)

 新たな神名者登場そしてあの男がまた登場する

十四戦目:神剣を抱く者 (2004/08/27)

 山間の小さな国の王が考え、そして神剣を持つ男とは?

十五戦目:神名者を求める者 (2004/09/01)

 人は神を求める、それが地上にあるとしたら求めるのは必然なのかもしれない

十六戦目:正義と正義の戦い (2004/09/05)

 国と国との争いは正義と正義の争い、八百刃はどの正義を選ぶのか

十七戦目:遺跡の謎と神名者の力の源 (2004/09/06)

 再び遺跡探索をするヤオ、そして神名者の力の源とは?

十八戦目:八百刃の息子 (2004/09/07)

 八百刃の息子と孫と曾孫

十九戦目:震天動地、戦神の交戦 (2004/09/07)

 戦神蒼貫槍との決戦の時

二十戦目:古き神と新しき神 (2004/09/08)

 遂に時空神、真名との決着を付ける時が来た、そして新たな空席の時空神の席に着くのは?

 

 第二部 八百刃の回想編

(戦神を目指す神名者、八百刃が主神真名と戦う前、その力を手に入れるまでの回想編)

二十一戦目:ユアという名の少女 (2004/10/11)

 主神すら倒した八百刃、その誕生には一人の少女の存在があった

二十二戦目:八百刃の怒りに触れた国 (2004/10/29)

 今は何も無い平原そこには八百刃の怒りに触れた国が存在した

二十三戦目:新たな神名者、八百刃と第一の八百刃獣 (2004/11/02)

 第一の八百刃獣、白牙と八百刃の出会いとは?

二十四戦目:奴隷の開放への戦い (2004/11/02)

 奴隷オークションに出されるヤオだが、大人しく落札される訳は無く・・・

二十五戦目:死より辛い罰 (2004/11/02)

 大地を操る蛇、大地蛇と八百刃の出会いそれには一人の魔術師と悲しみの連鎖があった

二十六戦目:愛は国より強い (2004/11/06)

 下らない戦争をする二つの国、ヤオはどんな決断をするのか?

二十七戦目:龍と共に飛ぶ (2004/11/10)

 約束を護るそれが、どれだけ大変なのか、それは約束を護ろうとするものしか解らない

二十八戦目:慎重で大胆な奴 (2004/11/11)

 勇気とはここでというところで出すもの。今回は一人の臆病者と言われた男のお話

二十九戦目:人の姿を捨てても護りたい者 (2004/11/16)

 影を走る鬼、影走鬼。彼は普通の魔獣では無かった

三十戦目:八百刃の初めての戦争 (2004/11/18)

 八百刃の力は絶大であり、それは容易に国の運命を変える

三十一戦目:狼青年 (2004/11/26)

 嘘をつき続けると嘘がばれ易く成る。しかし嘘をつき続けるそれも嘘だったら・・・

三十二戦目:信者と信望者の違い (2004/11/30)

 比較的有名な八百刃の名前。当然崇める人間もいっぱい居る。その中には困った人間も・・・

三十三戦目:九首鳥と九尾鳥 (2004/12/03)

 力で戦うだけが、八百刃の実力ではないのです

三十四戦目:神名者の定め (2004/12/04)

 過去の八百刃と出合った者と合うヤオ。そこにあるのは?

三十五戦目:笑顔を絶やさぬ強き少女 (2004/12/09)

 神名者には、強い制約がある。その為戦いたくても戦えない時があった

 

 第三部 邪神との乱戦編

(まだ力が小さい新名では押さえられない邪神との戦い編)

三十六戦目:邪神との戦いの始まり (2004/12/13)

 真名の死によりパワーバランスが崩れた神の世界。そこで八百刃は何をするのか?

三十七戦目:襲い来る邪神の手先 (2004/12/16)

 邪神のターゲットになったヤオ。邪神教が蔓延る町でどう戦うのか?

三十八戦目:戦神候補の証明 (2004/12/20)

 ついに邪神との直接対決の時! ヤオは邪神に打ち勝つ事が出来るのか?

三十九戦目:最悪の邪神が降臨する時 (2004/12/21)

 遂に最悪の邪神が地上に降臨する。その圧倒的な力の前にヤオはどうするのか?

四十戦目:新たな邪神、武術を司る、紅炎甲 (2004/12/27)

 新たな邪神がヤオを狙う。戦え我等の戦神候補

四十一戦目:激闘、リングでバトル (2005/01/04)

 強大な力を持つ邪神、紅炎甲との一対一の直接対決の時が来た

四十二戦目:純愛の矢が番えられる時、八百刃倒れる (2005/01/11)

 戦って勝てる者は居ないと言われる八百刃。しかしその八百刃を破れる時が来た

四十三戦目:邪神大戦の終結 (2005/01/11)

 邪神との対決の奥に隠された真実とは?

 

 第四部 世界の車窓から編

(神々の戦いで生まれた欠片から発生した魔獣をゲットだぜー編)

四十四戦目:魔獣探索紀行 (2005/01/18)

 鉄道で旅するヤオ。その行く手に待つのは?

四十五戦目:ライバル登場 (2005/01/19)

 魔獣、神の欠片から生まれる存在。ヤオ以外の神々もその存在の対処の為に動いている

四十六戦目:誰よりも速く進む者 (2005/01/22)

 スピードそれは人を狂わせる魔性。時には魔獣すらも狂わせる

四十七戦目:恐怖と幻との戦い (2005/01/24)

 攻撃力だけが戦闘を左右する訳ではない。たとえ攻撃力が無くても勝つことは可能である

四十八戦目:護る事と護られる事 (2005/01/26)

 何かを力だけで護ろうとするのは正しい事なのか?

四十九戦目:海の女神再び (2005/01/29)

 ホープワールド最大の大きさの魔獣。そしてあの女神が再び

五十戦目:新名の子供、新狼登場 (2005/02/02)

 元々人間の神は子供を作ることが可能である。特に相手も元人間の使徒なら

五十一戦目:回復能力を持つ魔獣を求めて (2005/02/03)

 神の怪我は直ぐ治るか、凄く時間が掛かるかの二つに一つ。新狼レベルでは後者が多い

五十二戦目:魔獣が護る施設 (2005/02/09)

 ヤオ達の前に複数の攻撃能力に特化した魔獣が立塞った

五十三戦目:悲しき鳳凰 (2005/02/13)

 遂に魔獣を研究する施設に突入するヤオ達だが、その先に待ち受けるのは?

五十四戦目:鳳凰の心臓 (2005/03/01)

 鳳凰の心臓、そのルビーは大いなる鳳凰の生命力を宿すと言われている

五十五戦目:良い夢と悪い夢 (2005/03/11)

 人を夢にのめり込ませるには、ただ良い夢を見させるだけで良いのか?

五十六戦目:偽者の条件 (2005/03/15)

 八百刃の偽者がまたまた現れた、今度の偽者は?

五十七戦目:ずっとずっと登り続ける者 (2005/03/23)

 フェニックステールが再び動き始める

五十八戦目:ユアだった少女 (2005/04/03)

 ヤオは何を考えて、何を思い八百刃をやっているのか?

五十九戦目:存在価値を持つ者 (2005/04/07)

 紅雷、紅炎甲の代行者。彼は何故八百刃との勝負に拘るのか?

六十戦目:明かされる未来 (2005/04/14)

 仮面ライダーモドキが出てきます

六十一戦目:傷付く魔獣、滅びる魔獣 (2005/04/25)

 ヤオの不在を狙うフェニックステール。紅雷は対抗出来るのか?

六十二戦目:突入戦、戦力差は絶対的な勝利条件ではあらず (2005/04/27)

 フェニックステール本部に攻撃をするヤオ達。その前に立塞がる苦難とは?

六十三戦目:不老不死の結果と希望 (2005/04/30)

 フェニックステールとの最後の戦い。相手は?

 

 第五部 新たな世界へ編

(ホープワールドの終末、新たな世界への序章編)

六十四戦目:本当に信用出来る者 (2005/08/05)

 神名者が八百刃以外いない世界、それはこの世界の終末を意味していた

六十五戦目:新約と旧約の違い (2005/08/11)

 同じ本でも読み手によってイメージが違うものです

六十六戦目:邪神の想い (2005/08/29)

 邪神ナンバー2、紫縛鎖が動き出す

六十七戦目:紫の鎖が砕ける時、桃色の風が吹く (2005/09/09)

 紫縛鎖との決着をつける時、ヤオの奥の手、『八百刃』が発動する

六十八戦目:聖獣戦神、八百刃 (2005/09/20)

 ホープワールドの最後、そして真の戦神神話が始まる

小説一覧 ヤオシリーズ TOP

ネット小説ランキング>【登録したカテゴリ】部門>ヤオシリーズ(戦神神話等など)に投票 ネット小説ランキング 気に入ったらクリックしてENTERを押し、投票してください.。(週1回)