カタクリの里


 島根県六日市の”カタクリの里”では、20m四方くらいの裏山の斜面に自生するカタクリが地元の方々の努力で保存されています。里のカタクリは、前ページの寂地山のカタクリの丁度1ヶ月前、3月下旬に咲き始めます。こちらは、山に登らなくてもいいので、沢山のアマチュアカメラマンを集め、斜面の前には、三脚に据えた望遠レンズの砲列ができます。私も三脚を持って行ったものの、望遠レンズを忘れ、レンズはいつもの28-105で、花に寄りきれませんでした。
 では、斜面一杯の沢山のカタクリをお楽しみ下さい。

 

 
 

 
 
 
 
 
 

  
 
 
 
 
 
 
 
 


←寂地山のカタクリへ



Gallery indexへ戻る
寂地山のカタクリ情報を見る


to top of this page