燕岳の新年

3000m稜線からの初日の出と、厳冬の槍ヶ岳を撮りたくて
例年・年末から燕岳に通う。
多くの山小屋が営業していない冬、北アルプス稜線に
立つことは容易ではない。しかしここは毎年燕山荘が年末年始に
オープンしており、非常に心強い。
夏場は荒々しい岩肌をみせる槍ヶ岳が純白の衣を纏う。
燕岳のシンボルであるメガネ岩には岩氷が輝く・・・
遙かなる富士山より昇る真赤なご来光が
新年のスタートに相応しい感動与えてくれる。
                                                                                                                    
   

レポート: 2005年12月29日〜2006年1月1日
ルート : 有明駐車場〜中房温泉(泊)〜合戦小屋〜燕山荘(泊)〜燕山〜燕山荘
       〜合戦小屋〜中房温泉〜有明駐車場


<写真をクリックすると、大きな写真にリンクします(サイズは480×360)>
         
登山スタート時の朝
予想に反して赤く焼けた稜線が・・
有明駐車場
これより歩行スタート
中房温泉までの車道歩き
1日行程である。
沢上の石も
純白の雪冠を纏う
中房温泉入口
夏場はこれより歩行開始
小雪まう樹林帯、急登が辛い
雪に埋もれた合戦小屋
燕山荘に到着
燕山荘前より燕岳を望む
 
大天井岳と燕岳荘 純白の衣をまとう槍ヶ岳
燕岳中腹より燕山荘
厳冬燕岳の岩氷
 
厳冬燕岳の風成雪
厳冬燕岳 雪稜樹と雲海
燕岳の眼鏡岩と槍ヶ岳
燕山荘大晦日のイベント
赤沼社長のアルペンホルン演奏
大晦日の燕山荘
新年を迎える満員の登山者
大晦日の特別食
年越し蕎麦のサービス
燕山荘の台所
大晦日、銘酒大雪渓のサービスが・
2006年元旦の東空
赤焼け雲に富士山もクッキリ
待つこと30分
残念ながらご来光はちょっとだけ・・
元旦の山荘前より燕岳
風も少なく穏やかな新年
薄曇りでも槍ヶ岳はクッキリ
 大満足の2006年元旦!



山岳写真館トップへ戻る トップへ戻る