裾野ラグビースクール

スクール規約

裾野ラグビースクールの規約を掲載させて頂きます。

裾野ラグビースクール規約

第1条(名称) 
 本スクールは、裾野ラグビースクールと称し日本ラグビーフットボール協会及び
日本体育協会の日本スポーツ少年団に登録し、目的遂行の為の事業を行う
 
第2条(目的) 
本スクールは、子供達がラグビーを通じて、スポーツの楽しさ・厳しさを学び健全な
心身の発達及び健康で明るい社会人に成長することを目的とする

第3条(活動目標)
1、明るく元気な子供を育てる
2、「For AII:皆のために」の精神を育てる
3、強さの中にも優しさを持ち、自立できる子供に育てる
4、感謝の心、思いやりの心を育てる
 
第4条(事業)
 前条の目的を達成するため、毎年度4月1日にはじまり翌年3月31日までの期間
次の事業を行う 
 1、学び続ける指導者の育成とタグラグビーを中心とした練習
 2、静岡県ラグビーフットボール協会及び裾野市ラグビーフットボール協会主催の大会
   への参加
 3、他のラグビースクールとの親睦及び交流試合
 4、裾野市スポーツ協会のスポーツ少年団活動
 5、その他スクールの目的遂行のため必要な活動

第5条(対象) 
 本スクールの生徒は、幼児・小学生・中学生とする

第6条(会員登録)
 1、本スクールへの入会登録は、保護者より申し込まれる本スクールの入会申込書
   にてこれを行い、代表の承認により会員と認める
 2、会員登録期間は、加入の申込みを受けた日からその年度末(3月31日)までとし、
   毎年年度ごと更新とする。ただし、特段の申し出がない場合その更新はスポーツ
   保険の継続加入も含め自動で行われるものとする

第7条(資格喪失)
 会員は次の場合には会員資格を喪失する
 1、退会を申し出たとき
 2、正当な理由なく6ヶ月以上会費を滞納したとき
 3、スクールの名誉を傷つけ、目的に反する行為があったと役員会で判断したとき
 4、スクールの規約及びその他の諸規則に違反したとき
 5、その他、資格喪失を適当とする行為があり役員会にて判断したとき
 
第8条(保護者会)
 1、スクール生の保護者は保護者会会員とする
 2、本スクールの運営は役員が行い、保護者会はこれを援助する

第9条(役員) 
 1、代表及び指導員
 2、保護者会会長、副会長、会計

第10条(役員の選出) 
 毎年3月の総会にて選出を行い任期は1年とし、再任は妨げない
 
第11条(役員の職務) 
 1、代表はスクールを代表し、管理・運営・指導全般を統括する
 2、指導員はスクール生の練習、ゲームの技能指導を行い運営上の協力を行う
 3、保護者会役員は保護者会を代表しスクールの運営に協力する
 4、保護者会計はスクールの金銭出納に関する業務を行う

第12条(会費)
 スクール生は会費規定により定められた会費を納入する

第13条(その他の会費) 
 合宿、交流試合等で参加者に対し別途会費を請求する場合は使途及び金額に
ついては役員会の承認を必要とする

第14条(経費の負担)
 当該年度の運営費から支出できる経費は概ね次に掲げるとおりとする
 1、スクール生のスポーツ保険加入料
 2、協会への登録費及び各種大会への参加費
 3、ラグビー用具(チーム利用のものに限る)等の消耗品又は備品購入費
 4、施設使用料
 5、食糧費(昼食代、飲料代、各種大会祝い等)
 6、遠征費
 7、合宿費
 8、ラグビースクール運営に必要な物品(消耗品、複写機使用料等)
 9、慶弔費
 10、その他、本スクール活動に必要な経費

第15条(事故に対する責任範囲) 
 スクール生のスクール活動中に発生した傷害及び死亡事故については、スポーツ
保険の範囲内で解決するものとし、それ以外にスクールや特定の指導員、保護者に
対して一切の保障や法的責任を問わない事とする
 
第16条(総会)
 スクールの基本方針を決定するため、原則とし毎年3月に代表者が指導員・保護者
会を招集し総会を開催する

第17条(審議)
 総会は次の事項を審議する
 1、前年度の活動及び会計報告
 2、本年度の活動計画及び予算
 3、役員の承認
 4、その他必要な事項

第18条(個人情報保護)
 入会時に会員より得た個人情報は、スクール活動以外の目的には使用しない

第19条(その他)
 1、規約の改正は総会の議決による
 2、この規約に定め無き場合は、役員会の協議によって決定する
 3、この規約は平成26年8月1日から施行する


スクール規約のトップへ