送金と銀行

お金の持ってき方
とりあえずしばらく生活するお金は手元に用意しておいた方が安心。といっても現金を何十万も持っていくのは安心ではない。よく言われる「トラベラーズチェックは安全でレートも良い」だが、少なくともドイツの町中ではほとんど使えないと思われる。クレジットカードはデパートや、駅で切符を買うには使えるが10ユーロ以上に限るとかそういう制限はある。少なくともアメリカ並に使える事は期待できない。車も普通はカードでは買えないと言われた。
当座のお金は日本で換金して持っていくしかない。自分は大人2人、家賃別で初期生活費(下記の各種手続き代含む)は1ヶ月約30万円であった。しかし自宅職場近所のATMの場所さえわかれば、下記の国際キャッシュカードや、クレジットカードのキャッシング(一説によるとキャッシングの方が得とも)で現金を入手できるため、そんなに必要ない。安くあげようと思えば家賃別で10万以下で済む。

CITIBANKのワールドキャッシュ
詳しくはhttp://www.citibank.co.jp/basic/wcc/index1.html参照。自分が使っているのは「JALマイレージバンク郵貯ワールドキャッシュ」というもので、ようは海外のATMで郵貯の口座(円建て)から直接現金(現地通貨)を引き出せるというもの。CITIBANKの口座を作るわけではないので注意。CITIBANKは、郵貯と海外のCITIBANK提携ATMを仲介しているだけである。おまけ?としてJALのマイレージに勝手に入会することになる(もともと入会している人は申込み時に「お得意様番号」を書けば、同じマイル口座(お得意様番号)のカードができる)。
具体的には、まず郵貯の口座を開き、上記HPもしくは郵便局で郵貯ワールドキャッシュの申込書をもらい記入、送付する。しばらくすると「郵貯ワールドキャッシュのカードが郵便局に届いた」旨通知が来るので、郵便局に取りに行く。この受け取り局は、郵貯ワールドキャッシュ申込み時に決める。郵貯の口座を開いた局でなくてもいい。もとの郵貯のキャッシュカードと引き替えに、郵貯ワールドキャッシュがもらえる。
さらに、このカードを海外で使用するには「保留手続き」が必要。これは、郵貯の口座の一部を海外引き出し専用に凍結するもので、その分は海外でしか使えず、郵貯の残高照会しても凍結分以外しか表示されない。保留手続きはどこの郵便局でもできる。出発前に郵便局に行き、「保留手続き」したい旨と凍結する金額を決める。海外で引き下ろしできるのは、この凍結分だけである。当たり前だが、郵便局における各種手続き時は通帳、カード、印鑑はまず必要なので持参する。郵貯ワールドキャッシュでは海外専用の暗証番号や、国際電話に利用する際の暗証番号などがあるので、それぞれわかるようにしておく。

ワールドキャッシュ・ドイツで引き出す
CITIBANKのATMはもちろん、PLUS/HONOR/NYCE/THE EXCHANGEマークのあるATMでも引き出せる。ただしATMのみで、たとえCITIBANKでも窓口ではこのカードは使えないし、入金(預金)もできない。
CITIBANK店舗は時間外に行くと扉が施錠されているが、カードを入れると開いてATMは使える。ちょっと変わった形のATMにカードを入れると(日本のカードと認識されるのか)言語選択画面の一番上に日本語というのがあり、操作は日本語で可能。口座から引き出すには「セービングから」を選択、それ以外はたぶん誰でもわかる。1回に引き出せる金額は500ユーロまで、これで手数料200円(CITIBANK以外のATMで引き出した場合の手数料も200円かどうかは不明だが、説明書には「アメリカの一部のATMではオーナーが勝手に手数料を取る場合がある」としか書いてないので、ほとんど200円かもしれない)。出てくる500ユーロは100ユーロ札5枚ということはなく、たいてい5ユーロ札から50ユーロ札まで混ぜて、場合によっては50ユーロ札が無く大量の20ユーロ札で出てくるので、すぐ使うには便利(だが、例えばその紙幣混ぜこぜ札束で3500ユーロを持ってSparkasseで入金しようとすると、窓口の人が嫌な顔をすることも。数えるのが面倒だから)。1日に引き出せる最大額は日本円換算で50万円まで、ということで現在は3500ユーロまで引き出せる(註:2004年8月頃までは3500ユーロ出せたが、同年12月には3000ユーロだった)。ということは、500ユーロずつ7(6)回おろす必要があり、これで(たぶん)手数料1400円。最後に明細書が出てくるが、間違ってさらに残高照会で凍結分(引き出せる分)の残り金額を確認すると、それだけでさらにまた100円取られる。そしてCITIBANKのレートはあまり良くないとも聞く。
たまに、朝一に行っても「明細書が出ませんがよろしいですか?」なんていうメッセージが出る事があるが、そういう時はキャンセルして隣のATMを使うと明細書がちゃんと出てくる。単にそのATMが紙切れだったということ。

日本→ドイツお金の移動
家賃の支払い等は下記の銀行口座から振り込むので、その口座に入金するには、この郵貯ワールドキャッシュで1日最高30000〜3500ユーロ(1回最高500ユーロ×6〜7回)ずつおろして札束を銀行窓口に持ち込むか、日本にいる人に日本の銀行or郵貯→ドイツの銀行口座に送金を頼むことになる。もしかしたら、CITIBANKの口座を日本で作って行けば、そのまま現地で振り込みにも使用出来るかも知れないが、ドイツでCITIBANKのネット口座が使えるか、普通に振り込みできるかは不明。ただ、CITIBANKがドイツで全く普通の銀行として機能しており、しかも近所にあればこれが一番便利。帰国時に口座を閉じるかどうか等悩む必要もない。
日本の口座から国際送金するのは、現時点ではネットで出来るところは無いようなので、渡航中は委任状とか書いて日本にいる人にやってもらうしかないと思われる。手数料は一般的な銀行だと4000〜5000円くらいかかるが、郵貯だと金額に関係なく一律1400円らしい(やったことないので実際は不明)。
というわけでATMからSparkasseの窓口までせっせと札束を運んだ。その後、一時帰国時に日本の口座からSparkasseに国際送金した。100万円単位で国際送金した方がレート的にも手数料的にも得だろう。

#CITIBANKはレートが悪いらしい。やはり長期滞在なら、郵便局からドイツの口座に送金するか、「JCB送金名人」(ググってください)を検討しましょう。

日本からドイツへ、郵便局の国際送金
ドイツに自分の銀行口座があれば、日本の郵便局からドイツの銀行への国際送金が安くてよい。郵便局の自分の口座から、ドイツの自分の口座へ自分が手続きするならばわりと簡単。
郵便局で上記CITIBANKのワールドキャッシュを使っている場合は、日本で一時保留手続きを解除する。郵便局で国際送金の書類をもらい記入する。身分証明書(免許証等)、郵便局のキャッシュカード、通帳、届出印(これがどれだかわからなくなりがち)も持参する。書類には日本の住所等はもちろん、ドイツの銀行名、支店名、支店の住所、電話番号などを記入したと思う。用途の欄には、適当に「生活費」的な事を書いておいた。ドイツでは特定の支店が口座を管理してるわけじゃない(と思う)ので不明なのだが、とりあえずインターネットで自宅近くの支店名とその住所等を調べて書いた。
料金は、200万程度送金して(金額は関係なく)1400円+5ユーロだったと思う。

銀行口座
口座は、給料を得る場合はもちろん、日本からの送金や家賃など各種料金の振り込みに必要。そして銀行口座とそのキャッシュカード(EC付き)があれば、ATMはたくさんあるし小さな商店以外では大抵ECで支払えるのであまり現金を持ち歩かずに済む。
ほとんどすべて口座管理料がかかるが、ネット振り込み等にも対応している所が多いらしい。Deutche Bankで月3.5ユーロ。Deutche Postで6〜15ユーロ。ただし月1000ユーロ以上入金(預金ではダメ)があれば無料。
ちなみに通帳というものはなく、明細は適宜、銀行の専用の機械にカードを入れてプリントアウトする。しなかった分については、明細が数ヶ月毎に自宅に郵送される。

Sparkasseで口座を作る
Sparkasseはドイツ全国に支店・ATMが多く、口座に1500ユーロ以上あれば口座管理料無料の口座"CONTO-DIRECT"があるため便利。ただし、全国展開のDeutsche BankやVolksbankと異なり、地域が違うと同じ銀行ではなくなるため、お金はどこでもおろせるけども預け入れは管轄外のSparkasseだと6ユーロかかるらしい。あと、管轄外だと帰国時の口座を閉めるのとか国際送金とかも直接はできない。Sparkasseのキャッシュカードは、EU内の他国でも使えるらしい。

【必要なもの】パスポートのみ

とりあえず窓口(といっても日本のようにちゃんとカウンターがあるわけではなく、ただ机の前に人が立ってる事が多い)に行って口座を作りたい旨を英語で言う(英語を喋れる人もわりといる。運が悪いといない。予めドイツ人に「これからドイツ語を喋れない人が行くのでよろしく」等電話しといてもらうのもよい)。平日は5時くらいには閉店だが、木曜日だけは6時半頃までやってたりするが店舗によって異なる。
口座の種類はいくつかあるが、CONTO-DIRECT(インターネット口座っぽいの)にすると、1500ユーロ以上預金があれば毎月の口座管理料は無料。というかむこうでそれを勧めて勝手にそれになった。他のは口座管理料が月数ユーロは取られる。
ただしCONTO-DIRECTでも、カード代として4年間に20ユーロ取られる。口座開設した月末に20ユーロ引かれていた。あと、おそらく口座に1500ユーロ以上あっても、年1回か数回か、1ユーロ以下くらい(詳細忘れた)引かれる。
住所氏名職業(職場にある支店にしたのですんなり)、結婚してるかどうか等を書類に書き込み、数枚の書類にサインするだけ。自宅電話番号やe-mailアドレスは不要だった。

約4日後にPIN(4桁の暗証番号)とネット用PIN(5桁の暗証番号)、TANのリスト(ネットで振り込み等手続きする用の1回限りの暗証番号がたくさん書いてある)が別々に送られてくる(書留ではない)。

#それらの手紙のうち、ネット用PINの入った手紙に自分の誕生日等が書いてあったが、それが違ってたため(おそらくパスポート見ながらむこうが入力したのに入力ミスった)、その書類を持って支店に行った。誕生日を直しサイン、むこうも何やら書き込んでその書類はむこうの人が預かった。

約1週間後にカードが送られてくる。MAESTRO、EC(Euro Cash)、GeldKarteが付いてる。これらはデビットカードのようなもので、ECはわりと使える店が多い。ECを使う場合、サインのみでOKの場合と、銀行の暗証番号(PIN)を入力させられる場合がある。

預金する
窓口に現金とカードを持ってゆき、預金する(einzahlen)旨伝える。小さな複写の紙(窓口内にしか置いてない)にKontonummer(Konto Nr.;口座番号)、名前(名字)、金額を書き(むこうが書いてくれた)、右下にサインして現金を渡すと入金完了、控えをくれる。数分後にパソコンで口座を見ると既に入金されていた。
窓口時間外に預金したい場合は、Einzahlungsautomatという預金機でも預金できる。自動的に口が開いて金属の箱に入れるやつと、取っ手が付いてて手で開けるやつがあるが基本操作は同じよう。初めに横に置いてある専用封筒に現金を入れ、名前、Konto Nr.(欄が2つある場合、EC付きならGirokonto-Nr.、そうでなければSparkonto-Nr.らしい)、日付を書き(ボールペンは置いてなかった)サインをし、ちょっと糊のついてる口をうまく折って閉じる。次にカードを入れ、Konto Nr.等を聞いてくるので確認し緑色のボタン(BESTÄTINGUNG=確認)を押す。さらに封筒に番号が印刷されてある場合はその番号、金額等を入力し緑色のボタンを押して進む。自動的に口が開くか、自分で開いて封筒を投入する。最後にQuitting(控え)を取って終了。翌日(場合によっては午後3時過ぎ)には口座に入金されている。しかし現地人でもあまり使った事のない人が多く、入力した金額と投入した金額が違った場合どうなるか等不明なため、その場で確認して入金できる窓口の方がよさそう。おそらくこの国にしばらく住めば、そのような機械があまり信用できない事を実感するだろう。ただし閉店時間直前だと「もう金庫を閉じてしまった」などと言われ断られる事もあるので、仕方なく利用したりする。

引き出す
SparkasseのGeldautomatで普通に引き出すと手数料無料だが、他行のATMで引き出すと3〜5ユーロも手数料を取られるらしい。英語モードがあれば選択し、場合によってはAuszahlung(支払い・引き出し)のボタンを押し、4桁のPINを入力して金額を指定する。金額は指定もできるようだが、50ユーロ単位で最高250〜500ユーロまでのボタンがある。おそらく1回最大500ユーロまで。たいてい5〜50ユーロ札が混ざって出てくる。
深夜は知らないが、夜間・早朝でもGeldautomatとEinzahlungsautomatは使える。

#休日に、別の街のガソリンスタンド横のSparkasseのATMで引きだそうとしたら使えない事があった。田舎のATM単体だとこういう事もあるが、銀行のATMだと引き落とせる。
また休日だとATMブースは施錠されており、入り口はカードを入れないと開かない。CITIBANKでも同様。

ネットで口座を見る・振り込む
ホームページのプルダウンメニューでonline zu meinem Kontoを選択。
口座番号Kontonummer、ネット用PIN(5桁)を入力後、Anmelden(申込み)をクリック。初回はPINを変更する画面となり、古いPINと、新しいPIN2回、TANを入力するとログイン完了、現在の預金が表示される。

左のメニューはいちばん上Finanzstatus(基本画面に戻る。ブラウザの戻るは使えない)、いちばん下Abmelden(終了。ログアウト)。

金額右はUmsätze(出入金明細)、Überweisung(振り込み)。

Umsätzeを選択後、UmsatzauswahlをクリックしZeitraum(期間)を1週間・2週間・4週間・いつからいつまで、のうちから選択し、weiterで履歴が見られる。

振り込みは、Überweisungを選択後、各項目を入力。*マークは必須項目。
Begünstiger: Name, Vorname Firma:振込先名前
Kontonummer des Begüstigter:振込先口座番号
Bankleitzahl:BLZとも。振込先銀行コード
Betrag: Euro, Cent:金額。カンマとセント「,00」も入力する。
Verwendungszweck:備考欄。書かなくてもよいが、例えば「Miete,Sato」(家賃、佐藤)などと書く。もしRechnung(請求書)番号等、先方の整理番号があれば必ず書く。

#初回の家賃の振り込み後に『次回から認識番号xxxを書け』という旨のドイツ語の手紙が来た。契約書には一切そんな事や番号は書いてなかったし説明もなかったが。また同時に自動引き落としの申込書も付いていたが、ドイツ人によると『退居後も引き落とされたりすることがある』とのことで、危険と思われる。

入力後、Weiter(次へ)。確認画面が出るので、未使用のTANを入力しBestätigung(確認)で完了。

引っ越したら
窓口に行きその旨伝えると、なんかプリントアウトしたのに書けと言われるので新住所と電話番号を書いて終わり。証明書等は不要だった。別の街に引っ越した場合には、住所と電話番号をFaxすればよい。数ヶ月おきに取引明細書が送られてくるので、住所は知らせておく必要がある。


ドイツから日本への送金
意外に紹介されてないのが、ドイツから日本への送金法。帰国時に手持ちユーロが現金で持ち帰るにはやや多いという時、ドイツから日本へ送金できると便利。ドイツの銀行に口座があればそこから送れるが、やや時間がかかる(1週間程度と言われた)のと、自分の口座のある銀行窓口に出向く必要がある。例えば、ドイツ国内で引っ越したため口座を作った銀行が遠い場合(Sparkasseは地域ごとに別の店なので、ありえる)などは、口座から送金することはできない。オンライン振り込みはおそらくドイツ国内のみ。
ここでもいくつか紹介されている。
http://www.interq.or.jp/world/naoto/benricho/index.html
一番簡単なのはウエスタンユニオンhttp://www.westernunion.com/を介した方法。ウエスタンユニオンという国際送金専門の会社があり、それと提携している窓口を介して現金を送れる。提携してるのは、ドイツではDeutschepostであり、口座もいらない。必要なものは現金とパスポートのみ。Deutschepostに行って国際送金したい旨伝えると用紙をくれるので、金額、受取人住所氏名、誕生日、出生地、差出人住所氏名、自宅と職場の電話番号、日付、サインなどを記入し渡す。現金(送金額+手数料)とパスポートも渡すとパスポート番号その他を職員が書き込む。最後に控えをくれて、Geldtransferkontrollnummer(Money transfer control number)を確認する。これは手続き番号もしくは暗証番号のようなもので、受取人はパスポート(と言ってたがようは写真付きID)を持って提携窓口に行き、(場合によっては)この番号を申し出ると現金を受け取る事ができる。尚、日本の窓口はスルガ銀行http://www.surugabank.co.jp/surugabank/01/05/11/0105110200.htmlのみであり、しかもウエスタンユニオン国際送金を取り扱っているのはある程度大きな支店のみのようだ。
この利点はとにかく簡単で早い事。受取人は自分や家族に限らず誰でも指定でき、有効なIDがあれば受け取れる。送金手続きして数分後には受け取れる状態になるようで、ウエスタンユニオンのホームページでGeldtransferkontrollnummerと差出人の名前を入力すると、受け取れる状態にあるかどうかも確認できる。欠点はとにかく手数料が高い事で、自分の場合およそ5000ユーロ送って手数料が5%だった。それだったら、ドイツでトラベラーズチェックを発行して日本で換金したり、ある程度時間があれば一時的に口座を作って即全額送金し口座を閉じたりしてもいいかもしれない。

銀行口座を解約する
口座を開いた支店に行くならおそらく簡単である。その場で手続きが済む。
そうでない場合、ほぼ全額を引き出した後、口座を解約する旨と日付、サインを書いた書面およびキャッシュカードを、口座のある銀行(口座を開いた支店)に郵送する。おそらく1週間以内に、口座の残額および口座管理料の精算に関する手紙が来る。残額よりも最後の口座管理料の方が高ければ、後でそれを払う必要がある。

back