ホイールマッチングの考え方。
  (カー用品店等に行くとマッチングリストの厚い本があります。自分の車両の履けるサイズは聞いた方が早いです。)

ホイールサイズ表記の再確認(検索したほうが判り易いサイトがあると思います)

 例 16×8J+30 P.C.D114.3 5H

 16=直径 インチ表示(1インチ25.4弌

 8=リム幅 インチ表示。この場合8J総幅になる。

 J=フランジ形状 他にB・JJ等がある。(J&JJの幅13弌Bは10弌9發気蓮帖

 +30=オフセット量(+30弌縫曠ぁ璽襪取り付けられる面位置。ETと表記するメーカーもある。

 ±0ならホイール中心に取り付く面が来る。

 +表示ならばホイール中心より外側へ〔デザイン面〕
   (+が大きくなるほど、車両に付けるとホイールは内側に入る)。

 −表示ならばホイール中心よりの内側へ
   (−が大きくなるほど、車両に取り付けるとホイールは外側へ出る)。

 P.C.D=ハブボルト穴位置サイズ

 5H=5HOLEの事・5穴。ハブボルト穴数。他に4穴・6穴・レアな3穴・マルチホール8穴4/5穴等

 最近はブレーキキャリパーが大きい車両があり、ホイールに当たる事があるので、ホイールによってはビックキャリパー対応やハイディスク等と表記されているものがあるようです。

インチUPするには、ホイールの直径を大きくしタイヤの扁平率を変えて、タイヤの外径を純正サイズに近い数値にする。
タイヤカタログには外径が記載されているので、それを元にインチUPする。
ココからはホイールのオフセットと幅についてです。

考え方なので、完璧なマッチングではありません。車は走るとサスが動きます。
ここで出た数値をそのままのホイールサイズとすると走ってサスの稼動時に当たることも考えられます。計算時个鉢僂肇ぅ鵐舛魎岼磴┐覆い茲Δ法

 今履いているホイールから、履ける最大幅を割り出す方法。
 (地面についた状態で計測・ステアリングを左右全開に切った時のスペースも見る)

 フェンダーからタイヤ側面又はホイール(一番外に近い所)までの距離を実測する。
  ハミ出ない具合の確認。今のホイールより何亞安Δ惱个靴燭い。
左図Aの計測

 内側のタイヤ又はホイールとサスorアーム類(タイヤに一番近い所)の距離を計測する。
  接触させない為の確認。当たる手前の距離。
左図Bの計測

 計測した数値を个嚢膩廚垢襦(A+B

 インチに変換する。上の計測値(A+B)÷25.4

 今履いているホイール幅に足す。(これで入る最大幅が判明)

 例 A25弌B30弌〕いてるホイール6Jの場合 (25+30)÷25.4≒2.165 になるので2インチと考え、6J+28Jが入るスペースがあると考えられる。

 《ホイールは0.5刻みで製造されている物が多い〔8J・8.5J・9J・9.5J等0.5を1/2と表記してあるホイールもある〕ので、そのホイールサイズに合わせる様に、端数は切捨てが良いと思います。》

 

 競織ぅ笋魍阿靴瞳彗し割り出す方法。
  (ロアアームにジャッキや馬等を掛けて、タイヤを付けて下ろしてる普通の状態と同じにする必要があります。)

 フェンダー位置からサスorアーム等(車両により計測する部分が変わる。)
  ←図の
を計測で最大幅数を出す。計測位置(高さ)はホイールの直径インチによって違ってくる。

 (A−26)÷25.4でホイールインチ幅が判る。26は○JのJに当たる部分でホイールの外側と内側にあるので13x2で26になる。

例)の数値が230个両豺隋(230−26)÷25.4≒8.03になるので、8Jが入るとと考えられる。

 轡フセットの出し方

 ホイールが付く面のローター部?から内側又は外側の左図BorCに当たる部分を測る。
計測時にホイール取り付け面と水平に上げた線に直角にB&Cを計測する。
キャンバー等の角度があるので、ズレてしまうと数値が変わる。

総幅(弌÷2−C
でオフセットが出る。CをBに変えても。±を間違えないように。
最近の車は+オフセットが多い。(B−C)÷2でもオフセットが計算上出てくる?

 今履いているホイールからオフセットを出す方法
考え方は同じです。履いているホイールのオフセットと幅とツラにさせる為に外に出す数値、履く予定のホイール幅が判れば計算で出ます。
〕く予定のホイールリム幅×25.6+26を総幅(弌砲箸垢襦
◆丙のホイールリム幅×25.4+26)÷2−今のホイールオフセット+外に出したい数値をホイール取り付け面からフェンダーまでの距離Cとする。
、―个靴真値÷2−△能个靴真値でオフセットが出てくる。

◎まとめ◎

簡単に考えるなら、幅が1J増えるとホイールが12.7弌複Jなら25.4弌0.5Jなら6.35弌貌眤Δ罰安Δ砲修譴召豼える。
今のホイールがフェンダーギリギリの時、1J太くしたらそのホイールオフセットに12.7仟すとホイールはフェンダーギリギリのままのオフセットになる。その分内側は25.4仭える。
同じホイール幅で20亞阿暴个靴燭い里覆蕕弌∈のホイールオフセットから20舒けば希望の位置へ出てくる。
1J太くして20仆个靴燭い覆蕁元になるホイールオフセットに(+12.7弌20弌砲垢襪肇フセットが算出できる。

文字に現していくと徐々に判らなくなってくる…
ココまでの説明が判りにくいと思いますので、まとめたものをマッチング計算表として作成してみました。

エクセルで作ってあります。

 マッチング計算表へ飛ぶ (ダウンロード) 

今履いているホイールサイズ・オフセット・ツラ合わせの為に何仆个靴燭い・履きたいサイズ(幅)を入力すると、履きたいサイズ(幅)に適したオフセットの近似値が出ます。同じ幅数ならば、ツラにするオフセット近似値が出てきます。目安としてお使いください。
転載・2次利用する場合・間違いなどがありましたら、ゲストブックにてご報告&書き込みお願いいたします。

※ご注意
ホイールサイズ(幅)が判明しても、P.C.D・センターハブ径・ハブボルト数・キャリパー逃げ等が違うと取り付けできません。
車高を下げている場合、フェンダーツメ折をしていないと、バンプ時にタイヤがツメに当たりタイヤのサイドが切れる場合があります。
ホイールとタイヤを組んだ時、同じサイズでも各メーカー・デザイン等によって微妙に出方が違ってきます。
ホイールとタイヤを組み込んだ状態でホイールよりもタイヤが出ている場合、そのタイヤ分ハミ出ます。
フロントはハンドルを最大に切り込むと内側に当たることがあるので、考慮してサイズを選んでください。
リアホイールについては、4WS・ハイキャス・マルチリンク等は可変値に注意が必要です。
車高を変えている車両は、サス形状によりラテラルロッド等で調整しないと左右の出方が違ってくる車両があります。
車両個体差によって、最初から少し左右がズレを生じている時があります。
くれぐれも自己責任でお考え、ご利用ください。取り付け出来ない・事故・違反取締りに遭った場合、当方は一切責任持ちません。