サーフィン初心者が何も頼らず上達しようとしても、それは無謀な話!サーフィンにはちょっとしたコツがあり秘訣があります!!!
最短でサーフィン初心者が上達する方法を教えます!サーフボード、サーフィン用品用語を知ること、波を見る目、イメージトレーニング、パドル、テイクオフ、ドルフィンスルー、アップスの9ステップで教えます。
最短でサーフィン初心者が上達する方法 サーフボードの選び方を解説します サーフィンを始めるには 初心者用グッズの紹介ページ リンク集
最短でサーフィン初心者が上達する方法 > 

サーフィン初心者上達の9ステップ

1、サーフボードとはなんぞや?
2、サーフィンに必要なグッズ
3、初心者はサーフィン用語を覚えよう
4、サーフィンは海で遊ぶスポーツだから海を知る
5、イメージトレーニングはどこでもできる
6、サーフィンで一番重要なパドルのコツやトレーニング
7、サーフィンの難関テイクオフのコツを大公開
8、ドルフィンスルーが出来て半人前
9、アップスが出来るとサーフィン初心者を脱出


初心者に必読!サーフィンルールについて
一つの波に乗れるのは一つの方向に対して一人だけ

これは、特に守ってほしい。
初心者は波が来ると、周りの事に気を配れなくなるので、遮二無二パドルを開始する。
でも、その波は「あなたのものとは限りません」。「え???どういうこと?波はみんなのものじゃないの?」と聞こえてきそうですが・・・皆のものではありますが、皆のものでもないのです。?ですよね。説明します。
波の最初に崩れる個所を「ピーク」と呼びます。そのピークに近いサーファーが波に乗る優先権を持っています。
ピークから崩れた波は、順番に右や左に波が崩れていきます。右に崩れてきた場合は、進行方向が必然的に右になります。もちろん、左に崩れてきた場合は、進行方向は左になります。
ピークにいたサーファーが一番優先権があり、その次に優先権があるのが波の崩れていく方向にいるサーファーとなります。くれぐれも間違わないように。


サーフィン動画をご紹介します

これは、徳島県海部川河口のサーフィン動画です。
日本でも名の知れたサーフィンポイントでして、パワーのある波として、素晴らしい波として有名です。
ただ、サーフィン初心者が入れるような場所ではないので、見学だけにしましょう。

これは、インドネシア、バリ島のビンギンという場所のサーフィン動画です。
海底はリーフでして、しかもこの時はロータイドでして、パワーがあるし、掘れてるし、浅いし、危険度はマックスです。
テイクオフからチューブ三昧で、上級者ならたのしめるコンディションですね。
当然、サーフィン初心者が入れるわけはなく、見学のみとなります。
ですが、練習して練習して、いつかこんな場所でサーフィンが出来たらいいですね。


「最短でサーフィン初心者が上達する方法」についての問い合わせ

「最短でサーフィン初心者が上達する方法」がほしいサーファーの方からのお問い合わせに対応しています。
わかる範囲ですけど・・・。
連絡先は
info%surfing-gate.com(%を@に変更)
までご連絡ください。
迅速に対応させていただきますので、お気軽にお問い合わせください。

携帯電話で問い合わせる方は、インターネットアクセスブロックを解除してください。
せっかく情報を送っても、返信不能で返ってきます。そんな時は本当に悲しい気持ちになります。
是非よろしくお願いいたします。