Vol.3 レビュー



#19 ゴリ上機嫌

一層気合いが入り上機嫌な赤木。
花道が初めてドリブルシュートという存在と知る。


#20 庶民のシュートは難しい

いっこうにドリブルシュートが決らずいらだち始める花道。
そんな時に花道が流川に向けてとった行動とは?


#21 その感覚

早朝練習にはげむ花道はたまたまランニングしていた晴子と遭遇。
二人の朝の秘密練習の末に花道は庶民シュートと決めることに成功。


#22 「要チェックや」

みんなが帰ったあとに秘密の練習をする花道。
そんな中、湘北の初めの練習試合相手の陵南高校の相田彦一が登場。


#23 ただ者じゃない男

相田彦一から陵南のいろいろな情報を入手する。
そして花道は陵南エースの仙道を倒すとごうごする。


#24 明日の前の日

練習試合を前に最高の状態にある湘北バスケ部。
練習終了後に赤木が花道にリバウンドというものを教える。


#25 因縁の二人

初めての練習試合の前に緊張する花道。
いよいよ湘北vs陵南の練習試合が行われる。


#26 秘密兵器と呼ばれて

背番号10番を無理矢理もらった花道、試合開始直前に
寝坊で遅刻してきた陵南エースの仙道が姿を表す。




トップへ