26HEランドナーの会 2003/2/19作成

                                                26HEツーリング車の紹介

                                            by 岩太郎

                                                                             

     全体像(サイズは500mm。TOEIランドナースタンダード 丹下No.1 26x1.25 )

■ 車種・製造元  
  
TOEIランドナー  
京都市内の老舗の某店で発注。650Aが標準仕様だったものを、26HE仕様に変更してもらった。 
(完成 1999年秋) 

■ 発注の経緯、およびコンセプト   
   
以前、中古の650Bランドナー(入門車)に乗っていたが、短足のため(~~;)フレームサイズも合わないこと  
もあり、納得のいくランドナーに乗りたかったので新規発注することにした。  
1999年当時、既に650Aのランドナー用タイヤも銘柄が限られており、650Bのような衰退が危惧された  
ので、@nifty FCYCLETフォーラムのツーリング車会議室で話題になっていた?MTB用の26HEホイー  
ルとすることにした。  
フレームブランドとしては、昔から憧れのあったTOEI(「いつかはクラウン。いつかは東叡(^^)」)に決め
ていたが、フランスパーツや伝統的な美しさにはあまり興味もなく、ロードやMTBの部品を混ぜて、機
能に徹した現代的なランドナーを目指してみた。
ハンドル部については、ロードで使い慣れたアナトミックハンドルとエアロブレーキレバーを使用した。
(昔のブレーキレバーに馴染めなかったもので。) 結果的に輪行はロードのような形態で行うこととなった。

■ 評価 
 
以前のランドナーと比べて、丹下NO.1パイプで相応に、そこそこ乗り味の軽いランドナーになった。
(ロードのNO.1パイプと同じ感じ)。また、26HEの効能?で、フレームサイズ500mmにもかかわらず、
ヘッドチューブが長い(540mm相当?)スタイリングになった。
タイヤの太さも1.5以下で自由に選んで楽しめるのもいいところ。(現在1.25を使用)

■ 課題 
 
某老舗で発注したが、ランドナーにしては、ハンドリングの切れ味がいい感じ。
(もっと鈍い感じにしたかった。)。実績ある650Aで作らなかった弊害かなぁ。  
細めな1.25タイヤのためか、振動吸収性に改善の余地あり。ロードでカーボンやチタン  
を試乗した感じからすると、新素材でのトライもしてみたいところ(お金がかかりそうじゃ)。  
ロードと比べて輪行時に重い(当たり前やぁ)。上記の新素材の使用とあわせて軽量化  
もしてみたいところ。  
それと、泥除けとタイヤの間のクリアランスが広すぎて、見た目が失敗作に見える?
ってところが弊害というところでしょうか

■ 部品仕様   

フレーム   丹下No.1、サイズ500mm、イタリアンカットラグ付き。
ホイール   26HE MAVICリム、DEOREハブ リヤ135mm、
         パナレーサーパセラ(26x1.25)、本所泥除け(一体型)
駆動部     プロダイトリプル、シマノUGチェン、8速フリー
         極東プロエースペダル
変速部     リヤ:コマンドシフター(フリクションで使用)−DEORE XTリヤメカ
         フロント: Wレバー+某ディレーラ
ブレーキ部  RX100レバー、STXカンティ
ハンドル部  サカエアナトミックバー、日東ステム、
シート部   シマノ600ピラー、サンマルコロールス

おわり。バイバイ(^^)/~~

戻る