Kana Typer

■紹介
昔のコマンド入力式アドベンチャーゲームにはカナ入力しかできないものが多くあります。
懐かしくてもう一度プレイしたくても、ローマ字入力に馴らされた今となってはカナ入力はなかなかできないという人も多いのではないでしょうか。
そこでこのツールでは、IME経由で入力したひらがなまたはカタカナの文字列をカナ入力のキータイプに変換してエミュレータに送ります。

M88 用ならむらたけんさん作の RND4M88 というツールで十分なのですが、 Kana Typer では PC88WinNeko Project IIX millennium にも対応できたので公開してみます。

このツールの特徴の一つは、カナ入力モードに切り替える操作が不要という点です。
M88PC88Win は [Scroll Lock] キーで、 Neko Project IIX millennium は [ひらがな] キーでカナ入力になりますが、この操作は Kana Typer が自動的に行います。
従って Kana Typer から入力するときは常にカナ入力モードになり、エミュレータ側にフォーカスを移せばすぐに英数入力ができます。

■インストール/アンインストール
実行ファイル(KanaTyper.exe)を任意のフォルダに置いてください。
不要になった場合はフォルダごと削除してください。
レジストリ等の改変は一切行っていません。
また置かれたフォルダ以外の場所にファイルを作成することもありません。
■使い方
対応エミュレータとともに起動し、Kana Typerの方にフォーカスがある状態で、IMEをオンにして入力してください。
漢字に変換してしまうと正常にキーを送ることができません。ひらがなかカタカナで確定してエンターキーを押してください。
1文字も入力されていない状態でスペースキーかテンキー側の数字キーを押すと、確定を待たずに直接送ります。
カーソルキーやバックスペース、エスケープキーなども同様に直接送ります。

キーがうまく送られない場合はウェイトの値を大きくしてみて下さい。

「全速」ボタンでエミュレータをノーウェイトモードにします(PC88Winにはこのような機能はないようです)。
「全画面」で簡易全画面表示にします(NP2とX millenniumではこの方法は通用しませんでした)。

現在(一応)対応しているエミュレータ
■開発環境
Borland Delphi 6 Personal (無料版)
Key Objects Library / Mirror Classes Kit
■動作確認した環境
OS: Windows2000 Professional SP4
CPU: Intel Celeron 1.7GHz
M88: 2.15, 2.16b7, 2.18, 2.20, 2.21, 2.21a
PC88Win: 1.14
Neko Project II: 0.72b
X millennium: 0.26d, T-tune STEP 1.43, ikaTune release 3a
■公開場所
http://www.geocities.co.jp/SiliconValley-Sunnyvale/3282/trash.html
ゲストブックに動作報告・バグ報告等をお寄せ頂けるとありがたいです。
■配布条件
Delphi無料版で作っているので当然ですが無料です。
再配布・転載・改造等も一切制限しません(無断で結構です)。
■更新履歴
v0.1  2003-12-27