2001年9月×日

 「シャドウ・オブ・ザ・ヴァンパイア」と「テルミン」をハシゴ。どちらも梅田のガーデンシネマでした。ガーデンシネマは私のお気に入りの映画館で、座席もいいし、ロビーもトイレもきれいだし、何より観たい映画の上映が多い。今日はやっと会員証のスタンプが10個たまって、招待券を2枚ゲットしました。ちょうど観たいと思っている「夜になるまえに」「おいしい生活」がガーデンシネマでの上映なので、その時に使ってしまおう。

 私は、映画を観る時は必ずといっていいほどパンフレットを買うんですが、10年くらい前からか、パンフレットの形が多様になってきました。それまではサイズは絶対にA4だったし、ページは28ページ、文字も絶対に横書きでした。それがサイズがB5になったりB4になったりするだけでなく、最近はほんとに多種多様な工夫を凝らしたパンフレットが出ています。今日の「テルミン」もしかり。特にガーデンシネマのは変わったものが多いように思います。

 私が持っている面白パンフを紹介すると・・・

『17歳のカルテ』
メモ帳サイズのプチ・パンフレットに本物の包帯が巻いてある!
『ハイ・フィデリティ』
舞台がレコード店の映画。EP盤サイズのパンフレットがレコード・ケースのような厚紙ケースに入っており、それがさらにレコード店でもらうようなナイロン袋に入っている。
『アイ・ラブ・ペッカー』
主人公のカメラ少年にちなんで、パンフレットが、写真屋さんでプリントしてもらった時にもらうような紙袋に入っている。
『クレイドル・ウィル・ロック』
社会派のこの作品のパンフは、新聞形式。ちょっといい目のザラ紙に印刷してあって、折りたたんである。タブロイド版サイズ。
『テルミン』
映画のパンフ、テルミンの解説書、折り込みポスター(テルミンの回路図つき!)の3点セット。ハガキサイズの紙ケース入り。
『GO!GO!LA』
ナイロンケースにパンフとLAの地図入り。

 ちなみに、一番下の以外は全部ガーデンシネマ。面白いんだけどね、本棚には収まりが悪いです・・・。