53.名古屋モーターショーに行ってきました
(2007年11月24日)

  今日は3連休の2日目。
お天気はとても晴天なので、行楽地はきっと大混雑でしょう・・・・
ならば逆に都心は空いているだろうと考えて、一昨日から開催されている「名古屋モーターショー」を見に行ってきました。
会場の「ポートメッセ名古屋」は、岐阜市内から約55kmの距離です。「混雑が予想されるので公共交通機関を利用するように」との主催者のコメントでしたが、家内と二人分の鉄道賃を計算すると、クルマで行った方が安上がりです。そこで、ドライブを兼ねてベクトラで行ってきました。

駐車場の入り口で20分ほど待たされましたが、それ以外は渋滞もなく、スイスイと1時間半程度で到着しました。

<下記の写真で気になるものがあればクリックして下さい。もう少し大きな画像で見ることができます!>
このモーターショーは今回で15回目だそうです。

「東京モーターショー」の地方巡業版といった感じなので、展示車の多くは「東京モーターショー」と重複しているようです。
まあ、中部地区の者がわざわざ東京まで行かなくても楽しめるというが、メリットですね。
 
最初の会場は二輪車でした。

←う〜ん。大型バイクはやはり格好良いですね〜
 エンジンは6気筒の1800ccなんですって!
 いったいどんな加速するんでしょうね

カメラ小僧が綺麗なお姉さんに群がってましたので、
僕も年甲斐なくパチリ!→


←三菱のブースで気になったのはこちら。
電気自動車のコンセプトカーです。あの「アイ」を元にしたようですが、色も形も可愛くて良かったです。

おっと、またまた綺麗なお姉さんに皆が群がってます。
またもやパチリ!→



← アウディの「S5」です →

ほほ〜っ。これは完成度が高いですね。
てっきり市販車かと思ったら、まだ参考出品だそうです。
やっぱりアウディは綺麗なデザインですね〜


アウディの「R8」です。
これは参考出品だろうと思ったら、市販車でした(^_^;)
まるでSF映画「アイ,ロボット」の世界です。
と〜っても格好良かったですよ!

アウディの凄いところは、市販のセダンとこんなスポーツカーが違和感なく同じトレンドでデザインされていること。
ショーカーと市販車が全然似ていない国産車と違うんですよねぇ

誰が見ても一目で分かる、シトロエンの「C6」です。

さすがにシトロエン最上級の戦艦。デッカイです。
この独特の存在感は凄いです。
この思い切ったデザインは、誰にも似ていなくて最高!
僕は大好きなんです。
 
マイバッハ62Sです。

価格は、ななっなんと約6千万円なり!!
こんなクルマ誰が買うんだろう??

あっそうか、ドバイの石油王か。。。納得。
 
←ダイハツの軽自動車規格のレジャービークルです。
 普通、こんな真四角なデザインは単調になりがちなのに、このクルマはインパクトがあって格好良いですね〜。

こちらは次期「コペン」かな?→
お隣のお姉さんも可愛かったです(*^_^*)

←スズキのコンセプトカーです。
 これも軽自動車規格なんですが、存在感ありありです。

こちらの一人乗りビークルとセットなんです→
またまた、綺麗なお姉さんでした(^_^)

←同じくスズキのコンセプトカー→

最近のモーターショーではありがちなSUVなんですが、このデザインはなかなか気合いが入ってました。
グレーのラインが躍動感を増しているんでしょうね
スズキと提携しているフィアットのコンセプトカーに、確か似たようなトレンドのデザインがあつた気がします。

これもスズキのコンセプトカーです。
レジャーユースに楽しそうなクルマでした。
 
←トヨタのハイブリッドスポーツカーです。
格好は良んですけど、色んなクルマの寄せ集めみたいなデザインで、ちょっとオリジナリティに欠ける気もします。。。

レクサスのSUVコンセプトカーです→
市販されると、どんなデザインになるのでしょう?

←トヨタのコンセプトカーです→

ユニークで面白いんですが、こういうデザインのクルマって、わりと以前のモーターショーから見かけます。
こんなクルマが本当に町中を走り回る時が来るんでしょうか?

←あっ! ランチアのイプシロンだ!

うちのプントとエンジン・シャーシを共有しているんですけど、こちらはずっと高級車です。
たま〜に街で見かけますが、このデザインはやっぱり良いですね〜
これで右ハンドルの4ドアだったら欲しいんだけどなぁ。。。
 
←おおっ、マセラッティ!
と〜っても綺麗ですね。
4ドアセダンのスポーツカーというカテゴリーでは、断然トップの美しいデザインだと思います。
パールホワイトの輝きは半端ではありません!

こちらはお馴染みのフェラーリ→
やっぱり赤が似合います。

←でたっ! オロチです→

どこから見ても、このクルマのインパクトはもの凄いです!
このブースにはコンパニオンのお姉さんがいなかったのに、黒山の人だかりでした。
誰にも似ていない世界に誇れる日本のスーパーカーデザイン。
とても人気があるんですよ!

←マツダのブースには、次期アテンザが展示されてました。
ルーフラインが欧州車的(パサート風?)で、とても洒落てます。
ただし、フロントマスクだけは毎度のマツダ顔。
デミオなんかとあまり代わり映えしないのが残念だなぁ。。。

マツダのSUVコンセプトカーです→
実用性はともかくとして、格好良かったですよ。

←マツダのコンセプトカー「流れ」→

「流れ」のネーミング通り、と〜っても流麗なデザインです!!
思わず息を呑んでしまいました。
マツダのデザイン力は、力がこもってますよ。

ニッサンのブースは、定番の日産GTRで始まります。

スペックは凄いらしいけど、まるで三菱のガンダム的ないかついデザインは、果たしてどう評価されるんでしょう?
いい年したおじさんが乗るのはちょっと恥ずかしいし、かといって、若者には高すぎて購入できないだろうし・・・・
マセラッティのようなデザインにはできなかったのかなぁ。。。
 

←ニッサンのインティマです→

これは次期フーガかシーマかな? という感じです。
このまま市販されても良いくらい完成度が高いデザインですが、このクルマの凄いところは、このドア!
観音開きのドアが、ガバッ!と裏向きまで開きます。
町中でこんなドアの開け方をしたら、みんなビビるでしょうね(笑)

←ニッサンのコンセプトカー→

これはもう東京モーターショーでお馴染みです。
実用化までは、まだ長いんでしょうね。。。

 
いや〜っ。
実は、僕はモーターショーを見たのは初めてでしたが、おじさんでもなかなか楽しかったですよ!!