携帯アドレスデータCSV変換携帯アドレスデータCSV変換

 携帯電話のアドレス帳のデータをパソコンで修正し、携帯電話に戻すことができるツールです。

画面見本

  Sample

概要

  携帯電話のアドレス帳(VCF形式)とパソコン側のCSV形式を相互に変換するツールです。   大量にアドレスデータを登録する時にパソコンのキーボードですばやく作成することができます。   また、機種変更時のアドレス帳移行にも役立ちます。   携帯電話の機種はTOSHIBA製A5506T(au)、W47T(au)、および、   SHRAP製812SH(SoftBank)で確認しました。   DoCoMoできると思います。   (対応機種情報)   姉妹品「携帯データ形態変換器」もよろしく。

インストール方法

  ここからダウンロードし適当なフォルダーに解凍するだけです。   別途Visual Basic 6.0用ランタイム・ライブラリが必要です。

実行方法

  vcf2csv.exeを起動して下さい。   操作方法は「ヘルプ」をご覧下さい。

アンインストール方法

  フォルダーごと削除して下さい。

バージョンアップ情報

  2013/12/26 Vectorの2013年・年間総合ダウンロードランキング(Windows)で72位になりました。   Ver 1.4.3  一部の機種で「BEGIN:VCARD が無し」のエラーメッセージが表示されるケースに対応しました。   Ver 1.4.2  Softbankの一部の機種でフリガナが取込めないケースに対応しました。   Ver 1.4.1  氏名のカナタグを修正しました。   Ver 1.4.0  特定のタグの追加機能を追加しました。         長い文字列(改行を含む)全角文字列タグに対応しました。   Ver 1.3.2  ドキュメントに「Outlook Expressのアドレス帳の相互変換方法」を記入しました。         ホームページへのリンクを追加しました。   Ver 1.3.1  グループNo未登録への対応、および、その他の不具合に対応しました。   Ver 1.3.0  私の携帯のキャリア変更(AUからSOFTBANK)に対応してSOFTBANKの日本語項目の         不具合を改修しました。(グループ名、住所、メモなど)   Ver 1.2.1  対象の項目として住所・メモ・誕生日・血液型を追加しました。         グループ名の取得方法を変更しました。         SoftBankの携帯に対応させました。   Ver 1.2.0  一件あたりの電話番号、メールアドレスの数を9件まで指定できるようにしました。         データ件数を1000件まで登録できるようにしました。         私の携帯の機種変更を記念してバージョンアップしました。   Ver 1.1.1  ドライブ指定の異常終了に不具合を修正しました。   Ver 1.1.0  DoCoMoに対応しました。         CSVファイルの指定を追加しました。   Ver 1.0.2  ファイルの参照方法を変更しました。   Ver 1.0.1  グループを20種類まで対応しました。   Ver 1.0.0a ドキュメントを修正しました。
  
  問い合わせ先:@ 
  トップページへ戻る