記号 Gymkhana

ジムカーナとは?

上智大学自動車部では、ジムカーナ競技をメインに活動しています。

ジムカーナとは、舗装された路面にパイロンで設定されたコースを競技車両が1台ずつ走行し、タイムを競うモータースポーツです。F-1のように特殊な車は必要なく、普段使用しているクルマをそのままの状態で使うことができます。速度域は早くても80km/h程度と低く、他のモータースポーツと比べて安全性が高い競技です。

ジムカーナ走行
関越スポーツランドにて

ジムカーナのルール

通常は1周1分前後のコースを2回走行して、速い方のタイムで順位を競います。車がパイロンに触れてしまうと1回につき+5秒のペナルティが課されます。コースを間違って走行してしまった場合はその走行回のみ失格となります。

テクニック

ジムカーナは基本的にタイヤのグリップ力を活かして走行する競技ですが、状況に応じてサイドブレーキきっかけとしたサイドターンというテクニックが必要とされます。また、後輪駆動車に限っていえば、意図的に後輪を滑らせることで急旋回をすることもあります。ジムカーナでは、こうしたテクニックを用いながら、指定された区間をいかに早く走破するかが問われてきます。これらのテクニックは、ドリフト走行やサーキット等、他の競技においても必要とされ、ジムカーナで好タイムが出せる走り方は、他のモータースポーツにも通用するといえます。


1