.
多発性骨髄腫治療薬ベルケイドによる治療
多発性骨髄腫治療薬ベルケイドによる治療
Google
ベルケイドによる治療以前の治療

VAD療法
末梢血幹細胞移植

2001年8月糖尿病治療で入院中の血液検査で
IgG の値が高いのが解り多発性骨髄腫と診断される

直ぐに治療の必要がないので経過観察となる

IgG の値が 3000 を超えたので VAD療法(02/10-12)による治療を開始


末梢血幹細胞採取(03/01/09-02/03)の記録
末梢血幹細胞移植 一回目(03/02/20-03/24)の記録
末梢血幹細胞移植 二回目(03/05/19-06/20)の記録


レブラミドにて治療中(10/09/13〜)

IgG(基準値870〜1700) 時系列


ベルケイドによる治療(10/03/25 - 10/06/15)
退院後(維持療法)

ベルケイドによる治療(08/01/16 - 08/03/19)
退院後(08/03/20〜10/03/04)
	
ベルケイド投与計画表
1サイクル
(導入療法)
\
1週目 ベルケイド
デカドロン
投与
デカドロン
投与
休薬 ベルケイド
デカドロン
投与
デカドロン
投与
休薬 休薬
2週目 ベルケイド
デカドロン
投与
デカドロン
投与
休薬 ベルケイド
デカドロン
投与
デカドロン
投与
休薬 休薬
3週目 休薬 休薬 休薬 休薬 休薬 休薬 休薬
1サイクル
(維持療法)
\
1週目 ベルケイド
デカドロン
投与
デカドロン
投与
休薬 休薬 休薬 休薬 休薬
2週目 ベルケイド
デカドロン
投与
デカドロン
投与
休薬 休薬 休薬 休薬 休薬
3週目 ベルケイド
デカドロン
投与
デカドロン
投与
休薬 休薬 休薬 休薬 休薬
4週目 ベルケイド
デカドロン
投与
デカドロン
投与
休薬 休薬 休薬 休薬 休薬
.

ベルケイドによる治療
    (2010/03/25〜)

.
2010/03/25(thu)
入院生活スタート

ベルケイドで治療します。

三週間を一サイクルとして

最初の一週間にベルケイドを二本投与
月曜日、木曜日

次の一週間にベルケイドを二本投与
月曜日、木曜日

最後の一週間はオヤスミ

このサイクル(導入療法)を繰り返す予定です。


入院最初に一番痛い検査が

早速きた〜〜〜。

骨髄穿刺(マルク)


いつやっても
ぎえ〜〜〜


IgG値 正常値(870 〜 1700)
2010/03/04 2643
	

1サイクル目

1週目

.
2010/03/29(mon)
ベルケイド
デカドロン
投与


骨髄抑制
WBC 5800
Hb  12.3
Plt 21.8

IgG 3100


内服薬
朝食後
バクタ
ゾビラックス
ムコスタ

昼食後
ムコスタ

夕食後
ムコスタ

就寝前
ガスターD

過去にバクタによる薬疹が
診られるので今回も薬疹が出次第服用中止とする
	
.
2010/03/30(tue)
デカドロン
投与
	
.
2010/04/01(thu)
骨髄抑制
	
WBC 7200
Hb  11.5
Plt 19.7


ベルケイド
デカドロン
投与
	
.
2010/04/02(fri)
デカドロン
投与
	

2週目

.
2010/04/05(mon)
ベルケイド
デカドロン
投与


骨髄抑制
WBC 6400
Hb  12.7
Plt 19.8
	
.
2010/04/06(tue)
デカドロン
投与


ベルケイド投与した右腕に
静脈炎らしきものが現れる

良性一過性静脈炎らしい

これより以降
ベルケイド投与は左腕に続けるも
左腕は目立った症状は現れなかった
	
.
2010/04/08(thu)
ベルケイド
デカドロン
投与


骨髄抑制
WBC 7500
Hb  12.0
Plt 15.8
	
.
2010/04/09(thu)
デカドロン
投与
	

3週目

.
2010/04/12(mon)
骨髄抑制
WBC 5100
Hb  12.1
Plt 10.3

発疹らしきものが現れる

バクタの服用を中止して様子をみる
	
.
2010/04/14(wed)
骨髄抑制
WBC 4300
Hb  11.8
Plt 12.9

IgG 1665


次回も
1サイクル3週間の治療(導入療法)をする事なった

尚次回は
連休の関係もあり

4月16日に一旦退院

5月10日月曜日
から入院治療開始予定
	
.
2010/04/16(fri)
一旦退院
	
.
2010/04/22(thu) 外来
骨髄抑制
WBC 4700
Hb  11.8
Plt 24.3


IgG 1823


ゾメタ点滴


5月10日月曜日から入院治療開始
	

2サイクル目

1週目

.
2010/05/10(mon)
入院したよf(^-^;
	
	
ベルケイド
デカドロン
投与


骨髄抑制
WBC 5300
Hb  12.0
Plt 20.5


内服薬
朝食後
バクタ
ゾビラックス
ムコスタ

昼食後
ムコスタ

夕食後
ムコスタ

就寝前
ガスターD

過去にバクタによる薬疹が
診られるので今回も薬疹が出次第服用中止とする
	
.
2010/05/11(tue)
デカドロン
投与


部屋の都合で無菌室に移動




	
.
2010/05/12(wed)
無菌室から大部屋に移動したよ
	
無菌室の写真
http://www.geocities.jp/suitoyaji_mac/z_mukin/phot_01.html
	
.
2010/05/13(thu)
ベルケイド
デカドロン
投与


骨髄抑制
WBC 8100
Hb  11.6
Plt 20.1
	
.
2010/05/14(fri)
デカドロン
投与
	

2週目

.
2010/05/17(mon)
ベルケイド
デカドロン
投与


骨髄抑制
WBC 5100
Hb  11.7
Plt 15.7
	
.
2010/05/18(tue)
デカドロン
投与
	
.
2010/05/20(thu)
ベルケイド
デカドロン
投与


骨髄抑制
WBC 7400
Hb  11.3
Plt 12.0
	
.
2010/05/21(fri)
デカドロン
投与


ゾメタ点滴


次回も
1サイクル3週間の治療(導入療法)をする事なった

5月24日に一旦退院

5月31日月曜日
から入院治療開始予定

ベッドの空きがない場合は外来治療に変更
	
.
2010/05/22(sat)
下剤プルゼニドを連続服用のせいか
深夜より激しい下痢に襲われる

当然シーツ、衣類は何度も交換し
コインランドリーに走る
	
.
2010/05/24(sun)
骨髄抑制
WBC 5500
Hb  11.8
Plt  7.2

IgG 1428

本日一旦退院

5月31日月曜日から
3サイクル目導入療法にて入院治療開始予定
	

3サイクル目

1週目

.
2010/05/31(mon)
入院したで〜すf(^-^;
	
	
ベルケイド
デカドロン
投与


骨髄抑制
WBC 6100
Hb  11.1
Plt 22.1

IgG 1400


内服薬
朝食後
バクタ
ゾビラックス
ムコスタ

昼食後
ムコスタ

夕食後
ムコスタ

就寝前
ガスターD

過去にバクタによる薬疹が
診られるので今回も薬疹が出次第服用中止とする
	
.
2010/06/01(tue)
デカドロン
投与

夕方より咳き込む
二年前に肺炎を併発したのも
3サイクル目だったので気にかかる

バクタによると思われる薬疹が出たので
明朝の服用から中止して様子を見る


	
.
2010/06/03(thu)
ベルケイド
デカドロン
投与


骨髄抑制
WBC 7900
Hb  10.9
Plt 23.2


内服薬
朝食後
バクタ再開
	
.
2010/06/04(fri)
デカドロン
投与


下痢に悩まされる
	

2週目

.
2010/06/07(mon)
ベルケイド
デカドロン
投与


骨髄抑制
WBC 3900
Hb  11.0
Plt 15.5

日曜日、月曜日(本日)と
便秘になり就寝前にプルゼニドを服用する
	
.
2010/06/08(tue)
デカドロン
投与

プルゼニド服用のせいか
早朝より下痢に悩まされる
	
.
2010/06/10(thu)
ベルケイド
デカドロン
投与

10年4月6日に静脈炎らしき物が現れ
右腕へのベルケイド投与を見合わせてたのだが
試しに右腕に投与してみる

骨髄抑制
WBC 6800
Hb  12.0
Plt 10.3
	
.
2010/06/11(fri)
デカドロン
投与

ベルケイド投与を
再度右腕にした所やはり静脈炎らしき物が現れる


	
.
2010/06/12(sat)
深夜3時から
急に吐き気に襲われ

プリンペラン
注射にてぐっすり眠り

少し改善する
	
.
2010/06/14(mon)
骨髄抑制
WBC 5400
Hb  11.2
Plt  5.1


IgG 1110
	
.
2010/06/15(tue)
血小板の値が上がったので退院しました
	
.

退院後(維持療法)

1サイクル目

1週目

.
2010/06/24(thu) 外来
ベルケイド投与


骨髄抑制
WBC 4800
Hb  11.2
Plt 27.7


IgG 1496
	
.
2010/06/24(tue)
金曜日、土曜日、日曜日
激しい下痢に、食欲不振
	

2週目

.
2010/07/01(thu) 外来
ベルケイド投与

ゾメタ点滴


骨髄抑制
WBC 5200
Hb  11.7
Plt 14.3
	
.
2010/07/06(tue)
金曜日、土曜日、日曜日
激しい下痢に、食欲不振
	

3週目

.
2010/07/08(thu) 外来
ベルケイド投与


骨髄抑制
WBC 4100
Hb 11.3
Plt 12.7


IgG 1783

治療を続けてる割に
IgGの値が上昇してる

治療効果がみられない

近いうちに
サリドマイドによる治療を
始める必要に迫られるだろう。
	
.
2010/07/13(tue)
金曜日、土曜日、日曜日
激しい下痢に、食欲不振
	

4週目

.
2010/07/15(thu) 外来
ベルケイド投与


骨髄抑制
WBC 4000
Hb 10.7
Plt 14.1
	
.
2010/07/20(tue)
金曜日、土曜日、日曜日
激しい下痢に、食欲不振
	
.
2010/07/22(thu) 外来
WBC 4300
Hb 10.4
Plt 13.4


IgG 1851

外来治療中にも拘わらず
IgGの値が上昇している

治療効果が良くないので

維持療法を
もう1サイクルやって

効果が上がらなければ

再度入院して
導入療法をやることに。
	
.
2010/08/05(thu) 外来
骨髄抑制
WBC 5100
Hb 11.5
Plt 18.6


IgG 2275


ベルケイドに依る
治療効果が芳しくないので

維持療法を
もう1サイクルやる予定も中止

マルク骨髄検査をした

検査結果で
これからの治療方針を決める

近いうちに
入院は間違いないだろう。
	
.
2010/08/12(thu) 外来
先日のマルクの結果
ベルケイドに依る治療では効果が芳しくなく

この先
サリドマイドに依る治療 をすることに決まった

サリドマイドを
使うにあたり審査や登録
に時間を要するので

入院は早くても
8月30日以降の予定
	
.
2010/08/23(mon) 外来
サリドマイドにて
治療予定だったが

新薬レブラミドでの
治療が9月より可能になり
入院は9月中旬の予定。
	
.
2010/09/06(mon) 外来
WBC 5100
Hb 11.2
Plt 18.0

IgG 2488

ゾメタ点滴投与


入院は
13日月曜日からに決定
	
.

ベルケイドによる治療
    (08/01/16 - 08/03/19)

.
2008.01.16(wed)
入院生活スタート

ベルケイドで治療します。

三週間を一サイクルとして

最初の一週間にベルケイドを二本投与
月曜日、木曜日

次の一週間にベルケイドを二本投与
月曜日、木曜日

最後の一週間はオヤスミ

このサイクルを繰り返す予定です。


入院最初に一番痛い検査が

早速きた〜〜〜。

骨髄穿刺(マルク)


いつやっても
イタイ・・・~(>_<。)ゝ 
。・°°・(>_<)・°°・。 びえぇぇぇ


夜にはMRI検査

前回の無菌室での治療(2003年)で閉所恐怖症になった僕としては…。

目を閉じて乗り越えた。

そんなたいしたもんかい。
ヾ(≧▽≦)ノギャハハ☆


骨髄抑制
WBC 5000
Hb  11.9
Plt 23.5


IgG値 正常値(870 〜 1700)
2007/12/17 6120
2008/01/16 6740
	

1サイクル目

1週目

.
2008.01.21(mon)
セロトーン
ベルケイド
デカドロン
投与


骨髄抑制
WBC 4700
Hb  11.2
Plt 23.7


IgG 7390
	
.
2008.01.22(tue)
デカドロン
投与
	
.
2008.01.23(wed)
骨髄抑制
	
WBC 13400
Hb  9.7
Plt 21.1
	
.
2008.01.24(thu)
セロトーン
ベルケイド
デカドロン
投与
	
.
2008.01.25(fri)
デカドロン
投与


骨髄抑制
	
WBC 12300
Hb  10.4
Plt 25.3
	

2週目

.
2008.01.28(mon)
セロトーン
ベルケイド
デカドロン
投与


骨髄抑制
WBC 5900
Hb  10.8
Plt 22.3
	
.
2008.01.29(tue)
デカドロン
投与
	
.
2008.01.31(thu)
セロトーン
ベルケイド
デカドロン
投与


骨髄抑制
WBC 11300
Hb  11.0
Plt 19.3
	
.
2008.02.01(fri)
デカドロン
投与
	

3週目

.
2008.02.04(mon)
骨髄抑制
WBC 4900
Hb  11.1
Plt 9.1
	
.
2008.02.07(thu)
骨髄抑制
WBC 4000
Hb  11.1
Plt 15.7


IgG 2450
	

2サイクル目

1週目

.
2008.02.11(mon)
祭日なので治療は翌日(火曜日)
	
.
2008.02.12(tue)
セロトーン
ベルケイド
デカドロン
投与


骨髄抑制
WBC 5200
Hb  10.6
Plt 33.3
	
.
2008.02.13(wed)
デカドロン
投与
	
.
2008.02.15(fri)
セロトーン
ベルケイド
デカドロン
投与


骨髄抑制
WBC 6300
Hb  9.9
Plt 30.9
	
.
2008.02.16(sat)
デカドロン
投与
	

2週目

.
2008.02.18(mon)
骨髄抑制
WBC 4200
Hb 10.0
Plt 20.1
	
.
2008.02.19(tue)
セロトーン
ベルケイド
デカドロン
投与
	
.
2008.02.20(wed)
デカドロン
投与
	
.
2008.02.21(thu)
骨髄抑制
WBC 9200
Hb  11.0
Plt 11.9
	
.
2008.02.22(fri)
セロトーン
ベルケイド
デカドロン
投与
	
.
2008.02.23(sat)
デカドロン
投与
	

3週目

.
2008.02.25(mon)
骨髄抑制
WBC 5900
Hb  10.0
Plt 5.4


IgG 1170
	
.
2008.02.27(wed)
骨髄抑制
WBC 5600
Hb  10.4
Plt 5.0
	
.
2008.02.29(fri)
骨髄抑制
WBC 4900
Hb  11.2
Plt 11.2
	

3サイクル目

1週目

.
2008.03.03(mon)
骨髄抑制
WBC 3400
Hb  10.5
Plt 17.9


IgG 1110
	
.
2008.03.04(tue)
セロトーン
ベルケイド
デカドロン
投与


骨髄抑制
WBC 3300
Hb  11.0
Plt 17.7


IgG 1110
	
.
2008.03.05(wed)
デカドロン
投与
	
.
2008.03.06(thu)
肺炎を併発ベルケイドによる治療は中止

熱 38.4
酸素飽和度(SpO2) 87

血液培養
レントゲン


熱が下がらないのでサクシゾン投与
	
.
2008.03.07(fri)
骨髄抑制
WBC 6100
Hb  10.6
Plt 20.3

3月6日に肺炎を併発ベルケイドによる治療は中止

抗生物質マキシピーム投与

抗生物質ファンガード投与

抗生物質マキシピーム投与
	
.
2008.03.08(sat)
3月6日に肺炎を併発ベルケイドによる治療は中止

抗生物質マキシピーム投与

抗生物質ファンガード投与

抗生物質マキシピーム投与
	
.
2008.03.09(sun)
3月6日に肺炎を併発ベルケイドによる治療は中止
	
抗生物質マキシピーム投与

抗生物質ファンガード投与

抗生物質マキシピーム投与


今迄の入院生活で
ストレスをそんなに感じなかったが

6日から酸素供給の為ベッドに拘束される様になって

恐ろしい程のストレスがのしかかり始めている。

無菌質に入れられてる時のようなストレスだ

酸素マスクを投げ捨てて
ベッドから脱走しようかという衝動に駆られる。

え〜ぃ
酸素マスク投げ捨て〜
	

2週目

.
2008.03.10(mon)
骨髄抑制
WBC 3300
Hb  10.0
Plt 21.6

3月6日に肺炎を併発ベルケイドによる治療は中止
	
抗生物質マキシピーム投与

抗生物質ファンガード投与

抗生物質マキシピーム投与


夜になって6日より続けていた酸素供給が打ち切られ
ベッドに縛り付けられた状態から開放されホッとした。
	
.
2008.03.11(tue)
3月6日に肺炎を併発ベルケイドによる治療は中止
	
抗生物質マキシピーム投与

抗生物質ファンガード投与

抗生物質マキシピーム投与
	
.
2008.03.12(wed)
3月6日に肺炎を併発ベルケイドによる治療は中止
	
抗生物質マキシピーム投与

抗生物質ファンガード投与

抗生物質マキシピーム投与
	
.
2008.03.13(thu)
骨髄抑制
WBC 3700
Hb  9.9
Plt 28.3
	
	
3月6日に肺炎を併発ベルケイドによる治療は中止
	
抗生物質マキシピーム投与

抗生物質ファンガード投与

抗生物質マキシピーム投与
	
.
2008.03.14(fri)
3月6日に肺炎を併発ベルケイドによる治療は中止
	
ブイフェンド投与
	
.
2008.03.15(sat)
3月6日に肺炎を併発ベルケイドによる治療は中止
	
ブイフェンド投与
ブイフェンド投与
	
.
2008.03.16(sun)
3月6日に肺炎を併発ベルケイドによる治療は中止
	
ブイフェンド投与
ブイフェンド投与
	

3週目

.
2008.03.17(mon)
骨髄抑制
WBC 5300
Hb  10.5
Plt 30.3
	
	
IgG 1040
	
	
3月6日に肺炎を併発ベルケイドによる治療は中止
	
ブイフェンド投与
ブイフェンド投与
	
.
2008.03.18(tue)
ゾメタ点滴
	
	
3月6日に肺炎を併発ベルケイドによる治療は中止
	
ブイフェンド投与
ブイフェンド投与
	
.
2008.03.19(wed)
3月6日に肺炎を併発ベルケイドによる治療は中止

これまでの投与分で充分な効果が得られたと思う。

IgG値の推移 正常値 870〜1700

治療前
07/12/17 6120

入院時
08/01/16 6740

治療開始時
08/01/21 7390

ベルケイド4本投与後
08/02/07 2450

ベルケイド8本投与後
08/02/25 1170

ベルケイド8本投与後
08/03/03 1110

ベルケイド9本投与後
08/03/17 1040



ブイフェンド投与



無事退院できました。
ナース
ドクター
同じ病室の人達
同じ病棟の人達

お世話になりました。
ありがとうございました。
	
.

退院後

.
2008.04.03(thu)
IgG 1330
	
.
2008.04.24(thu)
ゾメタ点滴

IgG 1660
	
.
2008.05.22(thu)
ゾメタ点滴
	
IgG 
	
.
2008.06.19(thu)
WBC 3900
Hb  11.8
Plt 19.5


ゾメタ点滴

IgG 1730
	
.
2008.07.24(thu)
WBC 3700
Hb  11.6
Plt 21.3


ゾメタ点滴

IgG 1600
	
.
2008.08.28(thu)
WBC 
Hb  
Plt 


ゾメタ点滴

IgG 
	
.
2008.10.02(thu)
WBC 6000
Hb  11.8
Plt 17.9


ゾメタ点滴

IgG 1690
	
.
2008.11.13(thu)
WBC 4700
Hb  11.9
Plt 26.2


ゾメタ点滴

IgG 2200
	
.
2008.12.18(thu)
WBC 4700
Hb  11.9
Plt 26.2


ゾメタ点滴

IgG 1940


	
.
2009.01.29(thu)
WBC 5100
Hb  12.4
Plt 20.4


ゾメタ点滴

IgG 1990


	
.
2009.03.05(thu)
WBC 5400
Hb  11.9
Plt 14.6


ゾメタ点滴

IgG 1970


	
.
2009.04.09(thu)
WBC 5600
Hb  12.1
Plt 16.5


ゾメタ点滴

IgG 2100


	
.
2009.05.14(thu)
WBC 6400
Hb  11.8
Plt 16.4


ゾメタ点滴

IgG 2110
	
.
2009.06.18(thu)
WBC 4700
Hb  12.3
Plt 15.6


ゾメタ点滴

IgG 1850
	
.
2009.07.30(thu)
WBC 5900
Hb  12.6
Plt 17.5


ゾメタ点滴

IgG 2200
	
.
2009.09.03(thu)
WBC 4700
Hb  12.3
Plt 18.6


ゾメタ点滴

IgG 1970
	
.
2009/10/08(thu)
WBC 5400
Hb  11.9
Plt 16.8


ゾメタ点滴

IgG 2200


次回受診予定 2009/11/12
	
.
2009/11/12(thu)
WBC 5900
Hb  12.3
Plt 18.1


ゾメタ点滴

IgG 2440


次回受診予定 2009/12/03
	
.
2009/12/03(thu)
WBC 4500
Hb  12.0
Plt 16.0


ゾメタ点滴

IgG 2190


次回受診予定 2010/01/07
	
.
2010/01/07(thu)
WBC 5000
Hb  12.1
Plt 15.8


ゾメタ点滴

IgG 2280


次回受診予定 2010/02/18
	
.
2010/02/18(thu)
WBC 5200
Hb  12.1
Plt 17.8


ゾメタ点滴

IgG 2620


次回受診予定 2010/03/04
	
.
2010/03/04(thu)
WBC 4600
Hb  12.3
Plt 22.7


ゾメタ点滴

IgG 2643


次回入院決定 2010/03/25