ここをクリック!



SSR セルフディフェンス


誰でも出来る護身術を教授!

〜護身術教室及び出張護身術講習/護身具販売〜



日本で生まれ海外で練り上げられた世界初の超実戦護身術!




<はじめに>



禅・水心流護身道=SSRセルフディフェンスとは、禅の精神に則って、誰でも容易に行うことの出来る「超実戦護身術」を一般市民に教授し、世の犯罪被害者を少しでも減らす事を目的として活動している。


日本に蔓延する凶悪犯罪。現在の日本はどんな犯罪にも遭遇しかねない状況となっています。もう対岸の火事では済まなくなってきている状況を踏まえ、自身で如何に身を守るか、またお子さんを、家族を守っていくか考えてみてください。

水心流では一般・公的機関・企業・団体向けに護身術講習を行っています。「身を護りたい!家族を護りたい!」そう思ったらお気軽に御連絡下さい。

護身術講座を提供しているが、使えない・誤った護身術を指導している、実際は指導者がアカデミーも卒業していない、警備や護身に関するライセンスも持っていない、各種修了証も提示できない、射撃経験(武器術全般)も豊富でない、犯罪・治安調査経験もない、長期武道経験すらない(かじっただけの)という「使えない」護身術講習が蔓延しています!

その点、禅・水心流では自信を持って「使える」実戦護身術の指導を行っております。 また、過去に発生した犯罪事件を調査し、シュミレーション(対応訓練)を行うことでより効果的な護身技術の習得が出来ます。

どうぞ、この機会に身を守る真の護身方法を身につけましょう!


「使えない護身術講習」に納得できない方はこちらをクリック!





また、護身術業界の異端児、河合主水師範の特異な護身思想をチェックしてみて下さい!以下参照です。


武道家が警告!武道は凶悪犯罪に役に立たない!


0.5秒の矛盾!弱者は護身術を習ってはいけないのか?


犯罪心理と護身術 ・女性が護身術を学ばなくてはいけない理由
〜 脳科学が暴いた真実 〜


格闘家の関わった犯罪・巻き込まれた事件
 〜ヒクソン・グレーシー「対複数なら拳銃を使う」〜


実際にあった女性が巻き込まれた凶悪事件を知る
〜千種区女性拉致強殺事件〜


女性が遭いやすい犯罪、ストーカーへの対処法


護身術特集〜通り魔から身を護る!〜
女性が通り魔から身を護るには?


護身具で襲撃者を撃退!主水の護身具講座!!!







護身術を教授します!


<護身術講習メニュー>


〜下記から選択してクリックして下さい〜



最新治安情報


ハイブリッド護身術〜禅・水心流護身道の歴史〜



↑こんな場面に遭遇したら、あなたならどうしますか?
答えはSSRセルフディフェンスにこそあります!


ちょっと待った!その護身術は使えないっ!その答えはブログで暴く!


使えない護身術その Р蝋膽膺綮嬌蓮阻拭本テレビ番組内「子供の命を守る防犯問題」の矛盾を暴く!〜


使えない護身術その◆Р蝋膽膺綮嬌蓮善撚茵孱咤弌廚鮓鄂氾立場で分析する〜


使えない護身術その:河合主水師範〜TV番組ホ○マでっか!護身術講座を切り捨て御免!〜その壱


使えない護身術そのぁР蝋膽膺綮嬌蓮腺圍嵌崛肇曄マでっか!護身術講座を切り捨て御免!〜その弐


使えない護身術そのァР蝋膽膺綮嬌蓮腺圍嵌崛肇曄マでっか!護身術講座を切り捨て御免!〜その参


使えない護身術そのΑР蝋膽膺綮嬌蓮阻拭○K番組護身術講座を切り捨て御免! 〜



護身のプロ、凶悪犯罪を暴き、護身術を説く。


河合主水師範〜数々の通り魔事件を護身的見地で分析する
(秋葉原・心斎橋・東京メトロ・戸越銀座・埼玉千葉両県連続通り魔事件ほか)


河合主水師範〜吉祥寺女性強盗殺人事件を護身的立場で分析する〜


河合主水師範〜グアム通り魔事件を切る〜その壱


河合主水師範〜グアム通り魔事件を切る〜その弐


河合主水師範〜ポートアーサー大量殺戮事件を現地調査!〜


河合主水師範〜愛知稲沢市屋根立て篭もり事件を護身的立場で分析する〜その壱


河合主水師範〜愛知稲沢市屋根立て篭もり事件を護身的立場で分析する〜その弐


河合主水師範〜愛知稲沢市屋根立て篭もり事件を護身的立場で分析する〜その参




護身術のプロ、護身具を説く。


使えない護身術そのАР蝋膽膺綮嬌蓮船疋薀沺峪杏い里っさん」を切り捨て御免!
スタンガンの使い手ノリさんの「ノリオ・エレクトリカル・アタック」は実戦で使えるのか検証! 〜


河合主水師範〜某スタンガン検証動画・豚革貫通動画を切り捨て御免!本当に使えるスタンガンを検証! 〜


護身のプロ:河合主水師範が選ぶ護身具ベスト5とは?




護身術を習いたい方! ↓護身術受講希望者の方はここから下をお読み下さい!↓



要チェック! 護身術師範「河合主水」プロフィール


要チェック!其の一、護身術プライベート講習


要チェック!其の二、日時・場所・会費詳細


要チェック!其の三、修了証内訳


要チェック!其の四、CSS他、訓練内容詳細
(CSS= Crime Simulation System)


要チェック!其の五、受講までの流れ


要チェック!其の六、プライベート講習空き状況



其の七、護身術プライベート講習の一例 前γ慮の方



其の八、護身術プライベート講習の一例◆前γ慮の方



其の九、護身術プライベート講習の一例〜東京都の方



其の十、護身術プライベート講習の一例ぁ前γ慮の方



其の十一、護身術プライベート講習の一例ァ前γ慮の方



其の十二、護身術プライベート講習の一例Α前γ慮の方



其の十三、護身術プライベート講習の一例А祖耕邯の方



其の十四、護身術プライベート講習の一例─疎膾緝椶諒



其の十五、護身術プライベート講習の一例〜岐阜県の方



其の十六、護身術プライベート講習の一例〜愛知県の方



其の十七、護身術プライベート講習の一例〜京都府の方



其の十八、護身術プライベート講習の一例〜愛知県の方



其の十九、護身術プライベート講習の一例〜岐阜県の方



其の二十、護身術プライベート講習の一例〜三重県の方



其の二十一、護身術プライベート講習の一例〜愛知県の方



其の二十二、護身術プライベート講習の一例亜前γ慮の方



其の二十三、護身術プライベート講習の一例院前γ慮の方



其の二十四、護身術プライベート講習の一例
〜視覚障害を持たれた受講者の方のブログ記事
(プライバシーに関わる為詳細等は秘匿です)



要チェック!其の二十五、入門される際の注意事項



要チェック!其の二十六、出張護身術講習について



要チェック!其の二十七、母子の為の護身術講習について



要チェック!其の二十八、護身具販売始めました!
護身のプロが護身具を販売する店「護身具販売店SSRセルフディフェンス」



其の二十九、実際の犯罪現場を見て真の護身術を実感する(動画集)




要チェック!其の三十、女性用超実戦護身術訓練施設ニキータ〜NIKITA〜




護身術を教授します!


河合主水の治安情報コラム



今すぐ水心流護身術を習いたい方はこちらからどうぞ!



こちらも要チェック!誰でも出来る護身術講座



他、護身術関連サイトはこちら!




護身に使えるヌンチャクを学ぼう!

河合主水のブログ公開中!

水心流チャンネル


最新治安情報


護身術を習いましょう!



<誰でも出来る実戦護身術講習>





< 護身術師範「河合主水」プロフィール >

護身術師範プロフィール

河合主水(カワイモンド)。幼少時から父、禅・水心流宗家の元で実戦空手・実戦護身術を学び、現在、禅・水心流空手道拳誠会館(同禅水心流拳誠会館護身道)館長。また、「治安調査人」としての顔も持つ。実戦空手に関してはこちら

日本護身用品協会正規会員、護身具大手TMM社正規代理店「SSRセルフディフェンス」店長。

護身技術習得施設「SSRセルフディフェンス」で護身術を教授する傍ら、護身具販売も行っている。

護身術指導に関してはこちら、護身具販売に関してはこちら

94年、初渡豪。ゴールドコーストの知人宅を訪れるもオーストラリアの虜となる。

95年、ハワイパシフィック大学にて語学留学。留学中、滞在していたコンドミニアムにて地元ギャングによる無差別銃撃事件を目撃(内、銃弾3発はコンドミニアムを直撃)。危機管理術・護身術へ興味を持つ。

96年、再度渡豪、メルボルンではWHビザにて1年間滞在。現地学校での空手の指導にあたる。この時、メルボルンの治安状況を見て、豪州治安の悪さに唖然とする。と、同時に治安調査開始。

滞在中、タスマニアにて観光客が大量虐殺される豪州犯罪史上最悪の「ポートアーサー事件」が発生。知人と共にタスマニアに渡り現地調査を行う。

98年、宗家と共にスイスへ渡り護身術教授を行う。

99年渡豪、3ヶ月間単独にて現地のアウトバック(荒野)を放浪するも、現地での空手指導及び空手演武を行う。その後、シドニー入り。

00'〜03'、シドニーでは水心流空手・護身術の指導及び支部設立に邁進するも、シドニーを中心とした豪州治安情勢を独自に調査。現地犯罪組織・犯罪現場への潜入調査などを積極的に行う。

犯罪組織潜入調査では、ギャング組織からの急襲・負傷するも護身術によって奇跡的に助かる。シドニーはRNホスピタルにて筋接合手術及び動脈接合手術を行い緊急入院。
左親指が全く動かなくなるも実戦空手トレーニングで自主リハビリを行い完全回復する。

また、現地にてSG(セキュリティーガード)・BG(ボディーガード)・カテゴリーH(SG専用拳銃携帯証)ライセンス取得後、アカデミーにてボディーガード特殊訓練課程、BG用特殊射撃訓練課程を修了。

修了後、現地での警備関連の仕事に就く。ボディーガード関連では、現地を訪れる日系企業重役の隠密警護から現地売春宿でのバウンサー(用心棒)まで、幅広く活動した。

現在は水心流空手、護身術、武器術全般と広範囲に渡って指導をしている。また、身体障害者に対する護身術指導も同時に行っている。
渡豪も多く、現地支部での水心流空手及び護身術指導、オーストラリア治安情勢の調査・公開、執筆活動を行う豪州治安調査人及び現地での要人警護(ボディーガード)を行っている。
他、スーパーヌンチャク講座講師豪州治安調査プロジェクト「A.C.I」統括。以下、修了課程一部(英文)。

<修了課程>

ボディーガード特殊訓練課程修了⇒Cert. III in CPP Package (12514SA) ==PPA13 Close Personal Protection (Principal Surveys, Threat Analysis, Venue Surveys, Situational Analysis, Route Surveys, Operational Orders, Risk Analysis, Formations, Walking Drills, SOPS, Embus & Debus Drills)

米政府公認モナドノック警棒術・手錠(捕縛術)他、逮捕術(徒手格闘術)訓練課程修了⇒Monadnock Expandable Baton and Handcuff Course, Monadnock Defensive Tactics & Weaponless Control

セキュリティー訓練課程修了⇒Cert. II in Security (Guarding) PRS 20198

警備業専用半自動拳銃訓練課程修了(ボディーガード専用特殊射撃訓練課程)⇒Security Industry Semi-Auto Accreditation Course (CPP Package)

NSW州警察認定射撃トレーニング及びカテゴリーH用射撃訓練課程修了(警備業拳銃携帯許可証Hライセンス)⇒Category H license, NSW Police Accredited Security Firearms Training



<NSW州警察公認セキュリティID&拳銃携帯許可証Hライセンス(現物)>




<その他>

米Paul Ekmanグループ認定「Ekman メソッド」METT プログラム・Expert Level(Paul Ekman博士=米人気ドラマ「Lie to Me 」のカル・ライトマン博士の元となった現実の微表情学者(嘘発見の権威))




護身術のお問い合わせはこちらから!

護身術受講のお問い合わせは下記までどうぞ!

suishin_ryu@yahoo.co.jp



絶好調公開中!超実戦護身術専門家、河合主水の


↑河合主水師範の護身ブログ公開中!



メニューへ戻る






<護身術プライベート講習>

河合主水師範とマンツーマンのプライベート講習を行えます!

1回の講習2〜3時間を予定・全3回・修了証発行(長期に行いたい場合など応相談(例:講習3回以上))。徒手護身術を集中的に、警棒術を集中的に、射撃術を集中的に、実戦ヌンチャク術を集中的に、実戦護身術を集中的に学習したい!という方は最適です。

あなたの思うように時間を決め、集中講座を受けることが可能です。講習対象者は男女共OKです。年齢は高校生以上で上限はありません。



こんな方に最適です。


Q.夜道を歩くのが不安だ。

夜道を歩く際の事前警戒・事前察知を徹底訓練いたします。また、護身具を手に忍ばせての事前防御態勢も訓練します。



Q.痴漢やストーカーの被害に遭っている。

*護身体術のみでなく、護身的知識の教授もしております。まずはどうすべきか、という事を頭を使って対処する術も学びます。



Q.車上狙い、強盗や恐喝、窃盗犯罪に巻き込まれたことがある。

*あらゆる犯罪に対応しているのがSSRセルフディフェンスです。実際に発生した事件を元にシュミレーションを行っています。



Q.実戦(対犯罪)で使える護身術を習いたい。

*護身術とは「対犯罪」です。格闘技でも武道でも、スポーツでもありません。SSRセルフディフェンスでは犯罪から身を護る護身術のみを提供しています。



Q.護身術は習いたいけれど体力が無い、自信が無い。弱者でも使える護身術が良い。

*断然、SSRセルフディフェンスです。弱者の為だけにある本格的護身術です!体力は無くても補うものはいくらでもあります!まずはご連絡を。



Q.身を守る術を知りたいけれど年齢が....。激しい運動は出来ないし、どうしたら?

*100歳でも出来る護身術。こんな護身術ほかにありますか?



Q.体術のみではなく武器術(武器全般・護身具等)も習いたい。
催涙スプレーやスタンガン、特殊警棒など護身具を使用した実戦護身術訓練を行いたい。

*SSRセルフディフェンスではあらゆる護身具、武器の訓練を積むことができます。

催涙スプレー・フラッシュライト・特殊警棒(スタンガンは護身的見地から考慮しても実戦的ではありません。但しスタンガンを護身訓練したい方も事前連絡にて行う事が可能です)は必須訓練です。
主に催涙スプレーの使用法を徹底訓練致します。詳細は以下から。




Q.体力には自信があるが実戦で使えるか不安だ。

*日頃から競技や道場で訓練していても実戦=犯罪で使えるかどうかとはまったく別問題です。
シュミレーション訓練を行って、実際の犯罪を体感してみましょう!如何に難しいかが分かるはずです。


Q.海外へ行く予定だが現地治安が不安なので最低限の護身術を知っておきたい。対拳銃、対刃物の護身知識をつけておきたい。

*海外での治安調査・護身術教授経験のある師範が指導を行います。 Q.体術のみではなく武器術(武器全般・護身具等) も習いたい。
また師範は、犯罪潜入調査、現地ボディーガード経験、ブローセル用心棒経験もあるので、海外での犯罪実体験が豊富です!そんな師範から実戦護身術を受講できるのは、世界でも唯一SSRセルフディフェンスだけです!



Q.護身術なのに関節技や打撃技、投げばかりやっている、ミット打ちばかりやっている環境に納得できない。

護身術とは格闘技ではありません。よって、SSRセルフディフェンスでは体術=徒手格闘術に固執する事はありません。
弱者(女性・子供・老齢者・身体に障害を持つ方・身体虚弱者等)でも使用できる「合理的な」護身術を提供しております。


Q.護身術を学びたいが出かける時間が無い。自宅の小スペースでいいから護身術を教え て欲しい。

出張大歓迎です。どうぞご連絡下さい。



Q.対複数のシュミレーション・トレーニングを行いたい。

*SSRセルフディフェンスではあらゆる状況下を設定しています。 当然、対複数も訓練致します。この場合、逃亡するのみでなく、逃げられない場合、実際に闘い制圧する訓練も行います。



Q.凶悪犯が侵入してきた場合など、実戦に即したヌンチャク術、特殊警棒術を学びたい。

*主水師範が開発した超実戦的ヌンチャク術DEX=デックスと欧米警察機関が使用しているモナドノック警棒術を同時受講できます。
シュミレーションを通して実際に犯罪現場で使える護身武器術を教授致します。




Q.海外セレブに受けているようなブランドとしてだけの、形だけの護身術は習いたくない。

*現在、最も危惧すべき部分です。明らかにビジネスに傾いた護身術学校が増えています。
中には護身術を道具のように扱い、ヨガやフィットネスと抱き合わせでビジネス展開しているものまであります。

実戦護身術と謳ってはいても、実際は使えない護身術が殆どであり、犯罪に関する本質を説かないでただただ技術習得に励ませ金銭を巻き取る、そんな学校が増えています。注意して下さい。




Q.国内外の犯罪に精通した護身のプロフェッショナルに護身術を習いたい。

*護身術指導は河合主水師範によって行われます。師範は実戦空手及び実戦護身術歴30年以上、またシドニーにてセキュリティーアカデミーを卒業、ボディーガード訓練の他、徒手格闘術・及び手錠術、特殊警棒術、実戦射撃訓練を修了しております。

また、日豪間に於ける治安調査は10年以上、主にシドニー現地での潜入調査(犯罪組織・麻薬調査・犯罪ホットスポット調査)も行っています。
犯罪事件調査は元より、犯罪心理に関する研究や微表情に関する研究も行っており、その上で構築された超実戦護身技術は定評があります。



Q.プロの護身術講師になって護身術講座をやってみたい。

*あなたもSSRセルフディフェンスを世界に広めてみませんか?弱者が使える護身術。世の護身術に革命をもたらしましょう!



Q.世界初の特異シュミレーションの世界を体験したい。

*SSRセルフディフェンスでは、シュミレーション・トレーニングの一環として、路上強盗・武装強盗、銀行強盗、昏睡強盗、押し込み強盗、恐喝、ハイジャック、侵入窃盗、スリ、ひったくり、車上狙い、車盗、殺人、通り魔、ストーカー、拉致誘拐、監禁、犯罪組織・団体による襲撃、オヤジ狩り、詐欺他、少人数、多人数などの襲撃者の数、路上、寝込みの際の襲撃、トイレの中、車の中、飛行機の中、林の中など、ありとあらゆる犯罪・場所・環境を想定して、護身術を習得していく。

また、護身術とはスポーツではない故、「犯罪者」の視点に立った犯罪心理を分析したプロファイリングを応用しながら訓練は進められていく。

他、「秋葉原通り魔事件」や「土浦通り魔事件」「戸越銀座通り魔事件」「某大型店舗Iにおける通り魔事件」などの凶悪事件を基にし分析したシュミレーショントレーニングも行っている。

こういった特異なシュミレーション・システムを採用しているのは当流派のみで全世界初である。




Q.護身術を習っている事を誰にも知られたくない。極秘に受講したい。

*SSRセルフディフェンスは、現在プライベート・クラスでのみの受講となっています。よって誰にも知られず、極秘に受講することが出来ます。

他護身術流派が「ビジネス」を主体とし集団で一括に行う「セミナー形式」であるのに、なぜプライベート形式を採用したのか。

その理由として、次のことが挙げられる。

―乎帖淵札潺福七措亜砲嚢圓┐仆乎弔任琉貘隆兇生まれ、「犯罪そのものに対する独特な恐怖感を学ぶことができない」という事。。
犯罪とはいつもが一人でいる際に遭遇する事が殆どであり、それに伴ったシュミレーション・トレーニングを行わなければいけない。

▲哀襦璽廚嚢圓辰討靴泙Δ函単独で行う場合に比べ護身技術の習得が容易ではない。集中して講座を受けることができない。

そもそも護身術講習とは秘匿で行われなければならない。オープンに行うと個人情報が漏洩するし護身術を習っている事が周囲に分かってしまう。

ここからストーカーや犯罪者が計画を練って(あなたが徒手格闘術を習っているならば複数でかつ武装して襲えば良い、寝込みを襲えば良いなど)、あなたを襲撃する可能性が高くなってしまう。


よってSSRセルフディフェンスでは完全秘匿のプライベートで行っています。受講者には護身術を習っている事を口外しないようお伝えしています。





河合主水師範による「水心流護身術理論」はこちらから。



メニューへ戻る





<日時・場所等詳細>


◇日時: フレキシブルに対応。日時指定OK。女性、男性共にプライベート講習のみ受け付けています。

◇場所:岐阜県岐阜市日置江2丁目の禅・水心流岐阜県総本部道場にて(緑矢印部分です)。いずみ鍼灸接骨院真向かい、田口建設真隣。(下記、地図が閲覧できない場合は更新ボタンを押して更新した後再度閲覧して下さい)


大きな地図で見る



プライベート講習には二種類あります。一つは月2〜4回での月謝制長期プライベート講習。もう一つは1〜3回に限定した短期プライベート講習(修了証発行有)です。

長期プライベート講習(会費講習)、短期プライベート講習(修了証講習)双方とも日時の指定が可能、回数の指定が可能です(長期なら月3〜4回、短期なら1〜無制限にて行えます)。

また、平日、祭日、休日に限らずフレキシブルに対応致します。時間も指定して頂いて結構です。例:5月は平日のみ、6月は休日のみ、7月は平日と休日の混合。


◇会費講習:月3〜4回の月謝制の実戦護身術講習も受講できます。長く受講されたい方はこちらをどうぞ。(会費講習の方でも希望すれば修了証試験を受ける事ができます)


 < 安心の格安プライベート講習 >



当プライベート護身術講習は日本でも類を見ない程の安さで「使える」実戦護身術のみ習得できる施設です。
通常の日本各都市部における護身術プライベート講習ならば、1回1万円が相場です。もし、月に4回行った場合、4万円の計算となります。

当講習であるならば半額の会費にて行うことができ、かつ「実戦で実際に使える護身術」しか教授しません。


また日時時間もフレキシブルに対応でき、「今週は月曜日」、「次週は日曜日」など変化をつけることが可能です。

受講内容も変化をつけられます。例えば、護身具のみ、体術のみ、格闘術のみ、武器術のみ、捌き柔法のみなど、フレキシブルに対応しています。


会費:男性の方→1回5000円の計算で、1回1時間30分以上の講習(月2回から受け付けております)。
月2回=1万円、月3回1万5千円、月4回2万円各1時間30分以上の講習となっております。

女性の方→2回講習からで、2回及び3回は同額の1万円。4回は1万3千円、各1時間30分以上の講習となっております。

入会金:入会金は男女共、2万円となっております(初回のみ)。他、道具代等、必要経費等は一切頂いておりません。

◇休館日:祭日、休日等指定があれば行います。

◇対象年齢及び対象者:高校生以上〜上限無しの男女(体に何らかの障害がある方でも行えます)。また、日本全国より受講頂けます。過去、関東エリア及び関西エリア、東海エリア、九州エリアより受講者が来館しました。

◇今まで受講された方の職種等:会社勤務の方・学生の方(大学生・高校生)・主婦の方・会社経営者の方・退職された方・学校教師の方・保育士の方・タクシー会社勤務の方・コンビニ経営者の方・警備会社勤務の方・自衛隊及び警察関係者の方

◇遠方から来られる方:新幹線にて岐阜羽島駅まで。岐阜羽島駅より岐阜市日置江の総本部までタクシーにて20分程です。送迎も無料で受け付けていますので宜しければどうぞ。また、遠方の方は1回講習が便利です。

◇隣県から来られる方:無料送迎致します。(例)愛知県の場合。JR西岐阜駅もしくは岐阜駅まで電車でお越し下さい。到着後、そのまま正面道路側へ出て下さい。
上記以外の駅まで来られる場合は事前にお知らせ下さい。

◇護身術出張講習:どんな場所、スペースでも護身術指導致します。自宅、公民館、公園等指定された場所で護身術を練習できます。自宅内であっても大きなスペースは必要ありません。小スペースでも十分護身術を練習できます。

◇体験:無料体験有り・要予約です。身分確認が必要です。

◇修了証講習:1回の講習2〜3時間を予定・全3回・修了証発行(長期に行いたい場合など応相談(例:講習3回以上))。

◇修了証:準初級(和文)・初級(英文)・中級(英文)・上級(師範代・英文=Level1)・特級(師範・英文=Level2)・プロフェッショナル(専門家・英文=Professional)まで。

◇身元確認につきまして:当護身術講習は完全プライベート制です。極秘にて行っておりますので、入会される方、入会希望の方の身元確認を徹底しております(犯罪に関わる人間を事前排除する為です)。

入門希望メールをお受けした後、こちらより折り返し入門者申請書をメールにてお送り致します(申請書には住所・電話番号・面談希望期日等を記入して頂きます)。それを記入してメールをご返信下さい。

メールを受け取った後、不備が無ければこちらより「河合主水師範の携帯電話番号」を返信致します。 そちらに固定電話、もしくは携帯電話よりおかけ下さい。電話は3回ほど鳴らして頂ければ問題ございません。電話番号が一致した場合、確認完了と致します。

<注>他人の携帯電話番号もしくは固定電話番号を勝手に使用したり、住所、名前等、他人の個人情報を使用した事が判明した場合、即刻、警察関係者に連絡し、捜査対象となります。ご注意下さい。

面談期日に何の事前連絡も無くキャンセルした場合、住所、名前等個人情報を勝手に流用した可能性が高い、として調査対象になります。

面談当日は免許証、保険証、社員証、学生証等を持参して頂き、身元確認を行います。 もし、それら身元確認用書類が他人の物であったり、偽造したものと判明した場合、即刻警察関係者へ連絡し捜査対象となります。





メニューへ戻る






< 修了証内訳 >


〜機水心流実戦護身術修了証・準初級

=体力審査、基本応用技術及び筆記試験有・経験年数不要(JP)及び(OS)=日本語による修了証。

徒手護身術及び関節技レベル1、回避術、護身理論(護身理念)。

▲戞璽轡奪・サティフィケイト・初級修了証

=体力審査、基本応用技術及び筆記試験有・経験年数2年(JP)及び(OS)=英字修了証。

徒手護身術及び関節技2、武器術1、回避術、護身理論。

アドバンス・サティフィケイト・中級修了証(S級・A級・B級・C級・D級)

=体力審査、基本応用技術及び筆記試験有・S級の場合経験年数4年(JP)及び(OS)=英字修了証。

徒手護身術及び関節技1・2、武器術2、回避術、護身理論。

ぅぅ鵐好肇薀ター・サティフィケイト・上級修了証(Level1)師範代(S級・A級・B級・C級・D級)

=体力審査、基本応用技術及び筆記試験有・S級の場合経験年数6年+指導経験3年以上(JP)及び(OS)、人格審査有、水心流空手門下生は実戦空手経験も考慮される=英字修了証。

徒手護身術及び関節技1・2、武器術1・2、回避術、護身理論、指導理論(指導理念)。

ゥぅ鵐好肇薀ター・サティフィケイトLEVEL2・特級修了証(Level2)師範(S級・A級・B級・C級・D級)

=体力審査、基本応用技術及び筆記試験有・S級の場合経験年数10年+指導経験5年以上(JP)上記と同様、人格審査有、水心流空手門下生は実戦空手経験も考慮される=英字修了証(日本国内のみ発行)。

徒手護身術及び関節技1・2、武器術1・2、回避術、武器隠匿術、防護技術、護身理論、指導理論、CPP(Close Personal Protection=エスコート)。

Ε泪好拭次Ε汽謄フィケイト=プロフェッショナル(護身術専門家)S級・A級・B級・C級・D級

=体力審査、基本応用技術及び筆記試験有(指定されたもののみ)・S級の場合経験年数20年以上+指導経験10年以上+実戦護身技術の高度取得及び武器術全般、武装理論展開、コンシールド・ウェポン他(JP)、人格審査有、水心流空手門下生は実戦空手経験も考慮される=英字修了証(日本国内のみ発行)

徒手護身術及び関節技1・2、武器術1・2、武器隠匿術、防護技術、潜入(同化)技術、回避術、護身理論、指導理論、独自理論展開(独自理念)、犯罪心理理論展開、CPP(ボディーガード=要人警護)。

注)プロフェッショナルはシドニーでの現地潜入研修(テスト)有り。


◇護身術師範クラスも養成しております。応相談です。護身術師範クラス(Level2)は道場を持って頂き指導する事が出来ます(副業も可能です)。







メニューへ戻る




< 訓練内容詳細 >


◇練習内容:どなたでも気軽に参加できます。運動経験の無い方でも心配無用です。

基礎体力訓練・基礎護身訓練・応用護身訓練・打撃・関節技・急所・クライムシュミレーション・実戦ヌンチャク術他。プライベート講習は好きなもののみを選択して頂いて行うことが出来ます(例:徒手護身術のみ、武器術のみ、上記すべて)

事前にカウンセリングにて、どういった犯罪に対応したいのかチェックさせて頂きます。

例えば、痴漢に襲われたから対痴漢用に、不審者に路上で襲われたから対不審者用に、その他、対ストーカー対DV(家庭内暴力)対強盗対空き巣対車上狙い対ひったくり犯罪対レイプ犯罪対通り魔等、ありとあらゆる犯罪に対応可能です。

また、当プライベート講習は実戦護身術に則った「実戦護身ヌンチャク術」も同時に受講できますから、基礎体力や護身技術と平行してヌンチャク技術も磨く事ができます。詳細はこちら

当クラスではヌンチャク技術を学びたい方、実戦護身術を学びたい方双方が同時に訓練できる施設となっております。


◇基礎体力訓練----基本的な運動能力をつけるための体力訓練。
年齢や個々人のレベルに応じた体力訓練であるから初級者にも易しい。サンドバックやミット、マット上での軽度な基礎運動を行う。平行して打撃技を学んでいく。

◇徒手護身術訓練----打撃技、急所攻撃、関節技、離脱法を中心とした護身訓練。
護身技術を「形」として学んでいく事によって人間の本来持っている潜在的な筋肉の動きを身につけていく。

◇シュミレーション・トレーニング(CSS=Crime Simulation System)----あらゆる状況下及び犯罪事件に対する実戦護身術及び回避・逃亡訓練。
対強盗・対ひったくり・対ストーカー・対レイプ・対痴漢・対侵入盗・対車上狙い・対通り魔・対テロリズム・拉致対策訓練・ボディーガーディング他。受講者のリクエストによって変更・対応可能です。

実際に発生した事件に則ったシュミレーションも行います。CSS訓練対象は一般男性・一般女性・児童(保護者同伴)となっております。CSSでは実際に講師が襲撃者を演じまして訓練に参加致します。

主に犯罪の場の独特な雰囲気を知って頂く訓練です。肉体的及び精神的危険性は一切伴いません。





対通り魔護身術のトレーニング風景

(下動画再生部分をクリックして下さい!)


↑通り魔(殺人目的の)がいきなり襲いかかってきたら?袋小路や家屋内、もしくはトンネル内で襲われたら?逃げられなかったら?

その時は徹底して応戦する。あなたは全精力をもって相手を拒絶しなければならないのだ。バッグや傘、衣服などを武器・防具に変え叩きつける!

上記映像ではナイフによるランダムで容赦の無い乱れ突き、乱れ切りをバッグで防ぎ、頭部から体、金的、足部分を狙った「反撃」が行われている。

<注意>映像内では受講者が全力で抵抗していますが、これは受講者各個人の要求に基づいて力の度合いを設定しているからです。体力のない方、長い時間運動が出来ない方はその旨入会時にお話を聞いてこちらで判断して行いますのでご安心下さい。




過去の護身講習CSS実施例(事件詳細は緑色リンクをクリック)


大阪・愛知・岐阜連続リンチ殺人事件

<発生場所>住居内

<対象者>一般男性

<襲撃者>8〜10名

<凶器>ベルト・シンナー(着火)・鉄パイプ

<犯罪形態>犯罪グループ

<護身術形態>対複数・対犯罪グループ、駐車場での護身術・対拉致訓練・対凶器護身術

長崎ストーカー殺人事件

<発生場所>住居内

<対象者>一般女性・第三者

<襲撃者>1名

<凶器>刃物

<犯罪形態>ストーカー

<護身術形態>対ストーカー護身術・住居内での護身術(襲撃者家宅侵入)・トラップ(罠)の作成技術・ホームセキュリティ・対凶器護身術

千種区女性拉致殺人事件

<発生場所>路上及び車内

<対象者>一般女性

<襲撃者>3名

<凶器>刃物・ハンマー

<犯罪形態>犯罪グループ

<護身術形態>対拉致訓練・路上での護身術・車内での護身術・捕縛からの逃走訓練(手錠及び拘束具他)

イトー○ーカドー安城支店児童及び女性殺傷事件

<発生場所>店舗内

<対象者>保護者・児童

<襲撃者>1名

<凶器>刃物(ペティーナイフ)

<犯罪形態>通り魔

<護身術形態>対通り魔訓練・ショピングセンターでの護身術・保護者による児童ボディーガード訓練・対凶器護身術

附属池田小児童連続殺傷事件

<発生場所>学校内

<対象者>保護者・児童・教諭

<襲撃者>1名

<凶器>刃物

<犯罪形態>大量殺人

<護身術形態>対不審者校内侵入対策訓練・学校での護身術(避難訓練)・教諭による児童ボディーガード訓練、対凶器護身術

秋葉原連続通り魔事件

<発生場所>路上・歩行者天国

<対象者>一般男女

<襲撃者>1名

<凶器>刃物2本(ダガーナイフ)

<犯罪形態>大量殺人

<護身術形態>対凶器護身術・対通り魔訓練・歩行者天国での護身術・対自動車回避訓練

池袋通り魔殺人事件

<発生場所>路上

<対象者>一般男女

<襲撃者>1名

<凶器>刃物・ハンマー

<犯罪形態>大量殺人

<護身術形態>対凶器護身術・対通り魔訓練・路上での護身術

下関通り魔殺人事件

<発生場所>駅構内

<対象者>一般男女

<襲撃者>1名

<凶器>刃物・自動車

<犯罪形態>大量殺人

<護身術形態>対凶器護身術・対通り魔訓練

千葉/松戸通り魔児童刺傷事件

<発生場所>路上・登下校時

<対象者>保護者・児童・教諭

<襲撃者>1名

<凶器>刃物

<犯罪形態>通り魔

<護身術形態>保護者による児童ボディーガード訓練・児童への不審者対応訓練・対凶器護身術

戸越銀座通り魔事件

<発生場所>路上・商店街

<対象者>一般男女

<襲撃者>1名

<凶器>刃物3本(内1本隠匿)

<犯罪形態>大量殺人

<護身術形態>商店街での護身術・対通り魔・対武器

西鉄バスジャック殺人事件

<発生場所>バス内

<対象者>一般男女

<襲撃者>1名

<凶器>刃物(牛刀)

<犯罪形態>人質(Hostage Situation)

<護身術形態>対異常犯罪者・バス内での護身術・対凶器護身術・人質からのサバイバル訓練・SAT及びSIT突入の際の準備対応訓練

奈良女児誘拐殺人事件

<発生場所>路上・登下校時

<対象者>保護者・児童・教諭

<襲撃者>1名

<凶器>素手

<犯罪形態>性的異常者

<護身術形態>対異常犯罪者・児童への不審者回避護身術教授・保護者による児童ボディーガード訓練・対凶器護身術

東京・埼玉連続幼女誘拐殺人事件

<発生場所>路上

<対象者>保護者・児童

<襲撃者>1名

<凶器>素手

<犯罪形態>性的異常者

<護身術形態>対異常犯罪者・児童への不審者回避護身術教授・保護者による児童ボディーガード・対凶器護身術

元○印副社長殺人事件及び歯科医主婦殺害事件

<発生場所>住居内・立体駐車場内

<対象者>一般男女

<襲撃者>1名

<凶器>刃物・サランラップ

<犯罪形態>強盗

<護身術形態>立体駐車場における護身術・対拉致訓練(車内)・対凶器護身術・手錠及び拘束バンド、ラップを巻かれた際のサバイバル訓練

愛知長久手町立てこもり発砲事件

<発生場所>住居内

<対象者>一般男女

<襲撃者>1名

<凶器>拳銃

<犯罪形態>人質(Hostage Situation)

<護身術形態>住居内での護身術・乱射に対する護身術・対凶器護身術・人質からのサバイバル訓練・SAT及びSIT突入の際の準備対応訓練

イラク邦人拉致殺害事件

<発生場所>海外・路上

<対象者>観光客・海外居住者・添乗員BR

<襲撃者>多人数(テロリスト)

<凶器>拳銃・軍用ライフル

<犯罪形態>犯罪グループ

<護身術形態>対拉致訓練・対凶器護身術・対犯罪組織

エジプト外国人観光客襲撃事件(ルクソール事件)

<発生場所>海外・観光地

<対象者>観光客・海外居住者・添乗員

<襲撃者>多人数(テロリスト)

<凶器>拳銃・軍用ライフル・サブマシンガン・刃物(短剣)

<犯罪形態>犯罪グループ

<護身術形態>観光地での護身術・乱射に対する護身術・対凶器護身術・対犯罪組織・対テロ特殊部隊突入の際の準備対応訓練

タスマニア観光客連続殺傷事件(ポートアーサー事件)

<発生場所>海外・観光地・住居内・路上

<対象者>観光客・海外居住者・添乗員

<襲撃者>1名

<凶器>軍用及び狩猟用ライフル

<犯罪形態>大量殺人

<護身術形態>カフェ内で の護身術・乱射に対する護身術・対異常者・対凶器護身術・警官隊突入の際の準備対応訓練

愛知・母子4人殺害放火事件

<発生場所>住居内

<対象者>一般男女

<襲撃者>数名?

<凶器>刃物・燃料(放火)

<犯罪形態>犯罪グループ

<護身術形態>住居内での護身術・対凶器護身術・放火の際の逃亡経路確保

ル○サンス佐世保散弾銃乱射事件

<発生場所>住居内・スイミングクラブ内

<対象者>一般男女・児童・スクール講師

<襲撃者>1名

<凶器>狩猟用散弾銃(スラッグ弾)

<犯罪形態>大量殺人

<護身術形態>スイミングクラブ内での護身術・対異常犯罪・対凶器護身術・乱射に対する護身術

某実戦空手師範5件連続強姦強盗致傷事件

<発生場所>路上

<対象者>一般女性

<襲撃者>1名

<凶器>素手(格闘術)

<犯罪形態>強盗・性的異常者

<護身術形態>対格闘家護身術・対拉致訓練(車内)・車内での護身術・手錠及び拘束バンド、ラップを巻かれた際のサバイバル訓練

渋谷クラブハウス放火未遂事件

<発生場所>クラブハウス

<対象者>一般男女

<襲撃者>1名

<凶器>刃物・催涙スプレー・ガソリン

<犯罪形態>大量殺人

<護身術形態>クラブハウスでの護身術・対異常犯罪・対凶器護身術・放火された場合の逃亡経路確保

梶ヶ谷トンネル通り魔殺人事件

<発生場所>トンネル内

<対象者>一般女性

<襲撃者>1名

<凶器>刃物

<犯罪形態>通り魔

<護身術形態>トンネル内での護身術・対通り魔・対凶器護身術

川崎通り魔事件

<発生場所>路上

<対象者>一般女性

<襲撃者>1名

<凶器>刃物

<犯罪形態>通り魔

<護身術形態>対通り魔・対凶器護身術

茂原女子高生拉致殺人事件(通称:心霊スポット殺人事件)

<発生場所>路上及び廃墟

<対象者>一般女性

<襲撃者>4名

<凶器>素手・電気コード

<護身術形態>路上での護身術・廃墟での護身術・対犯罪組織・拉致対策訓練

バックパッカー連続殺人事件

<発生場所>路上・森林

<対象者>観光客・海外居住者・添乗員

<襲撃者>1名

<凶器>刃物・斧・拳銃・ロープ

<護身術形態>森林での護身術・対凶器護身術

千葉・松戸女子大生放火殺人事件

<発生場所>マンション

<対象者>一般女性

<襲撃者>1名

<凶器>刃物

<護身術形態>マンション内での護身術・対凶器護身術



元厚生事務次官宅連続襲撃事件

<発生場所>住宅内

<対象者>一般男性・一般女性

<襲撃者>1名

<凶器>刃物

<護身術形態>住宅内での護身術・対武器・偽配達人への対応訓練



◇クライム・プロファイリング----海外、国内にて発生した犯罪を検証。


◇対武器トレーニング----対刃物訓練・対銃器全般・対催涙ガス・対スタンガン・対特殊警棒及び金属バット他・対クロスボウ・対スリングショット・対爆発物・他、あらゆる武器に対する護身訓練。


◇武器術訓練----ベルト、靴下、傘、灰皿、カード、箸等、身の回りの物を瞬時に武器化する訓練。催涙スプレー・スタンガン・特殊警棒、隠匿武器、スラッパー、ペン術、ナイフ術、煙幕、スリングショット、クロスボウ、拳銃射撃等。





他、あらゆる武器・護身具による護身訓練。及び、武器隠匿訓練。



催涙スプレーによる護身術は主に弱者にとって「必要不可欠」な技術です。護身具の中で最も簡単に使用でき、弱者であってもプロレスラー級の大男をいとも簡単に行動不能にする事ができます。



催涙スプレーに関しては河合主水師範のブログでも紹介しています。詳細はそちらを参照下さい。 こちら



他護身術スクールでは一切行わない技術を、SSRセルフディフェンスでは「日本初」で教授致します。

護身具を買ったが、実戦で果たして使えるのか不安だ、という方はぜひ当施設でシュミレーションの中お試し下さい。

また、催涙スプレーポリスマグナム・ファイヤーマスター(大型催涙スプレー=購入所持は合法です)の使用方法も教授致します。



護身具使用方法も教授しておりますし、同時に護身具販売もしております。

詳しくは護身具販売店「SSRセルフディフェンス」を参照下さい。

対強盗団、ギャング団を一網打尽にするこの強力スプレーは、銀行や学校では備え付けにするべきですが(確認したところ、一部ではすでに行っています)、ご家庭にも対侵入強盗として持っておくべき護身具です。



そして近年多発している自己顕示欲型通り魔(詳しくはこちら)、ストーカー殺人者(詳しくはこちら)は強迫観念に駆られた者、精神異常者、麻薬常用者が多く、こういった強力スプレー無しでは大変危険で、取り押さえるのは困難です。よって催涙スプレー「ポリスマグナムファイヤーマスター」の使用・所持は絶対不可欠だと感じます。



しかしながら、持っておくだけでは危険です。使用方法も分からないままでは間違って噴射し、事故を招きかねませんし、いざと言う時に使用できません。

当実戦護身術講座にて事前にシュミレーション訓練を積んでおけば、何か遭った場合でも即座に対応する事ができます!(どれが一番効果的な催涙スプレーかアドバイス致します)


☆一般女性・高齢者・身体虚弱者の場合---- 主に催涙スプレー(小型〜中型)、特殊警棒(小型)、ペン護身術、傘護身術、杖術(高齢者)、棒術(小〜中型)、クボタン、健康器具、美容品、対複数用にて催涙スプレーポリスマグナム・ファイヤーマスター(独居老齢者、独身女性、家庭を持っていてご主人が不在の際に強盗が侵入してきた場合など)。

スタンガンや防犯ブザーに関しては使用に危険性を伴いますので(使える状況が限定されており、弱者の使用に疑問)使用したい方のみ事前にご希望下さい。



☆一般男性の場合----主に催涙スプレー(小型〜大型)、特殊警棒(中〜大型)、クボタン、ペン護身術、傘護身術、ヌンチャク(小型〜大型)、棒術(小〜中型)、野球バット、ゴルフクラブ、対複数用にて催涙スプレー「ポリスマグナム・ファイヤーマスター」、極限状態にてスリングショット、クロスボウ、手錠術、スタンガン他。





☆児童の場合----防犯ブザー(使用に疑問ですので発声練習を主に練習します)、棒術(小型)、笛、ランドセル、鍵、傘等。


◇防護術訓練SHIELD(シールド)----防弾・防刃ベスト、防弾盾、アタッシュケース、バッグ等を使用した護身訓練。






◇実戦ヌンチャク術DEX(デックス)----主水直伝の実戦護身の為のヌンチャク術を指導。



DEXテクニック(必殺ヌンチャク術)を教授。(小型で隠匿に容易なヌンチャクを使用します)

DEXとはEXTREMELYDANGEROUS(Extremely Dangerous=最強に危険な)を組み合わせた造語。



また、米ドラマ「DEXTER=デクスター」では主人公が裏では暗殺者であった事から、一般人=弱者が極秘に必殺のヌンチャク術を習得し、日常にて「自身や第三者の」命の危険性が高まった際に使用できる事を願って名付けた。

サーカス技、フリースタイル・ヌンチャクではなく「実戦にて本当に使える」護身ヌンチャク術を教授致します。


◇暗闇想定訓練DARKNESS(ダークネス)----実際の犯罪は夜間に行われる事が殆どです。SSRセルフディフェンスでは夜間での襲撃を想定して施設内を完全にカバー、特殊サングラスを着用した状態で襲撃を「体験」して頂きます。



暗い状態での素手による襲撃やナイフによる襲撃は明るい状態での襲撃とは全く違ってきます。他護身術訓練施設が行っている従来の「明るい状態」での訓練が如何に役に立たないか証明致します。




警備用不審者制圧訓練----店舗、会社や学校、公の場などに侵入した賊を取り押さえる警備術を教授致します。主に催涙スプレー、特殊警棒、スタンガンを使用し、手錠にて拘束します。

<注>SSRセルフディフェンスは多角度的に発生した事件を分析し、回数を重ねて実験した結果、サスマタを使用した不審者取り押さえに疑問を持っています。非力な人間では取り押さえは不可能である、との結論からです。







◇完全武装訓練ARMS(アームズ)----対犯罪組織、武装強盗団の襲撃を想定して迎撃する武装訓練を行います。あらゆる武器術を習得して「極限の状況下」を想定した上で訓練致します。




又、対テロリズムも想定し、爆発物に対する訓練や射撃訓練も行います。射撃訓練はシドニーにて実戦射撃経験・資格のある講師が行います。ターゲットシューティングでは無い、本格的な射撃訓練が行えます。



◇世界初!噛み付き訓練BITING(バイティング)----世界初の噛み付き訓練です。
頚動脈、指、手首、腕、唇、耳、鼻、頬、足等を中心に噛み付く訓練をします。噛み付き部位には受講者専用の使い捨て特殊手袋やビニールシートを使用するので衛生面も問題ございません。(顔面部位への噛み付きのみビニールシートで覆ったダミーを使用致します)

噛み付き訓練は護身術には必要不可欠な護身技術です。どこを有効的に噛み付けば良いのか、体系化していますので、受講者に安心して練習に参加頂けます(事前に拒否も可能です)。

撮影協力:矢田有人師範(護身のプロを目指せ!矢田師範の護身術入門)













◇拉致及び拘束からの脱出訓練ABDUCTION&BOUND(アブダクション&バウンド)----現在、多く発生している犯罪の中で要注意なのが、路上を歩いていた所を突然襲撃し拉致する、というものです。

拉致する理由は様々ですが、主に、強盗・強姦・営利誘拐及び監禁によるものが多いです。
SSRセルフディフェンスでは拘束バンド、テープ、タオル、縄、手錠等を使用した拉致拘束からの脱出訓練を行っています。

実際に発生した拉致事件を元に、回避策及び脱出策を教授致します。



↑韓国はソウルにて防犯カメラに移った実際の拉致映像。現実に起こっている犯罪は大半が暗闇である。また、襲撃者は2名以上など複数の場合が多く、映画とは違っていきなり殴りかかったり、凶器を使用することの方が多い。
映像では、夜一人歩いている女性に横付けした車の中から襲撃者が二人出てくるといきなり殴る蹴るの暴行を加え、気絶させた後連れ去る模様が映っている。(成人以下はクリック禁止)



訓練対象事件例として、夜道を歩いている女性を拉致、強盗殺人を犯した 千種区女性拉致殺人事件や、同様に歩いている女性を拉致、強盗及び強姦事件を犯した某実戦空手師範5件連続強姦強盗致傷事件、近年発生した岐阜御嵩町女性遺体遺棄事件等をシュミレーションとして行います。


これらシュミレーションは拒否可能です。また、理論面だけの教授も可能です。

撮影協力:矢田有人師範(護身のプロを目指せ!矢田師範の護身術入門)

<注>以下、拘束からの脱出訓練の様子を一部紹介致します。これら訓練は当然ながら犯罪者の為の訓練ではありません。当流派では以下の「注意事項」にもあるようにあらゆる犯罪関連団体からの入門を固く禁止しております。

これら訓練は「弱者に対する犯罪被害を防ぐ為の技術」であり、また「生命に関わる危機的状況から脱出及び回避する為の技術」であります。<注意>以下の技術以外ではヘアピン等による手錠開錠及びロックタイのはずし方・隠匿器具の使用等があります。犯罪に使用される恐れがあるため、写真では一切公開しません。


↓正面からの拘束バンド1本締めからの脱出訓練(事前に拘束状態にて襲撃者から逃亡しています)。




↓後部からの拘束バンド1本締めからの脱出訓練。




↓後部からの拘束バンド2本締めからの脱出訓練。




↓正面からの手錠脱出訓練。住宅内監禁等のケースは鍵を発見後迅速に使用します。




↓後部からの手錠脱出訓練(鍵がない場合、諸機関へ通報後、特殊機械にて切断か、鍵を開けてもらいます)。









メニューへ戻る






<受講までの流れ>


身元確認情報などメールにて送信→カウンセリング開始→受講内容及び価格の提示→日時決定→受講

実戦護身術講習お問い合わせはこちらへメールして下さい!

実戦護身術講習お問い合わせはこちらへメールして下さい!

suishin_ryu@yahoo.co.jp





<プライベート講習時間日程>

カッコ内 ()は河合主水館長が指導する実戦空手道場の枠です。それ以外の時間を指定して下さい。現在12名の月会費会員=プライベート会員が在籍しています。

他、一回のみの修了証会員数名も別途予約されています。

受講生の方はランダムに受講されていますので、空き状況に関しては直接お問い合わせ下さい。

尚、1回の講習は1時間30分となっております。


◎月曜日 <午前11時〜午後12時30分枠、午後2時〜午後6時30分枠、 (×第2第4月曜日>本部道場実戦空手教室=午後7時30〜午後9時)午後10時〜午前12時枠>



◎火曜日 <午前11時〜午後12時30分枠、午後2時〜午後3時30分枠、 (×美濃加茂道場実戦空手教室(遠方指導)=午後5時30〜午後7時)午後10時〜午前12時枠>



◎水曜日 <午前11時〜午後12時30分枠、午後2時〜午後6時枠、(×本部道場実戦空手教室=午後7時30〜午後9時)午後10時〜午前12時枠>



◎木曜日 <午前11時〜午後12時30分枠、午後2時〜午後6時枠、 (×大垣道場実戦空手教室=午後7時〜午後8時30分)午後10時〜午前12時枠>   



◎金曜日 <午前11時〜午後12時30分枠、午後2時〜午後4時30分枠、 (×薮田道場実戦空手教室=午後5時30〜午後7時)午後10時〜午前12時枠>



◎土曜日 <午前11時〜午後12時30分枠、午後2時〜午後6時30分枠、 (×平田道場実戦空手教室=午後7時30〜午後9時)午後10時〜午前12時枠>



◎日曜日 <午前11時〜午後12時30分枠、午後2時〜午後4時30分枠、 (×輪之内道場実戦空手教室=午後5時30〜午後7時)午後10時〜午前12時枠>







◇事前に申し出て下さればスケジュール調整にて受講出来る場合があります(例:日曜しか受講できない等)。空き無し→調整可能。一度メールにてご連絡下さい。会員募集中です!!!

◇時間帯は午前11時〜午前0時までの間でご予約を受け付けております。

◇祝日及び河合主水師範のシドニー渡航時はお休みとさせて頂きます。

◇当プライベート講習は、河合主水師範指導による護身術講習及びヌンチャク講習です。よって実戦空手の指導の合間を縫って講習を行っている為、必ずしもスケジュールの都合がつけられるとは限りませんのでご了承下さい。



メニューへ戻る




<プライベート講習の一例>



以下、プライベート講習の例を記載していきますが、SSRシュミレーション・システム (想定訓練)や特殊訓練における詳細な描写・写真等は「ごく一部」しか掲載致しません。

全体的に基礎体力訓練の模様をお伝えします。極秘訓練ですのでご了承下さい。

<護身術プライベート講習の一例 


以下、プライベート講習の1例、愛知県にて警備業に携わる40代の男性Aさんからテキスト(警備会社指定の)通りの警戒棒術及び徒手護身術を徹底的に覚えたい、という申し出があり、河合主水師範が対応。

講習時間は2〜3時間、平日の夜間、祭日を通して行った。





講習内徹底指導の末、見事達成致しました。Aさん「始めは動きが全く掴めずぎこちなかったのですが、師範に徹底指導されスムーズに動けるようになりました。自分でもできるとは思わなかったのですが、驚きました。






Aさんは社内にて一定の立場がある為、毎月行われる警戒棒及び護身術の警備講習の時間は「重荷」になっていたと明かした。今回受講し「自信を持って警備講習に望める」とやる気満々のAさん。





訓練について河合主水師範の意見は?

「経験上、実戦護身術を指導するのは比較的容易ですが、警備会社指定のテキストに沿っての指導は訓練メニューを作成するのが少々難でした。

警戒棒=特殊警棒の訓練法にせよ、私がシドニーのアカデミーで覚え現在も使っているのはより実戦的なモナドノック警棒術(欧米警察及び警備機関が使用しているテクニック)ですし。

しかしながら、護身術は護身術、同じ体術です。すぐにコツが掴め、スムーズに指導することが出来ました。

達成感はありましたね。何よりもAさんの<犯罪形態>犯罪グループ 充実した顔つきを見て、できる、と確信しました」


河合主水師範談。



メニューへ戻る




<護身術プライベート講習の一例◆



岐阜県にて製造業に携わる50代の男性Bさんから「素手を中心とした護身術、徒手護身術を習いたい」という申し出があり、河合主水師範が対応。

講習時間は1時間30分ででBRきるだけ長く続けたいとの事だったので、月3回による月謝制にて行う。





Bさんの護身術を始めるきっかけとは、「電車内にて酔っ払いに唾を吐きかけられた、もしくは絡まれた」「路上にて恐喝の危険性に遭った」「車を運転中、後続車の乱暴な運転に遭い、身の危険を感じた」等、誰しも遭いそうなトラブルに巻き込まれた為であった。





体力をつけたい、との申し出もあって、基礎体力を中心に徹底的に指導。急所への打撃技を中心にシュミレーション・トレーニングも交えて現在プライベート訓練中である。
















訓練について河合主水師範の意見は?

「実戦護身術ですから実際はあらゆる事を訓練するほうがいい。

例えば、徒手護身術、拳銃やナイフなどの乱捕りや関節技は当然として、ナイフ術や銃器の扱い方を含んだ武器術、護身具の使用方法や警備理論・犯罪理論に護身理論などを交えた方が真の護身術を体得する事が出来る。

そう、プロの護身術専門家ですね。

しかしながら、それが全ての方に当てはまるとは思っていません。一般の方であれば身近なことからの護身術。恐喝や酔っ払いへの対処法や、通り魔や強盗などへの対処法ですね。

海外へ出れば銃器が出てくることがありますがここは日本。圧倒的に刃物が出てきます。

最低でも その時は徹底して応戦する。あなたは全精力をもって相手を拒絶しなければなら 愛知・母子4人殺害放火事件+1ないのだ。バッグや傘、衣服などを武器・防具に変え叩きつける!刃物への対処法はBさんには習得して頂きます。これからBさんがどれだけ上達していくか私としても楽しみです」


河合主水師範談。



メニューへ戻る




<護身術プライベート講習の一例>



東京を拠点とし、全国にて展開する某有名会社11社を経営する40代の男性Oさんから「家族を守るための護身術を学びたい」というお話があり、河合主水師範が対応。長く続けたいとの事だったので、月謝制にて行う。

東京より新幹線にて岐阜羽島駅まで来て頂き、総本部まで送迎を行う。Oさんは常に全国を移動されており、海外出張も多い事から月3〜4回のペースで行いたい、との事。



Oさんが護身術を始めるに至った動機は、「社長室へ乱入してきた者がいて危険を感じた」「自宅近くまで尾行された」「5人程の男に囲まれ因縁をつけられた挙句、殴りかかられた」「仕事上、怨恨が絡んだ電話を受ける事が多々ある」等、自身のみでなく家族への危険も感じられると判断したから、である。


 


とにかく仕事が多忙なため、事務仕事も多いため(主にパソコン作業)20年間程運動らしい運動は全くしていないとの事。よってスタミナをまずはつけたい、との事でしたので基礎体力運動を「徐々」に行う。





特殊な環境下における護身術も徹底して行っていく。社長室に乱入してきた賊を如何にして取り押さえるか、または回避するか。

また、エレベーターや、移動中のタクシーにてトラブルに巻き込まれた場合なども想定してシュミレーショントレーニングを行っていく。







他、実戦ヌンチャク術や催涙ガス・特殊警棒などを使った実戦護身術の方も行いたい、という事だったので平行して受講してゆく。

訓練について河合主水師範の意見は?

「まず、Oさんは実戦護身術が絶対に必要な環境下にいる方だと思いました

なんと言っても職務上に絡んだ危険(犯罪)が多く考えられます。また、一般人とはかけ離れた富裕層におられる方ですから、強盗は勿論、拉致誘拐などの犯罪は想定しなければならないでしょう。

ただ一つびっくりしたのは、すでに危機管理がしっかりと出来ている方だという事。

なにせ、超高級マンションには*パニック・ルーム(セーフ・ルーム)まであるという事で、何かあれば警備員がすぐに駆けつけ、自身及びご家族は同ルームへ入ってしまえば凶悪犯は一切入ることができません。

Oさんの話を聞いているとまるで現実離れした映画の中にいるようで。しかしながらこちらも事前調査・身元調査は徹底していますから、事実<凶器>刃物だと分かっています。

現実にこの世の中にそういう方は多くいるんですよ。私としては羨ましい限りですが(笑)」


河合主水師範談。



メニューへ戻る




<護身術プライベート講習の一例ぁ



愛知県より実戦護身術を学びたい、という30代の男性Fさんからの申し出があり対応。

Fさんは恐喝等の被害経験があり、そういった犯罪に対する体術や武器術を中心とした護身術を学びたいとの事。多忙のため、月2回による月謝制で行う。

また、対複数シュミレーション(主に対恐喝及び対強盗)を徹底して行いたいというFさんの要望から矢田師範への協力を仰ぐ。



Fさんの要望に従い、基礎体力訓練を徹底して教授していく。






 






対複数シュミレーションを想定して矢田師範にも協力を仰ぐ。体力指導にも熱が入る。








なかなかのパンチ、キックの切れを見せるFさん。スタミナもまだまだ十分あり、技術向上も十分望めると感じた。








顔面パンチを徹底指導。あらゆる角度からパンチを繰り出せるよう指導する。




多角度的に飛んでくる刃先をどう捌くか。超接近戦による刃物サバキを習得する。




拳銃(ガスガン)を使用した射撃訓練。基本的な射撃姿勢、ウィーバー・スタンスとアイソサリーズ・スタンスを教授しているところ。




夜間を想定して目にはSSR特製サングラスを着用してもらい、完全に目をつぶって寝てもらう。いきなり襲ってくる拳銃強盗や刃物強盗を前にして如何にして対処するか、咄嗟の判断で切り抜ける。



ちなみにこの日は対拳銃強盗、刃物強盗、緊縛強盗、強盗団を想定して行い、いきなり首締めや、サランラップ顔巻き、手錠、刃物や拳銃などを使用した。


訓練について河合主水師範の意見は?

「Fさんは30代ともあって基礎体力は十分有り、パンチ、キックスピードも申し分ない状態だと思います。

Fさん曰く格闘技経験はほんの少しだけ、という話でしたが、あれだけの動きがあれば護身体術を学ばなくとも軽犯罪なら問題なく対応できるでしょう。

と、言いたい所ですが、実際は犯罪と言うものはそんなに甘くはないです。

格闘技経験があろうが、黒帯を持っていようが殺される可能性は大、の世界です。護身は、犯罪の世界は「コミックの世界」ではないから当然ですね。

2回目の練習の時に基礎体力、打撃技、ヌンチャク術を完全指導し、関節技まで行いました。問題はこの後のシュミレーション・トレーニング(CSS)です。

路上は当然、エレベーターやトイレの中、寝込みなどを想定して行いましたが、私たち襲撃者側としては「いきなりタオルで首を全力で締める」「一名が後方から首を絞め、もう一名が前方からナイフで刺しにかかる」「座っている椅子ごと持ち上げて倒し、逆さまにして急所を叩きながらもう一名がナイフで刺しにかかる」など想像を絶した襲撃方法にFさんも少々戸惑っておられたようでした。

ただ、Fさんの凄いのはそういう全く過去に経験したことのない襲撃を受けたにも関わらず、即座に対応し、急所への打撃→逃亡へ持っていけた所です。

経験地の少ないFさんが始めからこれをやり遂げたとなると、将来、素晴らしい護身術者に成長するのではないでしょうか。私としてはFさんの今後が楽しみです」


河合主水師範談。

<護身術プライベート講習の一例ァ



愛知県名古屋市より護身術を学びたい、という30代女性Iさんからの申し出があり対応。(ご本人への撮影了解は得たが、「完全秘匿」という事で第三者による撮影は行わなかった。よってビデオ撮影を行った)

Iさんはストーカーによる被害経験があり、また、昨今発生している凶悪犯罪に対して不安を覚えたゆえに受講する気持ちになった、という。ご本人の希望から月3回による月謝制で行う。



護身具である強力ライトについて説明する主水師範。その強力な光源は襲撃者の目を一瞬にして眩ませ、攻撃能力を奪う。弱者である女性が強者に立ち向かう唯一の方法、護身具の使用方法を徹底して教授している。

 


現在、運動らしい運動を一切行っていないIさん。「こんな私でも出来るんですか?」という質問に「全く問題ありません。体力訓練は一切しなくて結構です」という師範。

「最低でも打撃技を覚えて頂きますが、これといって体力を使う打撃訓練を行う必要はありません。女性は結局はここですよ」そう言ってコメカミを指で叩く師範。



護身理論を徹底して教授。今回は「元象○副社長殺害事件及び歯科医主婦殺害事件」に関する分析及び見解を行う。
主水師範はN○Kによるヘリ画像から事件発生場所をパ○○○+タ○○○○と特定。ネット上の民間情報、公式情報から事件の発生した(歯科医主婦殺害事件の)立体駐車場を第○駐車場と特定した。

こういった情報を公開しつつも、事件の全容にIさんと共に迫っていく。







メモを取るIさん。この後、長○ストーカー殺人事件の全容に迫り、なぜ発生したのか等、ストーキングの発生プロセスを説明。事件防止に必要だったもの等を教授した。

講習について河合主水師範の意見は?

「弱者に対する護身術、これが真の護身術です。

護身術とは必ずしも体を動かして戦うことが全てじゃないんです。では、高齢者は?子供は?という話になってくる。

男性には徹底して基礎体力や護身技を教授する。時には特殊警棒の扱いや、拳銃の使い方など、武器術も徹底して教授する。

でも、忘れてはいけない事があるんです。では弱者はどうするか、という問題です。

スポーツ万能の女性であればある程度の護身技術等をマスターできるかもしれない。当然、犯罪はそんなに生易しいものではないですが、多少は反撃が出来るかもしれない。

しかしながら、全く運動をしたことが無い、非力な女性がある日いきなり襲撃者に襲われたらどうするか?

これは絶望的です。よって現在世界で行われている様々な護身術クラスならば、「あなたに護身術は出来ません」と言われる事でしょう。

しかし、私たちは見捨てません。

護身術とは本来、弱者が学ぶべきもの。護身術とは何も体術ばかりじゃないんです。武器術ばかりでもない。
80〜90%は、事前警戒・事前察知・事前回避・事前防御です。体術などはその10%ほどでしかない。護身術は、いや「護身体術」は一生使わないほうがいいんです。使っていないからこそ、身を護れた、と言えるのです。

頭を使って事前に回避する、これが一番の護身です」


河合主水師範談。

<注意>上記写真はご本人の許可をとって撮影・公開致しました。また、ご本人のプライバシーを守るためモザイクをかけさせて頂きました。





メニューへ戻る






<護身術プライベート講習の一例Α



愛知県某市より護身術を学びたい、という50代男性Uさんからの申し出があり対応。

Uさんは酒屋店を経営されており、入門当初は実戦ヌンチャク術講習を希望との事だった。

ヌンチャク講習を受講されるにあたっての理由を尋ねた所、愛知県全域の治安悪化を危惧されているのと、経営されている酒屋店が何度も窃盗事件に巻き込まれた事、知人が緊縛強盗に遭ったという事、中学生の娘さんが二度も露出魔に襲われた経緯などを語られた。

よって、ヌンチャク講座を学び、ヌンチャク技術を身につける事は護身技術の向上に繋がる、という事を理解して頂いて、と同時に護身具や武器術、徒手格闘術を含んだ実戦護身術も行う、という事で同意して頂いた。



年齢を考慮し、基礎体力運動やサンドバック運動を行うも体力消耗をしないよう心がけて指導する。

 


身体を壊さないトレーニングを心がける。常に体調が良好である事が身を守るには必須である。



ヌンチャクを護身術に使用する。これは簡単そうであるが実際は非常に難しい事である。護身とは対犯罪である。

対犯罪であるが故にそう簡単にヌンチャクは襲撃者に当たってくれない。対犯罪とは、アクション映画では無いからである。また、ヌンチャクは携帯にも優れていない。

しかしながら、第三者を守る際や、自宅内等家屋内に設置し、虚を突いて侵入強盗等を撃退するのには適している。(熟練すれば1対多や対武器も可能であるが)



ヌンチャクは武具であると共に凶器である。手に当たれば必ずや骨折し、頭部へクリーンヒットすれば一撃必殺である。

そういった事を考慮して、相手を死亡させなければいけないほど差し迫った状況かどうか、過剰防衛の危険性も同時に教授していく。



講習について河合主水師範の意見は??

「当講座を受講される方は圧倒的に愛知県が多いようです。

その理由として受講者に尋ねた所、

一つは距離の問題。

愛知県からは遠いイメージがあるようですが、皆さん40分〜1時間弱程で来られる方が多いですね。そこで距離について「遠くないんですか?」と尋ねた所、「通っている職場もそのくらいかかりますよ」という答えを良く頂きます。

二つ目は治安の問題。

愛知県は格段に治安が悪いようです。「体感治安」と言う言葉があります。実際にその地域に住民が住んでみて「危険と感じるか」というものです。

私は長い間治安調査を国内外で行ってきましたが、治安調査で重要なのは「警察機関による犯罪統計」「各国による人口統計比較における犯罪率調査」「体感治安」です。

この中でも「体感治安」は統計的ではありませんが非常に重要です。愛知自体は統計的に見ても十分治安は悪い地域に当たってしまうのですが、その体感治安が悪い事で皮肉にも裏付けがとれています。

相反して岐阜県に関しては危機管理意識が今一歩だと感じます。
安全情報等(声かけ事案及び不審者等)を見てみても十分警戒要の地域なのですが、いかんせん愛知県に比べ紙面を飾る事件が少ない。

岐阜県瑞浪市幼稚園女性教諭殺害事件が発生していますが、果たしてどれだけの岐阜県人がこれを非常事態と受け止める事が出来るか。私としては同じ一岐阜県人として考えさせられます」



河合主水師範談。

<注意>上記写真はご本人の許可をとって撮影・公開致しました。また、ご本人のプライバシーを守るためモザイクをかけさせて頂きました。





メニューへ戻る






<護身術プライベート講習の一例А



長野県内に於いてフリーアルバイターをされている30代の男性Eさんの相談を受ける。

Eさんは面談にて中学、高校にていじめを受けていた事を告白し、某大手会社にて勤務していた際、不当な暴力を受けていた事を明かして頂いた。

面談により、主水師範が即座に対応。徒手格闘術を中心に、職場での不当な暴力から身を護る為、主にサバキ=捌きを徹底的に教授。

必要に応じて、特殊警棒や催涙スプレーなどの使用方法を教授する。また、体術のみでなく、知識面として職場での暴行を受けた際の証拠収集方法から警察への証拠提出までの流れ等を詳しく教授していく。

Eさんは今まで一切の格闘技及びスポーツ経験が無く、現在は自宅にて自主筋肉トレーニングを行うのみであった。

事務局がメールを受けた際にはすでに、愛知県の有名格闘技団体G(香港で有名な)や空手団体Aに受講希望としてコンタクトしていたが、「眼鏡をしていては習えません」と言われた事から、戸惑われていた様子だった。

護身術とは弱者が主に学ぶべきものである事から、視力が弱い=眼鏡をかけているから習えない、というのは明らかにおかしい、道理にかなっていない、と返信した。

当施設は弱者の為の実戦護身術受講施設であると。




自信をつける為にはまずスタミナをつける。基礎体力は護身術には必須です。


 


その人にあった体力を最低限つけておく事で護身術が習得しやすくなる。



打撃は護身体術の基本!弱者が使える護身術としては最も即効性がある技術です。



法的な事も学びつつ、体術、催涙スプレー等護身具の使い方を学んでいく。




講習について河合主水師範の意見は??

「今回の件では護身術理論の根本を考え直させて頂きました。

護身術とはあらゆる状況を設定しなければならない、ということ。

Eさんの場合はそれが「イジメ」であった。

「イジメ」とは強盗や強姦など、凶悪犯罪に比べて深刻なイメージが沸かないが、実際、被害者にとっては生死に関わるほど重大な事件なのである。トラウマが残り、食事も出来ない、眠る事さえも出来ないような。

よって、職場にて暴行された場合、どうすれば良いか、ということを中心に教授する事に決めました。

まずは人体に甚大なダメージが残るような暴行を受けようとしている場合。例えばバールなど物を使って頭部を殴ってきたとか、力のある人間が全力を持って暴行を加えてきた場合とか、である。

この際は捌くことに徹する。しかしながら、頭部を護り、身体を殴ってきた場合、アザが残るほどであれば傷害で訴える事が出来る。証拠写真を取ったり、警察へ通報し、しかるべき処置を取ってもらう。この場合は証拠よっては傷害で逮捕となるケースが多い。

アザは残らないほどであるが、精神的にダメージを食うような軽い暴行、言動によるハラスメントの場合は、弁護士を雇い、当の本人とそれらを無視してきた会社自体を法的に訴える方法もある。

護身術とは何も体術や武器術のみを指しているわけではない。時には警察やマスメディアを使って法的に社会から永久追放する事も一つの手なのです」



河合主水師範談。

<注意>上記写真はご本人の許可をとって撮影・公開致しました。また、ご本人のプライバシーを守るためモザイクをかけさせて頂きました。





メニューへ戻る






<護身術プライベート講習の一例─



大阪の某大学へ通われている女性のKさんから、超実戦護身術を習って「強くなりたい」という旨のメールを受けとる。

Kさん曰く、大阪での治安悪化は受講希望要因としては当然あるが、それ以前に一人の人間として世の中に負けないような「強い人間になりたい」いう強い希望があって受講することに決めた、と言う。

面談により、主水師範が即座に対応。Kさんの女性用超実戦護身術ニキータ・クラスへの編入を決定する。

徒手格闘術のみならず、護身具訓練、武器術、射撃訓練、CSS・シュミレーション訓練等、あらゆる技術を教授する事を決めた。

大阪から3時間かけて来られる、という事から主水師範自ら西岐阜まで無料送迎を行う。

また、メールでの護身術や護身具に関するサポートも常時行っていく。




少林寺拳法を少々習っていた事のあるKさん。なかなかの腕前で、形としてはすでに出来上がっていた。


 


対ナイフ、対銃器訓練は当然行う。それに則した、ナイフ術や射撃術、催涙スプレーを使用した護身具及び武器術訓練は、SSR護身術の中核を担う部分であるから徹底して訓練していく。




あらゆる射撃姿勢でターゲットを狙う!射撃に関して言えば日本では間違った考えが横行している。

握力は強くなくては撃てない、拳銃なんてのは反動があるから至近距離でしか当たらない等。

実は全くの間違いであり正反対である。

射撃では女性の方が当たりやすい、拳銃を持つ際には力を込めて握らない=リラックスする、エアガンやガスガンで「実戦射撃経験(実銃)のある人間から」訓練を積めば実銃を使う際、遠距離でも普通に当たる、等。

受講中に、常識が非常識に、非常識が常識に変わっていく、それがSSR護身術の最大の特徴である。



講習について河合主水師範の意見は??

「学生としての身分でありながら、大阪から片道3時間近くかけて通われているKさん。端的に言って努力家です。

通常、一般の方であれば定職を持たれている方が圧倒的に多いですから、過去遠距離で来られた方々は新幹線を利用されていました。

Kさんはアルバイトによってそれを補って来られている訳ですから、単に「努力家」だけでなく、「根性がある」と言えば宜しいでしょうか。精神力の強さ。凄いなあ、と思いましたね。

また、護身術でもいろいろな技術に興味をお持ちで、徒手格闘術は元より、護身具を使った訓練、果ては各種武器術や射撃術まで徹底して訓練しています。

通常、女性で護身術を習われる方は、徒手格闘術=体術をメインとして、サブで護身具を訓練されるくらいですが、ご本人の「強くなりたい」という言葉通り、あらゆる護身技術を吸収していきたい、という意気込みが感じられました。

私としては嬉しい限りです。

Kさんには「女性用超実戦護身術ニキータ」の第一号としてこれから様々な技術を教授していくつもりです。

咄嗟の様々な状況下でも即対応できる女性、ニキータのような女性を作り上げていくのが私の目標でもありますから、私としてもこれからKさんの成長から目が離せません」


河合主水師範談。


女性用超実戦護身術施設ニキータはこちら!


<注意>上記写真はご本人の許可をとって撮影・公開致しました。また、ご本人のプライバシーを守るためモザイクをかけさせて頂きました。





メニューへ戻る






<護身術プライベート講習の一例>



岐阜県内にて某繊維企業に勤めるRさんからメールを受け取った。

Rさんは日系ブラジル人であり、以前愛知県にて空手を習っていた事がある、ということだった。

面談により、目的を尋ねる。
Rさん曰く、最低限身を守れるような強い体を作りたい、との事だった。

初め、実戦空手部門への入門を勧めたが、「治安の悪い、本国ブラジルでも使えるような実戦に則した体術・護身知識を」というご本人たっての希望から実戦護身術講座を受講する事に。

主水師範が対応し、筋力の限界やスタミナ等をチェックしていく。



結果、スタミナ強化を中心とした徒手格闘をメインで、サブに護身的知識(兵法)を教授していく事に決めた。




日本の武道の基本的な事、礼儀等から教授する。気持ちが真っ直ぐでないと事件に巻き込まれやすくなる。




バランスを保つよう指導。また、体幹と重心の大切さを理解してもらった。



 

サンドバックもみっちりやる。徐々にパンチやキックも形になっていく。



 


仕事にも影響が出るほど身体が虚弱だというRさん。ゆっくりと焦らずに体力強化に努めていく。




空手の基本は身体の軸を強化するのに役立つ。武道は身体強化に非常に役立つ。武道をみっちり行って体を作り、その上で護身術を行えば正に鬼に金棒である。




講習について河合主水師範の意見は??

「Rさんを教授してみて分かった事は、非常に体が弱いという事です。

これはRさん本人がすでに理解されている事であり、長年悩まれていた事柄でもあります。

しかしながら、護身術とは弱者の為のもの。空手の諸動作によって身体改造を行い、その上で特殊な護身体術も習得していく。

1年後にはご本人でも信じられないような動きをするようになっていると思います。

人間と言うものは年齢や性別、身体の強弱に関わらず無限の可能性を秘めています。私としましては、Rさんがその可能性を信じて、継続していってもらう事を望んでいます」

河合主水師範談。


<注意>上記写真はご本人の許可をとって撮影・公開致しました。また、ご本人のプライバシーを守るためモザイクをかけさせて頂きました。





メニューへ戻る








<護身術プライベート講習の一例>



愛知県内にて某自動車販売会社に勤めるJさんからメールを受け取った。

Jさんは某自動車販売会社にて営業業務に携わり、兼ねてから護身術に興味を持っていたことから体力作りもかねて受講したい、という事だった。

面談期日を定め、Jさんから詳細を伺った。
Jさんは年一回の割合で海外へ行く事から、海外での治安に不安を感じ、護身術の必要性を感じたという。

今回は近々ドイツへの旅行を計画している事から、主水師範が独自にドイツ治安事情を多角度的に調査。調査資料をJさんに提出し、ドイツの治安事情を知って頂いた上で、対策を立てていく事となった。

結果、Jさんが希望していたスタミナ強化及び徒手格闘をメインで教授し、付随して海外でも使える武器術の教授(ペン・ベルト・靴下ジャック・育毛スプレー等身の回りで武器になり得る道具の紹介及び技術教授)、射撃術・ナイフ術の教授、外国現地にて調達できる武器の紹介等を行っていく。




基礎体力=スタミナを養うこと。これは護身術において必要不可欠である。



    

基礎体力が無ければ回避・逃亡もままならない。
   




護身術で最も重要な「逃げる」という行為さえ出来ない事になる。ただし、基礎体力はその受講者にあった基礎体力運動で十分である。




受講者が高齢であるならば、最低限の基礎体力で十分だろう。肉体的弱者や身体的障害を持つ受講者であれば、それにあった基礎体力運動を行っていく。




こういった基礎体力を行って体幹を鍛えながら徒手格闘術、武器術等を習得していく。




講習について河合主水師範の意見は??

「Jさんは以前、空手を習っていた事があるだけあって徒手格闘の基礎が円滑に出来ていました。

基礎体力に関して言えばまだまだ課題はあるものの、時間をかけてじっくりスタミナ訓練に取り組めば全く問題ありません。

また、海外へ年一回のペースで出かけられる事から、海外でも通用する護身術を中心に取り組んでいきます。

例えばペン・ファイティング。ペンは航空機内問わずどんな場所でも全くの合法で持ち込める暗器です。

よって海外ではいつでも持ち歩き、瞬時に取り出せる練習を行います。危険度の度合いに応じて、積極的に襲撃者の急所・動脈を攻めて行きます。そして、ペンでもどんなペンが実戦で使いやすいか、これは使える使えない、というのを現物を見て頂いて学んで頂きます。

また、育毛スプレーや、靴下を使用したブラックジャック、ベルトを使用した防御法など、特殊な武器術を教授していきます。

当然、拳銃が出てくる国も多々ありますから、拳銃への対策も万全に行っていきます。プラス、射撃術も学んでいくことになります。

実際に発生している事件の分析や動画の閲覧も受講内に含んでいきます。

Jさんはドイツに行かれる、という事ですので実際にドイツで暗躍している「ネオナチの暴行映像」なども交えて、如何に集団リンチからの離脱が難しいか、どうすれば正しく離脱できるのか、というのも学んでいってもらいます。

私はこれからも責任を持って、Jさんが安全に海外旅行できる手伝いをしていきたいと思っております。 」

河合主水師範談。


<注意>上記写真はご本人の許可をとって撮影・公開致しました。また、ご本人のプライバシーを守るためモザイクをかけさせて頂きました。





メニューへ戻る






<護身術プライベート講習の一例>



京都にて某武道場を経営する40代男性、Yさんからメールを受け取った。

Yさんは武道場を経営しているが、格闘技とは違った真の護身術というものを再確認したく、入門したいとの事だった。

Yさんがすでに習得済みの関節技、打撃技、基礎体力をチェック。ウィークポイントを確認し、その部分を徹底して訓練していく。

また、護身具を含めた武器術の習得を望んでおられ、中でも射撃を主に学びたいとの事。

夜間のみ可能という事で、新幹線にて岐阜羽島駅まで来て頂き送迎する、という形で行う。フレキシブルに時間曜日を決める月3回での月謝講習を希望された。


    

   


講習者が行う通常訓練=基礎訓練も合わせて行っていくも、ある程度の負荷を人体にかけていく。武道経験者ともあってパンチスピードは上級。ただしYさんには経営者であることを忘れて頂いて初心の状態で訓練に望んでもらう。




ある程度の蹴り技、手技を見せて頂き、ウィークポイントをチェックする。




Yさんは射撃経験アリであるが、グアムでのターゲット・シューティングのみであるとの事。コンバット・シューティング(実戦射撃)の経験が無い事から、徹底して立ち方、拳銃の持ち方から学んでいく。




実戦射撃での構えは主にウィーバー・スタンスとアイソサリーズ・スタンスであるが、SSRでは、より素人に使いやすいウィーバーを採用。
豪米を中心とした海外警察・警備機関で主に使われている同スタンスは、戦場(アーマーを着用した)での「撃たれることを前提とした射撃スタンス「アイソサリーズ」よりも素人向きである。また、体面積を少なくする事から襲撃者からの銃撃からの回避率も高い。




あらゆるポジションからの射撃を教授。これらは主水師範が豪セキュリティ・アカデミーにて行った実戦射撃訓練経験から作られた特殊訓練法である。そして、これらはただ闇雲に射撃を学ぶものだけでなく、あらゆるポジションから射撃動作を行うことによって、基礎体力をつける意味合いもある。




講習について河合主水師範の意見は??

「やはり師範をされているだけあって徒手格闘技術は上級者レベルです。

しかしながらウィークポイントを探させて頂くのが私たちインストラクターの努めですから、チェックさせて頂きました。また、所々修正もさせて頂きます。

基礎体力、問題なくあります。あとは護身術でのスタミナ訓練です。通常の格闘技訓練をされている方でも、「これはキツイ」と言われる方が多いです。

Yさんは私の護身思想を良く理解されており(事前にネットでチェックしておられたようで)、私としても非常に教授しやすい方だと感じました。

格闘技=護身術である。この思想を覆すのは非常に勇気がいることですし、ある意味冒険でもあります。しかし、事実は事実として受け止めなければいけないのが私たち武道家の宿命(サダメ)です。

ではあなたが格闘技をやっているとして、あなた以上の格闘技術を持った人間に襲われたらどうするのか?複数で来られたら?強力な武器で武装していたら?疑問はつきませんね。

これらを分析して答えを出し、護身技術として「年齢層」「性別」「身体的能力」に関係なく提供するのが私たちSSRセルフディフェンスなんです。Yさんには護身術とは何たるかを学んで頂き、地元でも広めて頂きたいと思います」

河合主水師範談。


<注意>上記写真はご本人の許可をとって撮影・公開致しました。また、ご本人のプライバシーを守るためモザイクをかけさせて頂きました。





メニューへ戻る






<護身術プライベート講習の一例>



愛知県の某薬局にて薬剤師として働く30代男性、Pさんからメールを受け取った。

Pさんは格闘技経験も運動経験も全く無い事から、基礎体力作りを中心に身を守る術を習いたい、という事だった。

面談にてお話を伺う。伺った所、できるだけ長く続けたいので月謝制で受講したいという事、また、徒手格闘、対武器術、武器術、護身具術等、SSR護身術を一通り挑戦したいとのこと。

始めに体力が無い、運動経験が全く無い、という事で少しづつレベルアップし、無理せずスタミナをつけていく方向で決定する。


  

   


確かに事前に面談にて伺ったように体力が無いようである。少しの運動で汗をかきやすく体力を消耗しがちなため、一つ一つのエクササイズを短時間で行っていく事にする。




初めて行う基礎体力トレーニングの前に、スタミナの無さを実感するも、逆に爽快感を感じるPさん。まずは運動する事、体を動かす事に慣れて頂き、運動する事の意義、運動を楽しむ事から始めて頂く事にする。




初めてのパンチとキック。初めて挑戦されたという事もあって、動きはギクシャクしておられたが、主にパンチ力は感じられた。




重心を利用した突きや蹴りを放てば、Pさんでも信じられないくらいの強烈な打撃を放つ事が出来るはずである。






講習について河合主水師範の意見は??

「今回の方は非常に興味深い職業の方ですね。

薬剤師さん、という事で私が興味を持ったのはどういったシチュエーションで使用したいのか、と言う事でした。

そして、実際面談で伺うと、Pさんは恐喝等の犯罪に遭った経験も無く、強盗などの凶悪犯罪に遭った経験もありませんでした。

疑問に思っていると、Pさんは自身に降りかかった事はありませんが、薬剤師として精神科医療施設やリハビリ施設を訪れる事が以前あったようです。

その際に、アルコールで問題を抱えられた方だとか、精神に問題がある方に接近され、威圧感を感じた、恐怖感を感じた事が多くあったようです。

以来、なるだけ避けるようにしておられるようですが、いつ何時、また訪れるようになるか分からないので対策を立てたい、という事でした。



私は護身のプロですから、当然、受講者さんのニーズに答えなければなりません。PさんはSSR護身術の全ての技術を習得したい、とおっしゃいましたが、私はPさんの理由を聞いて、「まず、Pさんの恐怖の対象を取り除きましょう」と言いました。

そう、まずは基礎体力をつけて自身に自信を持っていただく事。そしてそれと平行に、柔法を中心に教授していきます、と言いました。

と言いますのも、こういった前述した施設を訪れる場合、通常の対凶悪犯罪用の護身術よりも柔法を習った方が良いからです。

どういうことかと申しますと、Pさんの場合、対象者(襲撃者となるべき対象者)が精神に異常を来たした人間もしくは泥酔者、アルコール中毒者という事になります。
対象者が時に暴力的ではありますが、薬剤師の立場として、まずは襲撃を回避する事、そして次の段階で柔法を行う事だ、と指摘しました。

間違って打撃を行えば、暴行傷害で逮捕される可能性も高いケースです。路上強盗や通り魔とは訳が違います。

護身術には段階があって、軽度、中度、重度、と分けられています。

軽度とは「フィジカル・コンタクトが少ないケース」です。例えば口論になって威圧されたり、胸倉をつかまれたり、体を触られたり、手首を掴まれたり、です。

中度になると殺意は無いが、傷害を行おうとしている場合です。これは例えば、素手で殴ってきたり、蹴ってきたり、抱きついてきたりするケースです。

重度では、ナイフで刺してきたり、銃で撃ってきたり、拉致しようとしたり、首を絞めてきたりするケースで明らかに殺意が有る場合です。

そして当然、この前に事前警戒、事前察知、事前防御があるわけです。

軽度であれば会話や、柔法、リリース・テクニックで十分対応できます。Pさんが習うべきはこの部分だと思います。よってこの部分を中心に行います。

が、しかしながら物事には絶対は無い、と思います。例えば、上記施設を訪れたとして、Pさんが襲われたとしたら、段階的に訓練しなければなりません。

Gという患者が接触してきた。Gは興奮し、Pさんを壁の隅に追い詰める。会話や回避術も役に立たなかった。Gはおもむろにポケットに忍ばせていたフォークを取り出し、Pさんに襲い掛かる。

この場合、分かると思いますが、軽度から一気に重度へ移行していますね。この通り、シュミレーションを行っていってPさんには満足のいくような護身術を習得して頂きたいと思います」

河合主水師範談。


<注意>上記写真はご本人の許可をとって撮影・公開致しました。また、ご本人のプライバシーを守るためモザイクをかけさせて頂きました。





メニューへ戻る




<護身術プライベート講習の一例>



岐阜県在住の50代男性、Eさんからメールを受け取った。

Eさんは以前、名古屋にて数人の若者から恐喝を受けた経験があり、そういった犯罪に対して対処したい、というのともっと精神的に余裕を持つことが出来るように、強くなれるように、と受講を申し込まれた。

面談にてお話を伺うと月謝制で行いたい、主に徒手格闘(打撃・関節技・絞め技・サバキ等)を学びたい、とのこと。

始めに年齢を考慮して、基礎体力を中心に「緩やかに」行っていくのと、水分・休憩をこまめにとって、焦らずじっくりとスタミナをつけていく事に決定した。


  

   


されている仕事が肉体労働である為、汗をかく事が日常茶飯時であるEさん。よって水分をこまめにとるも、ご本人に体調は大丈夫か、と頻繁に確認を取る。

当然、事前に脳や心臓の疾患を患われていないかご本人に確認は取ってあり「一切問題は無い」とのこと。
SSR護身術では同問題があったとしても十分習得する事が出来るが(受講者によってカリキュラムが全く違う)当然、事前確認を徹底している。




パンチ、キックを受けてみると思ったより力が強い事が分かった。Eさんは肉体労働から年齢に反して自然と打撃力がついているようである。




少し力み、力が入りすぎている事を指摘。初心者の方に多い、筋肉の緊張は、護身術では必要ない旨を告げる。脱力を行い、スタミナを持続させる事を教授していく。




瞬間的な打撃能力が重要である。通常は脱力を行い、インパクトの瞬間に最大打撃力で相手の急所を打つ。ミットやサンドバッグ、シャドーにてマンツーマンでEさんの打撃力の調整を行っていく。






講習について河合主水師範の意見は??

「今回は50代の方です。

私は過去教授した方で女性で最高齢が70代、男性で80代の方がみえます。よって難しいとか、そういった感じは一切ありません。どんな方でも実戦護身術を習う事が出来る、それがSSRセルフディフェンスの特徴です。

弱者が身を守れなくて一体何の為の護身術なんだ、と思いますね。巷には実戦護身術をうたっている護身術教室が五万とありますが、なぜか、講師のエゴイズムが見え隠れする事が多々あります。 講師がこれでいいんだ、と思っても受講者はそうではない、と言う事ですね。そこを汲み取ってあげないといけない、と私は感じています。

Eさんについては少しの間、基礎体力を中心にやって頂きます。しかしながらEさんなりの体力の、スタミナのつけ方で問題ない、と思います。
私の護身理論としては、徒手格闘術が完璧であっても、スタミナが完璧であっても、護身技術をサポートする役目はあったとしても全てではない、と思っています。

どういうことかというと、高齢の方、虚弱体質の方、身体に問題を抱えておられる方でも身を守る方法は幾らでもある、ということです。

私はファイターを作っているわけではありません。総合格闘家を作り出している訳でもありません。当然、兵隊でもありません。

ごく普通に暮らしておられる、ごく普通の方にも身を守る権利があり、かつそういった方にこそ、超実戦護身術は存在しているのだ、と言う事です」

河合主水師範談。


<注意>上記写真はご本人の許可をとって撮影・公開致しました。また、ご本人のプライバシーを守るためモザイクをかけさせて頂きました。





メニューへ戻る





<護身術プライベート講習の一例>



三重県在住の30代男性、Dさんからメールを受け取った。

Dさんは広告制作業を営む自営者の方で、過去に名古屋にてク○○○ガ護身術を1年間習っておられた経験があった。

面談にてお話を伺う。Dさん曰く、日頃から治安に関する不安をメディア等で感じ取っており、護身術の必要性を感じておられた、という。

名古屋の護身術教室に行っておられたDさんだが、止めてSSRセルフディフェンスに移られた理由を尋ねると、主にセミナー形式で行っている状態から離れたかったとのこと。

セミナー形式だと、護身技術の習得に時間がかかる。指導者が一人ひとりを見て回るのに時間がかかるのと、分からない技術があってもマンツーマンで分かるまでやってくれるような事は全然無く、不満であった旨を伝えられた。

また、徒手格闘術を中心に行い、段階に応じて酒場での酔っ払い、恐喝や凶悪犯罪に対応できるようなマルチな護身術を指導して頂きたい、との事だった。


  

   


基礎体力訓練を行う。以前、護身術をされていただけあって、動きは良い。しかしながら、呼吸の使い方、脱力、インパクトの瞬間に打撃力を増す技術を重点的に行わなければならない。





打撃力においてDさんは基礎が出来ているので、スタミナの追加、スピードの訓練の習得も同時に目指す。




休憩をこまめに取る。初めての経験に驚かれた感じも受けたが、なんとか一回目の基礎体力、サンドバッグ打ち、ミット打ち、護身術に即したスタミナ訓練、関節技とスムーズにこなす事が出来た。




Dさんは同時に今後深く護身術に関わっていきたいとの要望もあり、SSR護身術修了証の習得、地元コミュニティ等での護身アドバイスが出来れば良い、との事であった。








講習について河合主水師範の意見は??

「Dさんは私が日ごろ感じている感覚に精通したものがありました。

どういう事かと申しますと、私が過去に辿ってきたようなものです。それは、護身術というものが全く世間で認知されていなかったこと、それに対するアドバイスを聞き入れてくれなかったことなど、です。

Dさんとは話が弾みました。例えば、こんな実体験も話しました。

シドニーにてちょっとしたお茶会があり、その席である一人の日本人女性と出会いました。その女性はオージーの彼氏を連れてきたのですが、その席で女性が「ラウンド(豪州を一周する事)したい!」と言い出したのです。

それも一人旅で。

私は即座に一人で行かない方がいい、危ないから絶対止めた方がいい、行くなら彼氏と行った方がいいよ!と言いました(当時、シドニーにてオーストラリア全土の治安状況調査を始めていましたから、現地の犯罪状況は熟知していました)。

その時、そのオージーの彼氏が「そんなの大丈夫だよ!豪州は平和なんだから、危なくないよ!」と平気な顔して言ったのです。

結局彼女は考え直し、彼氏と行ったようですが、行っていたらどうなっていたか分かりませんね。

Dさんもそういった話を知人たちと良くされるそうです。その時に知人が「夜どこそこ歩いて行ってきたよ〜」と言うと思わず「止めた方がいいよ!それは....」と、アドバイスしてしまうのだとか。

現代は昔に比べ護身術が認知されてきました。しかしながら、諸外国に比べるとまだまだ危機管理意識が日本人は低い、と思います。

護身術とは対犯罪ですが、日本では昔から「暗いイメージを持つもの」に対して敏感で、そういった話を避ける傾向にあるようです。実際は危機管理であって、極めてポジティブなものなんですが、護身術=対犯罪=ネガティブというイメージがあるんでしょうね。

こういった事もあってDさんもおしゃっていましたが、出来る限り護身術に携わって、日本人の意識改革をしたい、と言う事なんです。

Dさんには長くSSRセルフディフェンスに携わって頂きたいと思います」

河合主水師範談。


<注意>上記写真はご本人の許可をとって撮影・公開致しました。また、ご本人のプライバシーを守るためモザイクをかけさせて頂きました。





メニューへ戻る





<護身術プライベート講習の一例>



愛知県在住の40代男性、Fさんからメールを受け取った。

Fさんは大手企業に勤めておられる方で、現在、合気道の黒帯を持っておられる武道経験者である。

面談にてお話を伺う。Fさん曰く、日本の治安悪化は受講要因の一つであるが、何より現在所属している合気武術に対して「護身術としての実戦性を疑問視したから」というのが最もな理由である。

体験の際には「こう来たらこう来る的」な訓練が全く実戦では役に立たない事を実証、Fさんも納得された。対ナイフでの訓練で合気武術が使えない事が分かり、即入門を決心された。

また、Fさんは武器術にも興味があり、ありとあらゆる武器を研究しておられる。主水師範も武器術に対して精通している事から意気投合。身の回りのものを瞬時に武器化する講習も同時進行していくことに決定した。


  

   


パンチ、キック等の打撃は長年武道をされていただけに申し分無い動きだった。ひとつ言えば、スタミナの問題、対武器におけるサバキの問題が指摘された。





武器術であるヌンチャクも徹底講習。武器術全般に興味があるFさんはより一層練習に身が入る。




Fさんが持参した護身具=武器の数々。身の回りの物を武器化する事に興味をお持ちのFさんは常にネットや店頭を探し回り、武器の収集をしている。




靴べらや足つぼ専用のボールなど、武器になるものはいくらでもある。講習ではこれらを使って実際にシュミレーションを行い、襲撃者と渡り合えるか検証、訓練していく。






講習について。河合主水師範の意見は??

「今回は合気道の黒帯を所持しておられる方の来館です。さすが、合気武術を極めておられる方、関節技はピカ一の技術を持っておられる。

が、ここは実戦護身術を訓練する場です。まずは現実を知って頂くために、如何に対武器術が難しいものなのか、実戦の戦いが厳しいものなのか知って頂きました。

体験後、Fさんは既存の武術が全く役に立たないことが分かり、ショックであると共に、SSRセルフディフェンス理論の凄さを理解して頂くことができました。

実戦では「こう来たらこう来る」という動きは全く役に立ちません。相手は変幻自在に攻撃を繰り返し、卑怯もへったくれもない、まさに何でもありの状態なんです。よって、自然と実戦護身術講習もそれに合わせた訓練を行うようになってきます。

そういった事を徹底してやっているのは日本全国、当館しかあり color= font size=p BRBR得ません。これは自信をもって言えます。私はフィットネスのような護身術には興味がありません。

使えない護身術なんてバイバイなんです。

そbれから、Fさんは武器術がお好きなようで、当日も身の回りの物を使用した武器をいくつか持ってきて頂きました。
Fさ「今回は合気道の黒帯を所持しておられる方の来館です。さすが、合気武術を極めておられる方、関節技はピカ一の技術を持っておられる。 んのアイデアは素晴らしいもので、私としても大変勉強になります。「こんなものが使えるんだ」と。

BRこれからもお互いに意見交換もしながら、興味のある講習になりそうです」

河合主水師範談。


<注意>上記写真はご本人の許可をとって撮影・公開致しました。また、ご本人のプライバシーを守るためモザイクをかけさせて頂きました。
   





メニューへ戻る




<護身術プライベート講習の一例亜



愛知県在住の20代男性、Nさんからメールを受け取った。

Nさんは仕事をされる傍ら自身で体を鍛えており、過去長くキックボクシングをされていた。

面談にてお話を伺う。Nさん曰く、格闘技とは別に「対犯罪」である実践護身術に興味を持ちやってみたくなった、という。






  

   


Nさんは肉体労働従事者である事から、パンチ・キックのパワーバランスも良く、キックボクシング経験者である事から、打撃に関しては全く問題ない。





スタミナに関しては課題が残った。凶器を捌きながら退路を確保できるか、また即座に打撃を加えられるか。その為には護身に即した動き、スタミナが必要であるから、その面を徹底して訓練する事になった。




何度も反復練習を行い、「実戦」に身を慣らしていくNさん。






講習について。河合主水師範の意見は??

「筋肉質で打撃の腕はピカ一のNさん。コンビネーションを中心に打撃の復習も行っています。

何度も反復してコンビネーションを行い、「やっていた頃」の感覚を戻して頂きます。

対凶器訓練では、凶器の動きが多様すぎてびっくりされている様子でした。 SSR護身術ではこうきたらこう、という動きは行わないので、ナイフは突きから返し、逆手から順手へのスイッチング、右手から左手へのスイッチングも普通に訓練で行います。

Nさんには足運び、重心、間合いの取り方も含めて、徹底教授していきます。

また、関節技に非常に興味をもたれているようでしたので、あらゆる関節技を反復練習していきます。

関節技でももちろん使える技しか教授しません。 しかしながら、関節技であるという性質上、どうしても高度な技術になっていきます。関節技を習得することで逆に、打撃技が如何に護身体術に優れており、弱者にとっていかに簡単か、と言う事実を知る事もできる、と思います」

河合主水師範談。


<注意>上記写真はご本人の許可をとって撮影・公開致しました。また、ご本人のプライバシーを守るためモザイクをかけさせて頂きました。





メニューへ戻bる





<護身術プライベート講習の一例院



愛知県在住の30代男性、Oさんからメールを受け取った。

Oさんは某大手企業に勤めておられる方で、過去、ラグビー経験があり、実戦護身術に興味をもたれたと言う。

面談にてお話を伺う。Oさん曰く、SSR護身術のような「ガチ=ガチンコ」で護身術を教授する場所が他に見当たらない為、挑戦してみたくなった、という。

また、SSR理論に興味を持たれ、真の護身術とは何であるか、どうあるべきか、と言う事を熱心に語って頂いた。

護身具術の習得にも興味があるOさん。催涙スプレーなどの護身具の使用方法、種類等を教授し、シュミレーションを中心にやっていく事を約束した。


  

   


大柄であるOさんは、素早い敏捷な動きよりも、力のある打撃技を集中して習得していく。





脱力を使って、相手の急所を体重を載せてヒットする。Oさんの体格ならば半分の力でも襲撃者はノックダウンするかもしれないが、襲撃者が大柄である可能性も考慮して、100%の力を出し切る訓練を積む。








講習について。河合主水師範の意見は??

「とにかく大柄で体格の良いOさん。ラグビーをされていただけあって、パワーは申し分ありません。しかしながら、実戦護身術は対犯罪です。相手は凶器を持ってくるのが普通ですね。

実際に体験して頂きましたが、やはり凶器を使って襲撃された場合、どうしても反応が遅くなりがちです。凶器でいきなり襲われたら逃れる事ができない。

私はOさんに「例え」をお話しました。護身術に適した「動物」に関してです。

どういう事かといいますと、身を守るに適した肉体を持った動物の事ですね。

そう、適しているのはライオンや象ではありません。「ネズミ」です!ネズミのような臆病な気性、敏捷性、危機回避能力。身を守るに適した動物とはネズミ。

体は小柄でもいいんです。敏捷性が大事ですね。危機を読み取って、素早く回避する能力。
逆に体が大柄であっても、敏捷性を養う訓練をすれば素早く動けるようになります。事実、体験時点で徹底教授した所、徐々に凶器を回避できるようになっていきました。 大きいからいけない、と言う事ではないんですね。

これからも徹底して凶器からの回避を中心に教授していきたいと思っています!」

河合主水師範談。


<注意>上記写真はご本人の許可をとって撮影・公開致しました。また、ご本人のプライバシーを守るためモザイクをかけさせて頂きました。





メニューへ戻る














< 母子の為の護身術講習について >


最近、クライエントからのお問い合わせの中で、児童及び幼児を持つ親御さんからの護身術受講依頼メールが多くあります。

主に6歳児未満のお子さんに護身術を身につけさせよう、という母親の方です。

子供の為の護身術講座でも紹介致しました通り、こういったお子さんを護るのは親御さんの役目です。

子供さん自身に対して訓練を行うことも出来ますが(逃走力の強化や離脱法の教授、発声練習など)、児童の力では限界があります。

よって水心流では、「お子さんのボディーガード」としての力を親御さんに持って頂くために、親御さん自身に護身術の受講をお勧めしています。

詳しくはコチラをクリック!





メニューへ戻る







< 注意事項 >


護身術クラスへは厳正な判断の上入門許可されます。悪用厳禁!反社会的な理由で講座を受講しようとされている方は参加できません。

入会される前に無料体験及び面談を行いますが、面談期日を決定する前に身元確認が必要です。

身分証明とは、「住所」「氏名」「年齢」「電話番号(固定)」「家族構成」「勤務先」 です。

また、電話番号に関しまして、固定電話をお持ちにならない場合、携帯電話番号をご記入頂き、他にご家族の「固定」電話番号をご記入下さい(固定電話番号を持っていない等ございましたらその旨事前にお伝え下さい)。

他、以下の事を記入して下さい。

1.受講理由(例:自身の身を守るため、家族の身を守るため、警備業に携わっているため、インストラクターになりたい、他)巻き込まれた事件等ございましたらお教え下さい。今後、受講される場合、講習内に反映させることが出来ます。

2.受講したい分野(例:徒手護身術、警棒術、実戦ヌンチャク術、射撃術、対ナイフ、対銃器、他)、もしくは上記全て。

これらを前もって記入して送信して下さればスムーズに進みます。

主に護身術クラスに関しまして、内容が内容だけに犯罪に使用される恐れ、不審者等による事前調査が横行していますゆえの対応となっております。これら個人情報の二次使用は一切行いませんのでご安心下さい。
当会館の実戦護身術は事前に身元確認のできないクライアントに対しては決して指導致しません。よって、メールを送信される場合はそういった事を踏まえましてお願い致します。

また、遠方の方で送迎にてピックアップされる場合、送迎時の車内にて身元確認を致します。御了承下さい。

道場来訪に関しまして(面談)、ご本人様のみで来て頂くか(連れは認めません)、保護者が必要な高校生の場合、ご両親(母か父)と一緒に来て頂きたく思います。
また、面談の際、免許証・学生証等(保険証でも構いません)の身分証明書を見せて頂きますし、事前に「見学及び面談願い書」に住所・氏名等を御記入頂きます。

面談不可能な方は以下の通りとなっております(以下、入門後事項も含まれます)。


一、直接的、間接的に犯罪組織及び類似団体と関係をもっておられる方。(警備関連、自衛隊、警察組織他、政府組織は問題ございません)

一、新興宗教、マルチ、ねずみ講等の組織及びグループと関係をもっておられる方。道場内で販売促進活動などをされる方。

一、こちら禅・水心流の意向(及びルール)に沿って頂けない方。入門後に発覚した場合、即刻破門追放処分と致します。その際に各種武道団体にも通達致します。

一、道徳観念が欠如した方。技術を金儲け、犯罪に使用しようとしている方。

一、ピアス及び茶髪(女性は認めます)、タトゥーは認められません。長髪(女性は認めます)、手足の爪の伸び(爪が剥がれると危険です)、服装の乱れのある方の面談及び入門を一切禁止します。

一、金銭面において、会費の滞納等は認められていませんので御了承下さい。滞納された場合、除名処分とさせて頂きます。また、会費は来月の分を前月末に払い込みます。

一、欠席される場合、退会される場合は事前にご連絡下さい。理由無く欠席及び急に来なくなった場合、破門扱いとさせて頂きます。

一、上記以外の注意事項で宗家や師範から直接述べられる場合もございますので御了承下さい。


メールの際、必ず住所、氏名、電話番号(自宅のみ)、年齢を記入の上ご送信下さい。 そうでない場合、こちらから折り返し返信できかねますので御了承下さい。 

また、自宅への連絡及び個人情報の二次利用・流出は絶対にございませんのでご安心下さい。





メニューへ戻る




<出張護身術講習>



出張可能地域----日本全国。事前予約要。

団体可能人数----制限無し。

受講場所----公民館、体育館等事前に御用意下さい。個人宅の場合、ある程度のスペースがあれば行えます。

講習内容----ご要望に合わせて講習を行います。



<実施例>


◇学校及び幼稚園等公的機関での不審者侵入対策及び撃退法

◇コンビニでのコンビニ強盗対策及び撃退法

◇個人のストーカー対策及び撃退法

◇警備会社への護身術訓練

◇銀行等での強盗対策及び撃退訓練

◇地域団体による各地域での不審者対策及び撃退法等

◇タクシー会社での護身術訓練(主に車内での強盗対策・撃退法)

◇旅行会社添乗員及び関係者における海外犯罪対策及び護身術講習

◇個人にて護身術を必要とされている方への講習。

◇身障者施設での護身術講習。



<講習料>

メールにて要相談。交通費は別途です。




メニューへ戻る





河合主水の護身ブログ!絶好調公開中!!!

河合主水の日豪治安情報!(日本と豪州を中心とした世界の治安情報を紹介しています)

河合主水の治安情報コラム(日本の凶悪事件)はこちら!



ここをクリック!!!
icon 禅・水心流空手道拳誠会館HPトップへ戻る
BR